« EMPIRE Awards 2009 ファンサービスをするヴィゴとショーンの動画 | トップページ | ロンドン Curzon Cinema での Good上映会とQ&A »

「イースタン・プロミス」続編の可能性を検討

昨晩の夜中過ぎに MTV Movies Blog に掲載された「デイヴィッド・クローネンバーグはイースタン・プロミスの続編を制作する計画を立てている」とい記事が、あっという間に世界を駆け巡っています。

すでに、eiga.com にも日本語の記事がでていますが、MTVの記事の重要な部分を直接ご紹介しておきます。

いま、デイヴィット・クローネンバーグ監督は、「イースタン・プロミス」の続編によってロシアン・マフィアの世界に戻って飛び込こむことの、決まっていない可能性を検討しようとしている。

「私たちはその行動を起こしつつある。」とクローネンバーグは MTV News との独占的なおしゃべりで語った。「私たちはみな、続編をやるというアイディアにワクワクしているよ。」

この「私たち」には、ニコライの役でオスカーの主演男優賞にノミネートされたモーテンセン、この映画の脚本家スティーヴン・ナイト、1作目のプロデューサー、ポール・ウェブスター、そして1作目のスタジオ Focus Features が含まれている。

「私たちは近いうちに、私とスティーヴ・ナイト、ポール・ウェブスターと、脚本をどうするか話し合うためのミーティングを持とうとしている。」とクローネンバーグは言った。「私は何が見たいかについて、いくつかとても強力なアイディアがあるが、同じように彼らが何を言いたいのかを聞きたい。その後で、もしもすべてが上手くいったら、スティーヴが出て行って素晴らしい脚本を書く。もしも私たちみんながそれを気に入ったら、私たちはそれを制作する。」

また、クローネンバーグがこれまで一度も続編を作ったことがないということについては...

「私が何か本当に続編をやりたくなったという状況は、私にとって今までで初めてのことだ。」と彼は認めた。「これまでにこうしたいと思ったことは一度もなかった。でもこの場合は、私たちはこれらのキャラクターたちとの仕事を終わらせていないのだと思う。ニコライとのことが完了したと私は思わなかったし、私たちは1本の映画に詰め込むことができるのよりも多くの調査をしていたんだ。」

そして、ニコライが話の中心になることはともかくとして、他のナオミ・ワッツやヴァンサン・カッセルの役がまた登場するのか、そもそも彼らがこのプロジェクトにサインするかなどは、何も決まっていないようです。

この時点では、クローネンバーグはただ、3つめの映画でモーテンセンと再会する機会に興味があるだけだった。「ヴィゴはとても特別な男なんだ。」とクローネンバーグは言った。「私は彼を個人的な友人だと思うし、しょっちゅう連絡をとっている。こういうことは俳優たちとの間でいつも起こることではない。彼は演技についてとても真剣なんだ。だが、彼は本当に面白い男だよ。私たちはたくさん笑った。私たちはたくさんクスクスと笑ったよ。」

ようするに、クロ監督はヴィゴとまた仕事がしたいheart04という思いがとても強い、ということは良く解りました。happy01
以前にヴィゴが、クロ監督とまた仕事の話があるようなことを言っていたのは、このことだったのでしょうか?

|

« EMPIRE Awards 2009 ファンサービスをするヴィゴとショーンの動画 | トップページ | ロンドン Curzon Cinema での Good上映会とQ&A »

Eastern Promises」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん

イギリスに行ったとたんに、ビッグニュースが続々と出て、
うれしい悲鳴をあげていますlovely

>以前にヴィゴが、クロ監督とまた仕事の話があるようなことを言っていたのは、このことだったのでしょうか?

多分そうでしょうね。
いまから企画を起こして、売り込みに行くんでしょうか。
今度は、某メジャー系などから横槍が入らないことを祈っています。
ここまでヴィゴに入れ込んでいるクロネン監督の事ですから、
大丈夫とは思いますが…

投稿: spring | 2009.03.31 23:05

springさん
>今度は、某メジャー系などから横槍が入らないことを祈っています。
さすがに、このニコライをヴィゴ以外の誰かにやらさせようなんて考える人は誰もいないでしょう。
それじゃあ、資金だって集められないでしょう。
あとは、続編を作ることが先にありきで、つまらない脚本にならないことを祈っています。

投稿: punkt | 2009.03.31 23:11

クローネンバーグ監督には是非ヴィゴをまた映画に引っ張り出して
いただかないといけませんから、この企画はうれしいです♪

punktさんもきっとご存知だと思いますが、監督、フランス政府から
レジオン・ドヌール勲章をもらうそうで、4月1日にトロントで
そのセレモニーがあるみたいなので、この企画のこともコメントなど
出てくるといいですね。
今度はヴィゴ@ニコライに何をさせるつもりか、とかsign02

最近ヴィゴの髪の話ばかりしているような気がしますが
上映会の写真↑、"「ゲゲゲの〇太郎」みたい"と思っちゃいましたよpunchannoy

投稿: Aralis | 2009.04.01 00:27

punkt さん、予想はしてたけど早かったですね(爆)。実現したら嬉しい~。

「ヴィゴは特別の男だ」判ってます・・・┐(  ̄ー ̄)┌ 。
一緒に仕事したくてウズウズしてるに違いないですね。
どんだけ~ヴィゴ好きなんだ(爆)。
是非「マタレーズ暗殺集団」にもカメオで出して下さい(笑)。
続編は一作目を超えられないジンクスあるけど
ヴィゴとクロ監督のタッグなら軽々と前作凌ぐ傑作を作り上げそうですよね。

「エンパイヤ・アワード」プレゼンターがショーンとは。なぁ~んて粋な計らいでしょ。
おっさん二人の屈託ない無邪気な笑顔。親友ってイイもんですね。

投稿: mika | 2009.04.01 15:18

Aralisさん
クローネンバーグ監督がレジオン・ド・ヌール勲章をもらうという話は、たしかに聞いた気がしますが、いつだか忘れておりました。coldsweats01
>ゲゲゲの○太郎
確かに!happy02

mikaさん
クロ監督とヴィゴのコンビは最高ですからね。
このニュース、ネットの海を駆け巡っていますよ。
ヴィゴとショーンが二人揃って本当に楽しそうにしている姿は嬉しいものです。
指輪の仲間は格別ですもの。

投稿: punkt | 2009.04.02 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EMPIRE Awards 2009 ファンサービスをするヴィゴとショーンの動画 | トップページ | ロンドン Curzon Cinema での Good上映会とQ&A »