« ローマ国際映画祭 ヴィゴのパネルディスカッションのレポート | トップページ | Daily Mail 10月30日の記事より »

Sharpe's Peril は今夜放送(@UK)

Sharpes_peril_trailer2イギリスで2部に分かれて放送される、Sharpe's Peril の1回目の放送が、2日の夜だそうです。

そのため、シャープに関連した記事がいくつもでてきていますので、ちょっとずつ紹介しましょう。

まず、シャープを放送するITV1のページにある新しいトレイラー。
ITV1のページにトレイラーのリンクはあるのに、どうも見ることができないのですが、Sean Bean Daily のこちらで、ダウンロードできるようにしてくださっています。

 

もう1つご紹介するのは、The Northen Echo (10月30日)のショー・ビーンのインタビュー記事です。

面白いところをかいつまんでご紹介しますね。

 

記事のタイトルは、「ウルトラ・シャープ」

撮影は、気温49℃にもなるような環境でおこなわれたのだとか。

幸いにも今回は自分は元気だった。でも結局はインドだったよ。

今回は、どうやらお腹はこわさずに済んだんですね。

ビーンは英雄的な兵士リチャード・シャープの深い部分を見せようと切望して、戦いに嫌気がさしているものの、彼の任務を遂行しようと固く決心している男を演じた。「シャープは25年間の軍隊経験がある男だ。彼は多くのもの、良いものもぞっとするようなものも見てきた。」とビーンは言う。「私の狙いは、彼は以前のように向こう見ずでも、恐れを知らない男でも、あるいは野心のある男でもなく、むしろこのような危険な状況で自分自身を見つめる男だということだ。そういうものとして受け入れられると良いのだが。」

「シャープはあまりにも多くの不当な行為や流血を見てきていて、あるシーンで『決して戦争に立派な理由などない。それはただお金のためなんだ。』と言っている。戦争は政府によって遂行されていて、シャープは幻滅を感じ始めていると私は思う。彼はただ少し家に帰りたいからやったのだ。これはシャープのより深く考えた側面で、彼は自分の家族について考え、残りの人生を願わくば兵士の騒乱が続く人生ではなくどのように過ごしたいかを考えている。」

前回の繰り返しにはしたくなかった、というのがこのプロジェクトに参加した人たち共通の思いだったとのこと。

「彼は自分に挑んでくる状況にどのように取り組むか考え、彼の思考の最前線に自分がいずれ死ぬということが上がってくる。初めてシャープの、より傷つきやすく繊細な側面を本当に見るだろう。彼は生きながらえることが必要で、そうすれば自分の娘を見つけることができるのだから。」

そして、ショーン自身は、インドをすっかり気に入ったようです。

この俳優はいまやインドの大ファンで、これは先の2006年のシャープの撮影の時から大好きになってきたものだ。

「人生のペースが違っているんだ。あそこに行くと、例えばロンドンとかアメリカの早いペースからこんなにも変化する。人生のゆっくりとした方法をただ受け入れる。そしてひとたびそれを受け入れればそれは素晴らしいんだ。言葉の障壁はあるし異なる文化だけれど、私は毎年あそこで撮影したいぐらいだ。あの国が大好きだし、訪れるのに類まれな場所だと思うね。」

「私たちが会ったり一緒に仕事した人々は、こんなにも前向きなエネルギーを持っていた。私が行ったところでこのようなところは他にどこにもないよ。広い範囲を旅してきたけれど、ここの人たちが彼らの人生で持っている善意の感覚は、今まで経験したことがなかった。人々は何も持っていないが、彼らは誠実で幸福だ。私にはそれが彼らの宗教なのか文化なのか確信がないが、彼らは自分自身と彼らの人生に本当の自尊心を持っている。」

「1月に友人の結婚式であちらに戻る予定なんだが、待ちきれないよ。」

ショーンがいつも自分でスタントをこなそうとしていて、今回も同じだということなのですが、爆破シーンについて

彼は笑った「そうなんだ。監督のトム・クレッグが『ここに立って。』と言うんだ。そして私は『ちょっと待てよ、いまいましいセムテックス(訳注:プラスチック爆弾)がこれから爆発するんだろう?』と考えていると、彼が『君は大丈夫だろうから。』と言うんだ。テストすらしないんだ。リハーサルなしで、ただドカン!だ。」

「シャープではいつもこんな風だったよ。ただ私たちを放り込むんだ。ダラー・オマリー(パトリック・ハーパー)がいつも、私たちがスタントの撮影をスタートする前に言うんだ『神の祝福を。』そして私が言うんだ『君にもね。』そして次には銃が発射され、馬車や馬があらゆるところを飛び回り、そのシーンの撮影が終わってこう考えるんだ『これは本当の演技じゃなくて、本当の恐怖だよ。』」

映画と違って、低予算のTVドラマの撮影って、恐ろしいんですね。
何はともあれ、誰も怪我をしなかったようで良かったです。

|

« ローマ国際映画祭 ヴィゴのパネルディスカッションのレポート | トップページ | Daily Mail 10月30日の記事より »

Sean Bean」カテゴリの記事

Sharpe」カテゴリの記事

コメント

punktさんこんばんは。いよいよ今夜ですね。トレーラーでは派手なシーンばかりが眼に映りましたけどショーンのインタビューからだと今までとはタイプの違うシャープを見せようとしているのでしょうか?内面の葛藤を演じさせたらショーンは本当にうまいですよね。DVD届くのが待ち遠しいです。

投稿: runa | 2008.11.03 00:09

runaさん
今回のシャープは、だいぶ物思いにふけるシャープになりそうですね。
来週の2回目の放送が終わった翌日にはDVD発売ですから、もうちょっとの辛抱ですよ。

投稿: punkt | 2008.11.03 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマ国際映画祭 ヴィゴのパネルディスカッションのレポート | トップページ | Daily Mail 10月30日の記事より »