« ”Good” のアメリカ公開は12月31日のようです | トップページ | Go Magazine 2008年11月号 »

野菜作りにいそしむショーン

シャープ新作放送にあわせて出てきた、ショーン・ビーンのインタビュー記事をもうひとつご紹介します。

Mirror.co.uk の11月2日の記事より

ショーンがガーデニングbud に凝っているのはみなさまもご存知のとおりですが、最近は野菜作りにもはまっているようですよ。

こちらも面白そうなところだけ抜粋して...

 

一番最近のインドでのシャープの撮影はいかがでしたか?

SB: 素晴らしかった。実際、本当に良い経験だった。インドはものすごく暑い - 気温はしばしば37℃を超えた - けれど、Sharpe's Peril は今までのよりもずっとシャープの繊細な側面を見る、素晴らしいストーリーだよ。彼は亡くなった妻と、何年も会っていない娘についていろいろ考えるんだ。

イギリスを離れているとき、何について考えますか?

SB: そうだね、当然、家族についてだね。妻のジョージーナと子供たち、21歳のローラ、17歳のモリー、そして9歳のエヴィーだ。私の庭の野菜がどんな風に育っているかについても気にかかるんだ。

いま、あなたがビーン・タワーズの野菜畑をぶらぶらしているイメージが浮かびましたよ。

SB: まったくそのとおりで、それが大好きなんだ。ここ2年以上、自分のトマト、ジャガイモ、サヤインゲン、タマネギやニンニクを作ることがすごく楽しみなんだ。自分で育てるといつもずっとおいしいよ。ちょうど庭をもっと大きくしたいと思っているんだ。ロンドンのよりも田舎の庭をね。

野菜作りに熱中しているとすると、これまた地元を離れたくなくなる原因のひとつになりそうですね。

あなたの人生で起こったほかのワクワクしたことは何ですか?

SB: 一番下の娘のエヴィーの学校のコンサートに行って、彼女が本当に上手に歌うのを聞いたんだ。これはとても特別だね。どんなことでも娘たちと一緒に過ごす時間は間違いなく特別だ。そして、ちょっと前のシーズンでシェフィールド・ユナイテッドがプレミアシップリーグに戻っていた時期。忘れられないよ。

関心事の1番が子供virgo のことで、2番目がひいきのサッカーチームsoccer というのは、ヴィゴとまったく一緒じゃないですかhappy01

この後、有名な飛行機恐怖症の話が出て、LOTRの撮影のためにニュージーランドまで長距離をさんざん乗ったので、もう大丈夫という話をしていますが、インタビュアーに「飛ぶことへの恐怖から、飛行機よりもニュージーランドに船で行くことを考えてみたというのは本当ですか?」と聞かれると、ちょっとは考えた、なんて返事をしています。さすがに間に合わないのでやめたそうですが。

もしも演技をしていなかったら、何をしていたと思いますか?

SB: おそらく何かを作っていただろうね。私は絵を描くのが好きだし、エイドリアンという鍛冶屋の友達がいて、そこに行って彼の鍛冶工場に行くのが大好きなんだ。上を向くと彼の工場から煙が噴き出すのが見えるし、真っ赤に焼けた金属の素晴らしい臭い。シェフィールドの子供時代に戻されるんだ。

Outlaw(必殺処刑人)の撮影中にショーンが行方不明になったと思ったら、ロケ現場の近所の金属工場にいた、という話もありましたね。
やっぱり金属加工工場や鍛冶場は懐かしい場所なんでしょう。

そして、ほとんど最後に

あなたの墓碑銘はどんな風でしょう?

SB: 彼は良い父親であり、なかなかいいやつであり、良い俳優だった。そして彼はシェフィールド・ユナイテッドが連続4回目のプレミアシップのタイトルをリーズ・ユナイテッドと争ったゴールで勝ったのを見るのに十分なぐらい長生きしたことをとても喜んだ。

墓碑銘までシェフィールド・ユナイテッドなんですね。
もう一人のサッカー狂も、同じようなことを考えそうでおそろしいですが。coldsweats01

|

« ”Good” のアメリカ公開は12月31日のようです | トップページ | Go Magazine 2008年11月号 »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

まったく・・・だから気が合ったんでしょうかねぇ、この二人は。
知り合って以来、お互いの姿に刺激を受けて、ますます勢いづいてそっち方面に突き進んでいる気がしますが(タメイキ)

豆氏の墓碑銘、固有名詞を一部差し替えるだけで、そのまんまびごさんの墓碑銘になりそうでコワイです。。。

投稿: mate_tea | 2008.11.04 23:48

mate_teaさん
なんかねぇ、人生における優先順位がほぼ一緒なんですよね。この二人。
仲良くなるわけです。
墓碑銘、やっぱりそのまま流用できますよね。(笑)

投稿: punkt | 2008.11.05 00:04

やっぱりこの人は飾り気のない優しい人なんですよね。劇場のスクリーンで観るのはあきらめた方がいいかもしれない。もう家族と長期間離れる様な仕事は受けそうにないですもの。こうなったらDVD買いまくります(-.-;)

投稿: runa | 2008.11.05 13:55

runaさん
しばらくは、家族のことや家のことに時間をかけたいのでしょう。でも、そのうちにまた本当に良い仕事のオファーがあれば、ハリウッドの映画にも出てくれるとは思いますが。

投稿: punkt | 2008.11.05 23:30

わはは、優先順位。

 微妙に何がいいたいのかわからないニュースで、
http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/news/news4408.html
 お嬢さんたちを大事にしているって書いてくれてもいいのに。

投稿: mizea | 2008.11.06 08:37

mizeaさん
あ、この発言が日本語のニュースにも出てきましたか。
英語の記事では、あっちこっちに出てましたからね、みんな孫引きだとは思いますが。

投稿: punkt | 2008.11.06 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”Good” のアメリカ公開は12月31日のようです | トップページ | Go Magazine 2008年11月号 »