« 本の話よりサンロレンソ | トップページ | 来年のアカデミー賞作品賞のノミネートは10作品に »

"Come Like Shadows"のプロジェクトはまだ生きている?

3年前、マクベスを ”Come Like Shadows” というタイトルで映画化するという話があって、ショーンがマクベス、ティルダ・スウィントンがマクベス夫人をやるかもしれないというウワサをご紹介しました。

その後、この映画についてはさっぱりだったのですが、業界紙 The Hollywood Reporter のサイトに6月22日付けで、
  ”Modern 'Macbeth' lands director” (現代の『マクベス』が監督を得た)
というタイトルの記事が掲載されました。

この記事によると、「バンテージ・ポイント」の監督、ピート・トラヴィスが ”Come Like Shadows” の監督に決まったとのこと。
脚本は3年前の時点でもこのプロジェクトにかかわっていた、俳優のヴィンセント・リーガンと、ハーバードの文学の二人の研究者、ジェニファー・リー・カレルとニック・サンダースの共同執筆。
シェークスピアのマクベスを、現代を舞台に移し替えたもののようです。

ただし、この記事ではまったく配役に触れられていません。

IMDb の ”Come Like Shadows” のページを見ても、以前はあったショーン・ビーンとティルダさんの名前はなく、配役についてはいったん白紙といったところなのでしょうか?

新しく監督に決まったピート・トラヴィスは、ショーンがロバート・アスケを演じたTVドラマ ”Henry VIII”(「キング・オブ・ファイヤー」)の監督でもあるので、ショーンとはつながりがありますね。

また、脚本のヴィンセント・リーガンはトロイにも出演していますし、もう一人のニック・サンダースもIMDBによれば、トロイでオーランド・ブルームのアシスタントを務めたとのこと。

なんとか、ショーンとティルダさんで映画化movieしてほしいのですが、どうなりますことやら。

 

|

« 本の話よりサンロレンソ | トップページ | 来年のアカデミー賞作品賞のノミネートは10作品に »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

そういえば、バイキングのお話はどうなってしまったのでしょう。去年、少しだけ噂を聞いたと思うのですが、その後進展は無いのでしょうか?映画は出来上がるまで本当にスパンが長いですね。

投稿: runa | 2009.06.25 21:11

runaさん
>バイキングのお話はどうなってしまったのでしょう。
”Last Battle Dreamer”ですね。
IMDbでもいつの間にか、IMDb Proでしか見られないステータスになってしまってますね。
話が完全にぽしゃったわけではないようですが、すっかり止まってしまったのは間違いないようです。
たぶん資金の問題なのでしょう。

投稿: punkt | 2009.06.25 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本の話よりサンロレンソ | トップページ | 来年のアカデミー賞作品賞のノミネートは10作品に »