« ”The Road” はヴェネチア映画祭に登場か? | トップページ | ”El camino del Cóndor” DVD到着 »

”Game of Thrones” へのショーンの参加に関する日本語記事

ここ2、3日、英語圏のショーンに関するニュースは、”Game of Thrones” への参加の話題でもちきりでしたが、ついに日本語の記事も登場です。

 TVGroove.com : ショーン・ビーン注目の新ドラマに主演に決定

ショーンが主演となっていますが、主演格の一人といったところでしょう。
ショーンの子供たちが重要なんですよね?

でも、この日本語の記事中で、「ショーン・ビーンが、注目の新ドラマの主役に抜擢された」という言い回しはちょっと失礼ですよね。
『抜擢』って、いままで主役を務めたことがなかったような人が初めて主役になったような時に使うのに。angry

シャープ・シリーズなんて、主役で大ヒットドラマですよ!

ショーンの経歴の紹介でも、舞台の後、TVデビューが「The Bill」となっていますが、一般的に言われているのは「ウィンター・フライト」ですよね。

 

原作の「七王国の玉座」を手に入れて読み始めましたが、確かにとても面白いし、ショーンの役、エダード・スタークはなかなか良い役ですね。

海外の原作ファンが、ショーンじゃちょっと年をとりすぎ、と書き込みしていたのを目にしましたが、なるほど、原作の一番最初ではエダード・スタークは35歳と書かれています。
ボロミア撮影の頃のショーンだったら、だれも文句を言わないんでしょうけど。wink

|

« ”The Road” はヴェネチア映画祭に登場か? | トップページ | ”El camino del Cóndor” DVD到着 »

Game of Thrones」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

抜擢ですか。。。むむむ。

まあ、「ショーン・ビーン注目の新ドラマに主演に決定」というタイトル自体、言葉遣いがおかしいですから。
きっとエーゴは得意でもニホンゴはいまいちな方が書いているのだと思うことにしましょう。

原作、さっそく読み始められたんですね。
原作者さんがネッドに決まって良かった、と言ってくださってるのがホント嬉しいです♪
もしオファーがロバート王だったらきっと悲しかったと思います。。。

投稿: mate_tea | 2009.07.25 22:18

mate_teaさん
たしかに、日本語のタイトルは変ちょこりんですね。

>もしオファーがロバート王だったらきっと悲しかったと思います。。。
ああ、それはちょっと嫌かも...

投稿: punkt | 2009.07.25 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”The Road” はヴェネチア映画祭に登場か? | トップページ | ”El camino del Cóndor” DVD到着 »