« ”Purgatorio” ブエノスアイレス公演は単なるウワサ | トップページ | 頑張れブレイズ!(3) »

"Black Death" の写真、初登場!

ショーン・ビーンの新作映画、Black Death の素敵な写真が初登場です。

ドイツのサイト cinema.de のこちらから画像をそのままいただいてきました。
うれしいので大きいまま貼っておきます。
リンク先の下のほうには、もっと左右の人もいれた写真もありますよ。

もう、ボロミア再来といった感じですね。heart04

【追記2】 FILMSTARTS.de のこちらにある写真の方が、大きくて鮮明なのでご紹介しておきます。
サムネイルをクリックしてくださいね。

Black_death_photo2

The Mighty Bean Forum の方の話では、記事の内容には特に目新しいことはないとのことですが、これから出かけるので、あとで読んでみて何かあったら内容を追加したいと思います。

【さらにおまけ】 ボロミアも再来ですが、ファラミアも「女教皇ヨハンナ(Pope Joan)」に再来しています。
ジョニデも好きさんにメールで教えていただきました、これもドイツのサイト、MovieGod.de のこちらをご覧ください。もう、どう見ても、このデイジーはファラミアにしか見えないです。

【追記】上でご紹介した記事の内容を、The Mighty Bean Forum で Boromirs_Maid さんが英語に訳してくださっていますので、それをもとにだいたい日本語にしたものを追記しておきます。


撮影は、以前にもご紹介したBurg Querfurt(クヴェルフルト城)や、Burg Arnstein(アルンシュタイン城)、Schloss Blankenburg (ブランケンブルク城)でおこなわれるそうです。

ショーン・ビーンの騎士ウルリックの他は、(「ワルキューレ」でトム・クルーズの妻役を務めた)カリス・ファン・ハウテンがウルリックに敵対しながら彼を誘惑する女、エディ・レッドメインが修道士オズモンド、キンバリー・ニクソンが修道士オズモンドの秘密の恋人、ドイツのエーヴリル。

「暴力、混沌、そして神が人々を黒死病(ペスト)で罰しているのだという迷信が支配していた。」と”Black Death”の撮影開始前のプレスリリースでは述べられている。
すべての人々が? いや違う! ある村が黒死病を免れていて、カトリック教会はそこに悪魔が絡んでいるに違いないと考えた。

ウルリック(ショーン・ビーン)、オズモンドと彼らの仲間はこの謎の村に向かって進んでいく。
ウルリックの指揮下にある騎士たちの一団は悪を見つけ、打ち負かさなければならない。
なぜこの村が黒死病から免れているのかが明らかになるにつれて、ウルリックとオズモンドは決断しなければならなくなる。神のために戦うのか、それとも秘密の恋のため、あるいは誘惑する女のために戦うのか。

ということなので、年配の方の主役がショーン、若手の主役がエディ・レッドメインということのようです。
ショーンを誘惑するカリス・ファン・ハウテンが、以前の記事ででてきた占い師というか魔術師(魔女?)なんだそうです。

魔女に誘惑される騎士ウルリック、ということで期待が高まりますね。

|

« ”Purgatorio” ブエノスアイレス公演は単なるウワサ | トップページ | 頑張れブレイズ!(3) »

Black Death」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

素敵な写真ありがとうございます。だいぶ前にショーンの役は修道士と聞いていたのですが、やっぱり騎士様の方がいいですね。仕上がりが良ければ日本公開もあるかもしれませんね。

投稿: runa | 2009.05.10 00:20

runaさん
やっぱりショーンは騎士ですよね。
日本公開は難しいとは思いますが、希望だけは捨てずに持っていたいと思います。

投稿: punkt | 2009.05.10 00:33

うっわ〜♪ punktさん、ジョニデも好きさん、素敵な画像のご紹介、ありがとうございます!

どちらもまるっきりご兄弟そのもののお姿ですね〜。
エンパイアの写真がボロミアだったのは、この映画のおかげなんでしょうか。
ファラミア、その衣装は戴冠式の? と思ってしまいましたよ。
なにしろ先週イッキミしてきたばかりなので、少々コーフン状態です(笑)

どちらも日本公開は難しいでしょうけど、やはり希望は持ち続けたいですよね。なにかのはずみで二本立てになるってことも・・・って、それはさすがに無理か(笑)

投稿: mate_tea | 2009.05.10 23:30

mate_teaさん
もう、二人ともそのまんまですよね?
エンパイアアワードの時にショーンがボロミアみたいだったのは、この映画のおかげということが大きいのでしょう。
もっとも、背広を着た主神ゼウスもこのまんま?

どうか、ボロミアもファラミアも、どちらも日本で見ることができますように。

投稿: punkt | 2009.05.10 23:51

 うわ、びっくりするくらいほんとにそのままですね。 二人とも。
 うーそのうちヴィゴさんも・・と思っちゃダメかしら。

投稿: mizea | 2009.05.12 08:34

mizeaさん
二人ともあんまりそのままなので、制作者側は狙ってるんじゃないか?と考えてしまいます。
ヴィゴもぜひ!

投稿: punkt | 2009.05.12 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”Purgatorio” ブエノスアイレス公演は単なるウワサ | トップページ | 頑張れブレイズ!(3) »