« "Good"ニューヨーク・プレミア | トップページ | 「アラトリステ」インタビュー動画ほか »

「アラトリステ」公開初日

Alatriste_present_2 本日は「アラトリステ」の公開初日。

連日の忘年会で、早起きする根性がなかった私は、シャンテシネの2回目の上映に行ってきました。

 

左の写真は、初日プレゼントでもらったもの。クリックで大きくなります。
このプレゼントは急ごしらえだったみたいで、よく見ると印画紙に焼いた写真ではなくて、プリンターで印刷したものですね。

もらっておいて文句を言うのもなんですが、ちょっとしょぼいかも。despair

シャンテシネのチケット売り場が「アラトリステ」仕様で埋め尽くされているのもちょっと嬉しい。
ロビーには等身大よりはちょっと小さい、記者会見のときのヴィゴの写真が立ってました。

1回目の上映もほぼ満席だったそうですが、2回目も最前列まで埋まった満席。
出てきたときのチケット売り場の様子では、3回目も盛況だったもよう。

ヴィゴ・ファンの女性だけでなく、一人で来ている年配の男性も結構いらっしゃったのが良かったです。

歴史物ということを全面的に押し出したのも良いし、

<誇り>は戦場に求め
<義>は友に捧げ
<愛>は心に秘める

というキャッチコピーもこの映画の魅力のポイントを的確に示していていいですね。

映画の方は、繰り返し見ることでだんだん画面の細部に目が行くようになってきたところです。
やはり見れば見るほどベラスケスなどの当時のスペイン絵画が動き出したかのような色、ライティングが美しくて素晴らしいです。

ヴィゴはやはり、こういう汚れる系の役がとりわけ渋くて魅力的ですよね。

二組の男女の恋愛模様が織り込まれていますが、何回見ても、女性のヌードもあるのに若者組はちっともセクシーじゃなくて、熟年組がやたらにセクシーなのとは好対照。
切なさも熟年組の方が数段優っています。

音楽も美しくて気に入っていますが、特にロクロワのシーンに、あえて古い La Madrugá という行進曲を持ってきた監督のセンスは抜群だと思います。

 

Alatriste_program 映画のパンフレットは、「アラトリステ」原作本、共同翻訳者のお一人の加藤晃生さんが書かれた歴史的な背景やキーワードの解説や、美しいスチル写真がたっぷりとあって、お値打ち感が高いと思います。

そして、その加藤さんがパンフレット2部をプレゼントしてくださるそうです。

ただし、大変に厳しい条件(笑)をクリアーしなければなりませんので、加藤さんのブログの記事「東京・神奈川地区アラトリステ公開記念でパンフレットのプレゼントをする」をよくお読みの上、我と思わんものは応募してみましょう。

|

« "Good"ニューヨーク・プレミア | トップページ | 「アラトリステ」インタビュー動画ほか »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

厳しいですかね(笑)?

投稿: かとう | 2008.12.14 08:38

punktさん、昨日はお疲れ様でした。
すれ違いでしたけど、2回目もほぼ満席だったんですねhappy01
(貴重なものも、ありがとうございましたheart01。)

初日プレゼント、先週土曜日にシャンテに電話して聞いた時は
「今のところ予定ありません」って言われたんです。
急ごしらえだったのかもcoldsweats01

私のお隣も年配のオジサマでしたが、予告編のうちにもう
違う世界に行ってしまいsleepy、ピストルや剣の音がした時だけ
お目覚めでしたpunch
でも年配のお客さんが多いということは、平日も好稼動が
見込めるのではないかと思いますdollar

初回はパンフを買う人の列が長く伸びて凄かったです!
>大変に厳しい条件
私は「原作を5冊とも買っている」しか当てはまりません~。

投稿: Aralis | 2008.12.14 11:12

頑張って1回目行って来ました!
私には少し難しい内容で、後からパンフを読み込み理解しました。
アラトリステは男臭さと純粋さがあり、モーテンセン氏にピッタリだと思いました。
スペイン語のモーテンセン氏、何時もと声色が違う風で、冒頭で「今のはモーテンセン氏?」と戸惑いましたが、馴れるとセクシーで聴き入ってました(苦笑)


Aralis様もおっしゃっていますが、パンフの列は相当でしたf^_^;
しかし、パンフ&B2判ポスターをゲット出来たので並んだかいがありました♪


後、スタッフの方達が
「こんなに集まるなんて‥見た?等身パネルと並んで撮ってる人居たよ!」

と、大盛況に予想外だったみたいです!
ちなみに私も、一緒に写りはしませんでしたが、パシャリとして来ました。

投稿: ふみ | 2008.12.14 11:36

私は一回目を見ましたが、すれ違いざまにお会いできてまた貴重なものをいただきましてlovelyありがとうございました。友人の分までさらっといただいてしまって重ねて御礼申し上げます。

 スタンディー君は、入ったときに目に入ったのですが、出てくるときにはきれいさっぱりcrying忘れていて、写真も撮ってきませんでした。これはまた行かねば・・
 パンフを買うのがやっとでしたが、ふみさんによるとB2判ポスターも売っていたのですね。

 ちゃんと収益が上がって、アートポートや上映館が赤字になりませんように。
 シャンテではどのくらいの期間の上映があるんでしょう。ファンのがんばりによりますか?


 それから、かとうさんの条件は苦笑しちやいました。きびしいというか細かい。

投稿: mizea | 2008.12.14 23:57

かとうさん
>厳しいですかね(笑)?
厳しいですよ~(笑)
私は条件1以外はクリアですけど、もうパンフレットは買っちゃいましたしwink

Aralisさん
初日プレゼントは、Aralisさんや他のみなさんが熱心に問い合わせをしてくださった賜物ですね。
2回目の回も、売店はかなりの行列でしたから、パンフレットはさぞかしたくさん売れたことでしょう。

ふみさん
ポスターも売ってたんですか、それは気が付きませんでした。
インロック関連のコーナーがあるのは気が付いたんですが。
今日の入りはどうだったんでしょうね。気になりますね。

mizeaさん
スタンディー君は、気が付きましたが写真を撮るのはすっかり忘れてました。次に行くときもいるようだったら、やっぱり写真ぐらいは撮っておくべきですよね。happy01


投稿: punkt | 2008.12.15 00:13

本日レディースデイにシャンテに行ってきました。
19時の回、世のOLさんはこの時間だろう!と思うのですが、前方・後方の左右端の方は結構空席でした。
もっとたくさんの方に見てもらって、ふみさんの仰る通り、配給会社・上映館とも、立派に収益を上げていただきたいです。
日本での公開に漕ぎ着けて下さった方々ですもの~

ちなみに、スタンディー君は今日も居ましたよ。
欲を言えば、せっかく作るなら等身大にして頂きたかったです・・・妙に小さかった・・・

投稿: まーちゃん。 | 2008.12.17 23:00

まーちゃん。さん
レディースデイのレポートありがとうございます。
19時の回の混み具合は今ひとつでしたか。
仕事のある日は19時といえどもなかなか厳しいものがありますし、帰りが遅くなるので家庭のある方では難しいということがあるかもしれませんね。
結構、日本人の感性には合っている作品だと思うので、できるだけ多くの館で上映されて、多くの人に見ていただきたいです。

投稿: punkt | 2008.12.17 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "Good"ニューヨーク・プレミア | トップページ | 「アラトリステ」インタビュー動画ほか »