« 「アラトリステ」記者会見レポートほか | トップページ | ヴィゴ・モーテンセンへの10の質問 »

クローネンバーグ監督の新作のウワサ・続報

10月に、ロバート・ラドラム原作「マタレーズ暗殺集団」を映画化する監督として、クローネンバーグ監督の名前が挙がっているというニュースをご紹介しましたが、TO411 Daily のこちらの電話インタビュー記事によると、監督はすでに脚本の執筆に取り掛かっているそうです。

寒くてすぐに暗くなってしまうトロントの冬場は、家でじっくりと脚本を書くのには最適、とのことで、ハリウッドの大予算のスパイ映画へのチャレンジを楽しんでいるもよう。

これまでのところ、このプロジェクトに参加するスターはデンゼル・ワシントンだけであるが、クローネンバーグは遠慮がちに、最近この映画に興味を見せる別の有名な俳優に会ったことをほのめかした。

「さあ、なんとも言えないね。」と、トロントでのトム・クルーズとの会談について質問されるとクローネンバーグは笑って言った。

「長年の間、彼が私の大ファンだということを聞いていて、彼がこの街に来た時に、彼の関係者が私に彼と会えないかと連絡を取ってきた。そして、私たちはただ一般的なことについて話をしただけで、具体的なことは何も話していない。」と彼は言った。

「でも、彼は私と一緒に仕事をしたいという願望を表明して、私も返礼したよ。だから先のことはどうなるかわからないね。」

私もまだ原作を読んでいないので、はっきりとしたことは判っていないのですが、アメリカ人の諜報部員とロシア人の諜報部員が主役だとのことでした。

ヴィゴもクローネンバーグ監督との仕事の話があるようなことをほのめかしていたので、すわ、ロシア人の役か! となっていましたが、トム・クルーズも監督との仕事を切望しているとのこと。でも、トム・クルーズじゃぁ、ロシア人にはあまり見えないような気がしますけど。

|

« 「アラトリステ」記者会見レポートほか | トップページ | ヴィゴ・モーテンセンへの10の質問 »

映画」カテゴリの記事

コメント

 まったくキャスティングについてはわからない状態ですが、なんとなくクロ監督はヴィゴさんを主役以外では使わないような気もします。(んー、根拠無いですが)

投稿: mizea | 2008.12.18 01:03

mizeaさん
クロ監督が、ハリウッド大作の脚本・監督をするというだけでもちょっとびっくりなんですが、しかも題材がロバート・ラドラムというのもびっくり。
キャスティングはどうなるんでしょうね...

投稿: punkt | 2008.12.18 01:20

punktさん この作品にヴィゴ起用はなさそうですね。
もしやと3度目のタッグがありそう?と楽しみにしてたんですが。

トム・クルーズがクロちゃんfanだったとは初耳ですねぇ・・・(笑)。
う~ん、デンゼルもトムもクロちゃんが描く映像世界に
しっくりこないんですけど。
以前目にした記事にHoVとEPの成功で多くのスターが
クロちゃん作品に出演したがってるとあり
理由付けが"賞狙いの要素大"の為と記載されてました(爆)。
キャリア&人気が○○なトムちん、クロちゃんなら
確かに新境地なら開いてくれそうですが(笑)。

「プロポジション 血の誓約 」観たんですが殺伐とした暴力と
荒野の素朴な枯れた澄んだ映像美。ヒルコート監督は
かなりの鬼才じゃないでしょうか。「ザ・ロード」期待してしまいます。
プロモーション次第でヒットの可能性大だと思いました

投稿: mika | 2008.12.18 11:22

mikaさん
私はHoVとEP以外のクロ監督の作品を見ていないので、偉そうなことは言えないのですが、それでもトム・クルーズはなんだか違うだろう、という感じがしますね。

>理由付けが"賞狙いの要素大"の為と記載されてました(爆)。

確か、ヴィゴがHoVでクロ監督と仕事しようとしたら、そんな仕事をすると主流からはずれちゃうぞと止めた人がいた、という話をどこかで読みましたが、世間の評価はずいぶん変わったんですね。(苦笑)

投稿: punkt | 2008.12.19 00:07

punktさんこんばんわ。
「マタレーズ暗殺集団」いよいよクロ監督で始動しはじめたんですか。
私は「OUTSIDE IN TOKYO」というサイトに10月に掲載されたロングインタビューで、「今は8年前に書いたオリジナル脚本を直しているけど、SFだ。」と語っていたので、そちらの可能性が高いと思ってたんですけどね。
私はクロ監督の作品は1982年の「ビデオドローム」以降の作品11本全部観ましたが、クロ監督の映画に黒人の俳優が出演しているのは観た記憶がないんですが。
少なくとも、主要な役には黒人の俳優はいません。
あと、女性が主役の映画もないけど。
クロ監督の主役は、ほっそりとして背の高い白人男性ばかりです。
クロ監督はリベラルな人だと思うので、別に偏見があってそうしてる訳ではないと思うのですが。
ハリウッドの大作映画で、しかもスパイ物で、黒人の俳優が主役というのは大イメチェンになると思います。

投稿: amibito | 2008.12.20 22:47

amibitoさん
>「今は8年前に書いたオリジナル脚本を直しているけど、SFだ。」と語っていたので、そちらの可能性が高いと思ってたんですけどね。

そうそう、SFの新作というウワサもありましたね。
クロ監督の主役は、どれも監督のアルター・エゴだと言われていますよね。監督の分身だから、見た目もなんとなく共通点があるのでしょうか?

ヴィゴ曰く、クロ監督は同じ場所に留まっていないで、常に新しいことにチャレンジし続けるところが凄い、とのことなので、今度もまた新しいことに喜んで取り組んでいるのでしょう。

投稿: punkt | 2008.12.21 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アラトリステ」記者会見レポートほか | トップページ | ヴィゴ・モーテンセンへの10の質問 »