« ヴィゴのインタビュークリップ @ Sunday Arts | トップページ | 身を捨てて誰かを守る »

アパルーサの決闘 特別版(DVD) 6月24日発売、予約受付中

B0027SJOT6Erikoさんのところで教えていただきました。
Appaloosa が日本ではDVDスルー決定のようです。

アパルーサの決闘 特別版 ということで、現在、アマゾンでも予約受付中
6月24日発売予定です。

アメリカ版のBlu-ray を持っていますが、映像が美しいので大画面で見たかったです。weep

ワーナー・ホーム・ビデオ のページによると、特典については

<映像特典>
●甦る西部劇~キャスト/スタッフが語る映画の魅力~
●西部開拓時代を再現するために
●アパルーサという町
●ディーン・セムラーが撮る西部劇
●未公開シーン集(エド・ハリス、ロバート・ノットによる音声解説付き)
オリジナル・プロローグ
階段を上る二人
馬車に揺られて
裁判を前に
ホテルの一室にて
タウンホールミーティング

<音声特典>
エド・ハリス,ロバート・ノット(脚本/製作)による音声解説

ということなので、US版と同じだと思います。

役者がそろっているのに、西部劇だと冷遇されるんですね。

 

|

« ヴィゴのインタビュークリップ @ Sunday Arts | トップページ | 身を捨てて誰かを守る »

Appaloosa」カテゴリの記事

Ed Harris」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

DVDスルーだなんて悲しいですcrying
最近日本で公開される洋画の状況を見てると
西部劇horseは難しいだろうなとは思ってましたけど・・・

punktさんはアメリカ版Blu-rayをお持ちなんですね。
私が買ったのはアメリカの通常版の方なんですが、
西部の風景がとても美しいですよね。
ヴィゴもエド様もカッコいいしheart01(ちょっとコメディー風味ですが)
ちゃんと映画館で見たかった!

原作はもうすぐアメリカで3冊目が発売されるようですね。
コールとヒッチ、どうなるんでしょう?

投稿: Aralis | 2009.04.28 22:42

Aralisさん
最近は、洋画全体が成績が悪いですからね、西部劇なんてもってのほかなのかもしれませんが...
Appaloosaはキャストも渋いし、EPでファンになった男性客にもアピールすると思うんですが...

Blu-rayはアメリカと日本のリジョンコードが一緒なので便利ですよ。
今回は日本語字幕はついていませんでしたが、US版でもたまに日本語字幕が付いている作品もあるそうですし。

投稿: punkt | 2009.04.28 23:44

>Appaloosaはキャストも渋いし、EPでファンになった男性客にもアピールすると思うんですが...

私もアピールできるポイントはたくさんあると思います! でも、これが収益となるとわからないのですが(弱気)
 でも、ワーナーがまっとうな映画会社なら何らかの形で「映画館で上映する」ということを考えてもいいじゃないですか?(暴言すれすれ)

 Amazonで今DVDランキング253位です。 予約数だけでもこの順位。 宣伝に映画のようにお金かけずに、きっちり収益は上がるのでしょうね。 

投稿: mizea | 2009.04.30 22:43

mizeaさん
DVDなら、レンタルが結構いい線いくかもしれませんね。
エドさまとヴィゴのコンビなら、ちょっと見てみたいという人は多いと思うのですが。

投稿: punkt | 2009.05.01 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィゴのインタビュークリップ @ Sunday Arts | トップページ | 身を捨てて誰かを守る »