« Red Riding に関するショーンのインタビュー記事 | トップページ | リングステッドのヴィゴ »

"A Woman of No Importance" にアマンダ・セイフライドが参加

最近はすっかり話を聞かなくなったので、この企画はぽしゃったのかと思っていたら、今日になって突然、Variety の記事に "A Woman of No Importance" が出てきました。

Variety の1月28日付けの記事によると、アネット・ベニング、ショーン・ビーンの相手役として、「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライドの参加が決まったとのことです。

彼女の役は、これまでにリンジー・ローハン、ジェシカ・ビール、シエナ・ミラーとくるくると名前が変わってきた、アメリカ娘へスターの役だと思われます。

マンマ・ミーアのアマンダはとてもチャーミングだったので、なかなかいいんじゃないかと思います。

しかしまあ、この映画の話が最初に出てきたのは、なんと2006年の5月ですよ。
それからなんだかんだと話が延びに延びてほとんど3年経っていますが、本当にこの映画は制作できるのでしょうか?

Variety の記事はかなり信頼度が高いので、すくなくともこの企画はまだ生きているということですね。今後に期待したいと思います。

|

« Red Riding に関するショーンのインタビュー記事 | トップページ | リングステッドのヴィゴ »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

punktさん、こんばんは。以前バイキングの役の作品の時も思ったんですが、映画制作というのは、なんて長いスパンで考えられているんでしょう。資金の面とか色々あるんでしょうかね。ちなみに、ショーンの禁煙は絶対成功しないと思います。

投稿: runa | 2009.01.30 00:10

runaさん
やっとこの映画が始動するかと思ったら、上に新たに記事を書きましたが、ショーンはこの映画には関与しないそうです。残念!
ショーンの禁煙...いつまで持ちますかね?

投稿: punkt | 2009.01.31 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Red Riding に関するショーンのインタビュー記事 | トップページ | リングステッドのヴィゴ »