« ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009 | トップページ | 5月4日 ヴィゴはロスから国外へ? »

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009(その2)

Lfj20090504_2 今日も行ってきました、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 note

左の写真は、地下の展示場でおこなわれている無料コンサートの様子。
立ち見のお客さんでびっしりです。

本日も3つのコンサートをはしごしてきました。

最初は、堤剛さんによるチェロ

曲目は私が大好きな無伴奏チェロ組曲から、第2番と第5番。
艶やかで豊かな響きが素晴らしかったです。
本当にこれは名曲ですよね。
アンコールで、第3番のブーレを弾いてくださったのも得した気分です。

 

次は、やはり合唱をやる者としては、バッハのカンタータを一つぐらい聴かなくちゃ、というわけで、バッハ・コレギウム・ジャパンによるカンタータのコンサート

ノン・ビブラートのコーラスが清楚で美しかったです。
今回は席が3列目と非常にステージに近かったので、楽器をよくみることができたのも興味深かったです。

古楽器の弦楽器の弓がモダン楽器と違うのは知っていましたが、バイオリンはあご当てがなくて肩に乗せているだけだし、チェロはエンドピンがなくて足で挟んで宙に浮いているし、モダン楽器に慣れた人が演奏するのはなかなか大変そうですね。

 

本日の最後は、フランスの古楽器アンサンブル、ストラディヴァリアによるコンサート

曲目は、フルート協奏曲といってもいい、管弦楽組曲第2番と、チェンバロ協奏曲といってもいい、ブランデンブルグ協奏曲第5番、という大層ポピュラーな2曲。
古楽器のふっくらした響きを堪能しました。

 

有料コンサート以外では、楽器屋さんが出展している展示ブースで、Roland の電子チェンバロなんていうものを実演していたのが興味を引きました。調率がいらないチェンバロ!
大きさも小さいですし、これなら家に置いてホームコンサート、なんていうのも夢じゃないですね。
お値段は40万円をちょっと切るぐらいだそうです。

本物のチェンバロにくらべるとちょっと音色がやかましい感じ。
鍵盤のタッチは普通の電子ピアノよりはチェンバロに似せてありますね。

|

« ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009 | トップページ | 5月4日 ヴィゴはロスから国外へ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 GWはほぼ近場で過ごしておりました。ラ・フォル・ジュルネは楽しそうですが、クラシックに詳しくないのと人ごみの混乱がちょっと苦手で「どっぶり体験」はしたことないです。でも楽しそうですー。
 弦楽器の音は好きです。

 横浜の「開国博 Y150」行ったのですが、punktさん! NISSANのパビリオンについては、私は「わざわざ見なくてもいいですから!」と言って回りたいくらいだったです。(関係者さんすいません)
 人によると思いますが、大人が「見てよかった」とはあまり思えないかなと思います。 私は15分待ち程度で見ましたが、かなりだめでした。残念ながら。
 動く大きい機械仕掛けの蜘蛛を見るのが主目的だったのですが、これは2度本番・夜8時半過ぎの「操縦練習」(観客ほとんどいない)と3度見られて満足でありました。

投稿: mizea | 2009.05.07 00:18

mizeaさん
ラ・フォル・ジュルネは1つのコンサートの時間が短くてお値段も安いので、クラシック初心者や子供さんでも気軽に聞くことができるところがいいんです。
でも、年々チケットの入手が大変になってきていて...

横浜の開国博、いずれ行ってみようとは思ってますが、そうですか、NISSANはペケですか(苦笑)
あの機械じかけの蜘蛛はぜひ近くで見てみたいですね。
どうしてもシェロブ! って思っちゃいそうですが。

投稿: punkt | 2009.05.07 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009 | トップページ | 5月4日 ヴィゴはロスから国外へ? »