« 頑張れブレイズ!(2) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009(その2) »

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009

Lfj20090504ゴールデンウィーク恒例の、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭 note

今年のテーマは大好きなバッハということで、前売り券を頑張ってゲットして東京国際フォーラムへ。

バッハがテーマなのに、東京国際フォーラムにはパイプオルガンがないからとオルガンのコンサートが一つもないというのは、思いっきり片手落ちだとは思いますが、カジュアルにクラシックを楽しめるこの音楽祭は気に入っているので、今年は今日、明日と2日間行く予定です。

昨年に比べると、ちょっぴり規模が縮小の感じのせいか、屋台村やミュージックキオスクがある広場もいくぶん空いている感じです。

最初のコンサートを待つ間、まずはCDの売店へ。

バッハの無伴奏チェロ組曲が特別に大好きで、チェロのCDもいろいろなチェリストのものを何種類も持っていますが、特にチェロ以外の楽器で演奏されたものをコレクションしているので、まだ持っていないものがないかとチェック。
さっそく寺神戸亮さん演奏のヴィオロン・チェロ・ダ・スパッラ(肩掛けチェロ!)で演奏したバッハ:無伴奏チェロ組曲のCDを発見。さっそくお買い上げです。

これで、チェロ以外の楽器によるチェロ組曲のCDは10種類目。
これまでに集めたのは、フラウト・トラヴェルソ、ヴィオラ、ギター、リュート、リコーダー、コントラバス、ホルン、バスーン、サクソフォーン。

 

さて、肝心のコンサートですが、今日はサロンコンサート形式の3つのコンサートを聴きました。

最初はマルク・アンタイさんによるフラウト・トラヴェルソ

フルートの古楽器のフラウト・トラヴェルソは、これまでに室内楽アンサンブルの中に入っているのを生で聞いたことはありますが、単独で無伴奏で聴くのは初めてです。
現代の金属製のフルートに比べると、少しこもった温かみのある音色が心地よいですね。
特に低音の柔らかい響きが魅力的ですが、現代のフルートに比べると高音は出しにくそうでした。

私も昔、少しフルートを吹いていたので特に興味があったのですが、やはりバッハはとんでもなく息継ぎが難しいとひしひしと感じます。バッハは聞くのは大好きなのですが、演奏するのは合唱でもフルートでも難しくて...

 

2番目は、小林道夫さんによるチェンバロ

バッハのイギリス組曲とフランス組曲のプログラムでしたが、心地よい調べにいつしかうとうとと...coldsweats01
非常に気持ち良く贅沢なひと時でした。(汗)

 

そして本日最後のコンサートは、エドゥアルド・エグエスさんによるバロック・リュート

リュートのCDは2枚ほど持っていて、前からとても興味はあったのですが、生演奏を聴くのは今回が初めてです。
リュート、とっても良かったです。

コンサート会場は残響など期待できない部屋だったのですが、リュートに張られたたくさんの弦が共鳴弦となって、楽器自体の残響が長く、響きが美しいんです。
音量の小さな楽器なので、大きくない部屋で演奏者と膝を突き合わせるような至近距離で聴くと、ささやくように響いて、上品でいながら艶っぽい。
実に魅力的な音ですね。

大好きな無伴奏チェロ組曲の3番もプログラムにあって、チェロとはぜんぜん違った趣でこれもなかなか良かったです。
リュートを聴く機会なんてあまりないと思いますが、またチャンスがあったらぜひ生で聴きたいものだと思いました。

明日も楽しみです。

|

« 頑張れブレイズ!(2) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009(その2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張れブレイズ!(2) | トップページ | ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2009(その2) »