« Radio New Zealand National のオーディオクリップ | トップページ | EMPIRE : The 20th Birthday Portfolio »

ショーンが ”Black Death” の撮影でちょっと怪我?

”Black Death” 関連のドイツ発の情報を紹介してくださっている、bean-land.de で教えていただきました。

Mrkische Allgemeine に6月5日付で、”Black Death”の新しいロケ地、Marienthal についての記事が出ています。
記事はドイツ語なのですが、bean-land.de の”Black Death”のページでEviさんが英語に翻訳してくださっていますので、それを参考に読んでみると、川岸の粘土の穴だったところに、14世紀の小さな村のセットが組まれたとのこと。

ちょうど、SCREENRANT.com のこちらに掲載されている写真が、この村のセットの写真のようですね。

ちなみにこのセットが組まれた Marienthal というのを Googleの地図で調べてみると、ベルリンの真北60kmぐらいになるようです。

また、上記の Mrkische Allgemeine の記事のいちばん最後に、地元で撮影に技術的な援助をしていたスタッフが、撮影中にちょっと膝を怪我したショーン・ビーンを見張っていなければならなかった、というようなことが書かれています。
ショーンの世話をしたがったスタッフ自身の奥さん&その女性のお友達たちとちょっと揉めたみたいですよ。wink

この記事の感じでは、ショーンの怪我そのものは大したことはなさそうですが...

 

|

« Radio New Zealand National のオーディオクリップ | トップページ | EMPIRE : The 20th Birthday Portfolio »

Black Death」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Radio New Zealand National のオーディオクリップ | トップページ | EMPIRE : The 20th Birthday Portfolio »