« World March for Peace and Nonviolence | トップページ | ”Purgatorio” 試訳(8)+あとがき »

似合ってるよ、ショーン

The Mighty Bean Forum で Goviさんが紹介してくださった雑誌の記事が面白かったのでご紹介します。(スキャン画像は、The Mighty Bean のサイトのこちらからどうぞ)

たぶん、Closer Magazine の記事だと思うのですが、”Suits you, Sean” というミニコラム。

似合ってるよ、ショーン

ショーン・ビーンは彼のテレビの役の衣装のこととなると少々手が早いということを認めた。最初、彼はシャープから彼の兵士の装備一式を家に持って帰り、そして今は、彼は人目を引く麻のスーツを来たるチャンネル4のドラマ ”Red Riding”からくすねた。「これは70年代のものなんだ − キッパータイと炎のような見た目が好きなんだ。」と彼は私たちに言った。「でもね、これからあえてみんなの前でこれを着ようとは思わないよ!」 やれよ、ショーン!

アイランドでも追加撮影のギャラ代わりにDr.メリックの衣装をもらったと言っていましたが、Red Riding でも衣装をもらったんですね。

ちなみにキッパータイとは、Wikipediaによると1960年代半ばから1970年代初めのファッションで、けばけばしい色・柄のものすごく幅広のネクタイのことだそうです。その形がキッパー(イギリスのニシンの燻製)に似ていることからそう呼ばれたそうです。そういえば、日本でも昔、そんなネクタイがはやった時期がありましたね。

そのうちどこかに、ショーンがびっくりするようなネクタイをして現れないことを祈りましょう。coldsweats01

|

« World March for Peace and Nonviolence | トップページ | ”Purgatorio” 試訳(8)+あとがき »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

punktさんこんにちは。炎のような見た目の麻のスーツというのも気になります。ショーンはあまりファッションに気を使う人には思えないのですが、これは記念に欲しかったのでしょうか?ちょっと着ているところも見てみたいような、見たく無いような(笑)

投稿: runa | 2009.02.10 09:40

runaさん
Red Riding を見れば、そのスーツを着たショーンの姿を見ることができると思いますよ。
どんな格好なんでしょうね。

投稿: punkt | 2009.02.10 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« World March for Peace and Nonviolence | トップページ | ”Purgatorio” 試訳(8)+あとがき »