« メルボルンの上映会のレポート | トップページ | ヴィゴのインタビュービデオクリップ »

ショーンがゼウスに?

The Hollywood Reporter のこちらの記事や、Variety のこちらの記事によると、4月からバンクーバーで撮影にはいる、クリス・コロンバス監督の新作 ”Percy Jackson” にショーン・ビーンが参加することが決まったそうです。

【追記2】 日本版のVarietyにも記事が出てきました。

ショーンの役は、なんとギリシャ神話の主神ゼウスsign03

”Percy Jackson”(IMDb)の原作は、人気ファンタジー・シリーズ Percy Jackson and the Olympians の1作目の”The Lightning Thief ” で、学校に通っている少年(Percy Jackson)が、実は自分の父親がギリシャ神話の神のポセイドンだということを知って、主神ゼウスから盗まれた雷光thunder を取り戻すために活躍する、という話なんだそうです。

【追記】 日本語訳もありました 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃」

 

主要なキャストはティーンの俳優たちで、Variety のこちらの記事によると Logan Lerman が主役の Percy Jackson に決まっているそうです。

他に神々の役として名前が出ているのは、ピアース・ブロズナン(ケンタウロスのケイロン)、ユマ・サーマン(メドゥーサ)、ケビン・マッキッド(ポセイドン)、メリーナ・カナカレデス(アテナ)など。

ショーンの出番は短そうですが、The Mighty Bean でゼウスなら死ぬ心配はないわね、とみなさんが言っているのが....(爆)

さらに、The Mighty Bean で教えていただいた、原作本のゼウスの記述は...

神々の支配者たるゼウスは、ダークブルーのピンストライプのスーツを着ていた。彼はプラチナの塊のシンプルな玉座に座っていた。彼は大理石のように灰色で嵐の雲のように黒い、きれいに刈り込まれたあご髭をはやしていた。彼の顔は尊大でハンサムで厳しく、彼の目は雨のようなグレーだった。彼に近づくと空気はパチパチいってオゾンの匂いがした。

このお話の舞台は完全に現代で、なんでも神々はマンハッタンに住んでいて、神々が集まっているオリンポス山はエンパイアステートビルの天辺なんだとか。そして冥界はロサンゼルスなんだそうです。

ゼウスといっても、ピンストライプのスーツを着てるんですね。wobbly
映画はどんなふうになるかわかりませんけど。

映画の公開は2010年の2月を予定しているそうです。

|

« メルボルンの上映会のレポート | トップページ | ヴィゴのインタビュービデオクリップ »

Percy Jackson」カテゴリの記事

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

うわっ~!
夢のようですね!!
死なない役!そして、カッコイイ役!!
でもって、悪役?じゃない???
原作を早速読んでみたくなりました!!

投稿: 豆太郎 | 2009.03.27 01:59

この映画は日本でも上映されそうですね。なにより死なないのはうれしいです。シリーズ物の第1作の映画化というのはヒットしたら第2弾の制作もあるでしょうか?夢が膨らみます。

投稿: runa | 2009.03.27 04:33

豆太郎さん
「死なない役!」...これショーンの場合、重要ポイントですよね。happy01

runaさん
原作はなかなか人気があるみたいですよ。
日本語版のレビューも評判が良いみたいだし。
続編がウワサになるぐらい面白い映画になるといいですよね。

投稿: punkt | 2009.03.28 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メルボルンの上映会のレポート | トップページ | ヴィゴのインタビュービデオクリップ »