« 「アラトリステ」来日記者会見ビデオクリップほか | トップページ | カラスの鑑(その2) »

ロスキレの収益金10万クローネを寄贈

Seoghor12月9日の Ekstra Bladetの記事によると、ヴィゴは先頃のロスキレの写真展の収益金10万デンマーククローネ(注:約160万円)をデンマーク動物保護協会に寄付したそうです。

 

ロスキレの美術館の事務局長の Henriette Westh によると、ヴィゴは写真の費用はもちろん、展示に必要な写真の額やアクリルのカバーの費用も全部ポケットマネーで負担したとのこと。

また、寄付先について相談されて、デンマーク国内と国際的な組織の双方を示したところ、ヴィゴ自身は地元の組織に寄付することが重要という意向だったということです。

Henriette Westh からの電話でヴィゴの寄付を知らされた動物保護協会の理事長 Børge Klit Johansen にとっては、今回の寄付はサプライズプレゼントだったそうです。
彼はヴィゴ・モーテンセンは映画俳優としてしか知らなくて、写真を撮って展覧会をしていたこともまったく知らなかったようです。

Børge Klit Johansen は、しかるべき礼状を、おそらくヴィゴのエージェントを通して送らなければ、と言っていますが、Henriette Westh はすでに動物保護協会にグッドニュースを伝えた際に彼らがとても喜んでいたことをヴィゴに伝えたところ、ヴィゴはもっと喜んでいたとのこと。

「彼はただ、他の人を幸せにすることが大好きな、めったにいない人なんです。そしてそれは伝染するんです。」と Henriette Westh は言った。

この精神があるからこそ、忙しいスケジュールにもかかわらず日本まで来てくれたし、ファンがすごく喜んでいる姿を見て、ヴィゴ自身も幸せそうでしたし、スタッフやプレス関係者や、ヴィゴに関わった人たちがみんな彼に魅了されるんですね。happy01

ほとんどこの Ekstra Bladet の記事を引用しただけですが、SE og HØR のこちらの記事には、とても大きなヴィゴの写真がありますので、紹介しておきます。

|

« 「アラトリステ」来日記者会見ビデオクリップほか | トップページ | カラスの鑑(その2) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん
>「彼はただ、他の人を幸せにすることが大好きな、めったにいない人なんです。そしてそれは伝染するんです。」

そう、そうなんです! 的を射ていますね。
だからヴィゴファンも皆さんいい人ばかりでしょconfident
いつも翻訳ありがとうございます。

大きな写真にクラクラ来ています(笑) 

投稿: spring | 2008.12.11 01:11

springさん
みなさん、ヴィゴに接していると優しい気持ちになるみたいですね。happy01
やっぱり妖精さんなのかもしれません。

投稿: punkt | 2008.12.11 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アラトリステ」来日記者会見ビデオクリップほか | トップページ | カラスの鑑(その2) »