« アルゼンチンのヴィゴ | トップページ | ”Black Death”の撮影に参加したあるエキストラの記事 »

ヴィゴはスペイン語圏で大人気?

ウルグアイの EL PAIS の16日付の記事によると、ヴィゴに主役のオファーをしようとしているTV映画のプロジェクトがあるそうです。

”Libertadores”(解放者たち)というタイトルで、ラテンアメリカ各国の独立の英雄たちを、それぞれ主人公にしたシリーズもので、そのうちウルグアイの英雄、アルティガスがヴィゴにオファーされている役とのこと。

アルティガスというのは、ウルグアイの建国の父と呼ばれる、ホセ・ヘルバシオ・アルティガス将軍のことです。(Wikipedia のウルグアイの歴史参照)

EL PAISの記事によれば、アルティガスを主人公にしたこの1本は90分で、TV用に撮影されるもののウルグアイでは劇場公開も予定しているとのこと。
また、撮影は10月から11月の6週間で、ウルグアイ各地でおこなう予定だそうです。

この記事では、プロジェクト関係者の話として、ヴィゴ本人がこの話に興味を持っているものの、参加するかどうかはヴィゴのスケジュール次第といったようなことが書かれています。

まあ、10月16日に”The Road”が全米公開、12月にはスペインで舞台というヴィゴのスケジュールを考えると、10月から11月に撮影というのはほとんど無理そうですね。

ヴィゴ自身が本当にこのプロジェクトに興味をもっているのかどうかも眉唾ですしね。
制作者側の「だったらいいな!」の段階なのだろうと思いますが。

 

それにしても、ヴィゴはスペイン語圏でとっても人気があるみたいですね。

5月22日に”Good”が公開されたスペインでは、上映が84スクリーンと少なかったにもかかわらず22日から24日の週末興行成績が7位翌週は9位その次の週でも12位、と大健闘しています。

|

« アルゼンチンのヴィゴ | トップページ | ”Black Death”の撮影に参加したあるエキストラの記事 »

Good」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルゼンチンのヴィゴ | トップページ | ”Black Death”の撮影に参加したあるエキストラの記事 »