« 子供の頃のヴィゴ | トップページ | Vanity Fair イタリア版 2009年1月号 »

トムとトーマスも立派になりました

eiga.com の記事が目に留まりました。

ジョン・レノンの伝記映画キャストが決定。レノン役はアーロン・ジョンソン

アーロン・ジョンソン??....ああ、トムとトーマス!

「幻影師アイゼンハイム」も、主役のアイゼンハイムの少年時代をアーロン君がやっていると聞いて観にいったぐらいですが、ついに大人の役でも主役ですね。

愛らしい少年から大変な美青年に成長しつつあるアーロン君の写真は、IMDbでご覧ください。
時が経つのは早いですね。

|

« 子供の頃のヴィゴ | トップページ | Vanity Fair イタリア版 2009年1月号 »

俳優」カテゴリの記事

コメント

punkt様
私も先日観た「ジョージアの日記」という映画で、主人公の憧れの王子様として出演していてとても驚きました。普通にとても綺麗な男の子だなぁと思ってプロフィールを見たらトムとトーマス君だったことに気づきました。良い役者さんに成長してくれそうで嬉しいですね。

Purgatorioの訳、引続き楽しみにしています。
大事な資料でもあり、せっせとプリントして保存させて頂いてます。

投稿: Akemi | 2009.01.14 18:15

Akemiさん
「ジョージアの日記」は見ていないのですが、憧れの君というのはなるほどですね。
このまま素直に成長を重ねて、ぜひ素敵なおじさま目指して頑張って欲しいものです。

Purgatorioの訳は、まだ草稿に毛が生えた程度なので、最後までいったら手直しするつもりです。
保存は最終稿でお願いします。coldsweats01

投稿: punkt | 2009.01.15 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供の頃のヴィゴ | トップページ | Vanity Fair イタリア版 2009年1月号 »