« まだ続く ロスキレの写真&ビデオ | トップページ | 12月ヴィゴはポーランドの Camerimage映画祭に参加 »

憂鬱な天気が恋しい

ショーン・ビーンの似たようなインタビュー記事は、すでに何度も出てきていますが、ちょっと面白かったのでご紹介します。

Contactmusic.com のこちらの記事

ロード・オブ・ザ・リングのビーンはイギリスの天気が恋しい

ロード・オブ・サ・リングのスター、ショーン・

ビーンはイギリスを離れた仕事を嫌っている。憂鬱な天気が恋しいからだ。

大成功した映画の三部作でボロミアを演じたこの英国俳優は、しばしば長い期間アメリカで仕事をして過ごしてきた。
だが、ビーンは断固として、アメリカに恒久的に移り住むことは決してしないだろう。なぜなら、彼はイギリス、南ヨークシャーの家族の家に戻り、彼の愛するサッカーチーム、シェフィールド・ユナイテッドを見ることが大好きだからだ。
彼は言う:「離れて仕事をしているとイギリスに関する多くのことが、鉛色の空でさえ恋しいんだ。
ロサンゼルスでずいぶん多くの時間を過ごしたけれど、だいたい10日間も暖かくて雲ひとつない空が続くと、古き良きイギリスの陰鬱さと雨がちょっと恋しくなりはじめるんだ
だが、もちろん子供たちが恋しいし、友人たちやマムやダッド、それにシェフィールド・ユナイテッドに自分の庭も...リストはまだ続くよ!」

日本では、灰色の空を表すなら「鉛色の空」ですが、原文では「スレートの灰色の空」と、スレートの色にたとえていました。
どんよりした天気cloudrainが恋しくなるとは、やはり筋金入りの英国人ですね。

|

« まだ続く ロスキレの写真&ビデオ | トップページ | 12月ヴィゴはポーランドの Camerimage映画祭に参加 »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

ん~、何がなんでもイギリスから出ないつもりなんですね。別にずっとじゃなくてほんのちょっとでいいのに(ハリウッドは嫌なのかな)日本も梅雨時に来てくれれば相当憂鬱なお天気満喫していただけるんですけどねぇ。鈍色…こういう豊かな表現を使い分ける日本語はやはり美しいですね。ところで以前ショーンのダークブロンドの髪の色を表わすのにホーヴァン色という言葉を聞いたのですが、これってどんな色なんでしょう?punktさんご存じでしたらぜひ教えて下さい。

投稿: runa | 2008.11.13 04:44

runaさん
シャープだってインドで撮っているわけですし、何がなんでもイギリスから出ないと言っているわけではないと思いますよ。
しばらくイギリスを離れていると恋しくなっちゃうから、やっぱり住むのはイギリス! ということなんだと思います。

>ショーンのダークブロンドの髪の色を表わすのにホーヴァン色という言葉を聞いたのですが、これってどんな色なんでしょう?

へぇ、ホーヴァン色ですか? はじめて聞きました。
私にもどんな色だかわからないです。

投稿: punkt | 2008.11.13 23:32

auburn

いわゆる鳶色ではないですか?

投稿: 通りすがり | 2008.11.16 10:32

通りすがりの方
なるほど、auburnですか。
辞書をあれこれ調べてみましたが、鳶色というと茶褐色になるので、もうちょっと明るめの赤褐色、金褐色、黄褐色というところでしょうか。
確かに、ダークブロンドですね。
教えてくださってありがとうございます。

投稿: punkt | 2008.11.16 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ続く ロスキレの写真&ビデオ | トップページ | 12月ヴィゴはポーランドの Camerimage映画祭に参加 »