« アルゼンチンの雑誌のスキャン画像 | トップページ | ヴィゴの展覧会オープニング直前のニュース »

若いジャーナリストの追悼式で詩を朗読するショーン

20081016seanヴィゴのニュースに埋もれてしまわないうちに...

10月16日に、シェフィールドのジャーナリストで、8月に白血病のために27歳で亡くなったエイドリアン・サドベリーの追悼式が、シェフィールド大聖堂で行われ、その席にショーン・ビーン夫妻も列席し、ショーンは詩の朗読をおこないました。

たくさんの記事やビデオニュースが出てきています。

Sheffield Telegraph の記事(写真とビデオあり)
BBC News の記事(写真あり)
BBC News のビデオ(ちらちらとショーン夫妻が映ります)

また、Goviさんがショーンの朗読の部分だけのビデオクリップを作って、YouTubeのこちらにアップしてくださっています。

これらの記事によると、エイドリアン・サドベリーは、Huddersfield Examiner紙で働いていたジャーナリストで、18ヶ月におよぶ闘病生活の間、骨髄移植の重要性を訴えるキャンペーンをブログなどを通じておこなって、その成果が注目されていたとのことです。

ショーンは昨年、王立ハラムシャー病院で白血病や血液疾患の患者のための病棟や器材を用意するのに必要な基金を集めるための運動に協力しましたが、その活動がエイドリアン・サドベリーと知り合うきっかけになったそうです。

ショーンが朗読したのは、レバノン系アメリカ人の詩人・哲学者である Khalil Gibran の”On Death” だそうです。

|

« アルゼンチンの雑誌のスキャン画像 | トップページ | ヴィゴの展覧会オープニング直前のニュース »

Sean Bean」カテゴリの記事

コメント

ショーンはシェフィールドにいると急にニュースが増えるんですね。ほんの少しでいいから国外のファンの為に英国の外に出てお仕事して貰えないかと思ってしまいます。

投稿: runa | 2008.10.19 13:28

runaさん
本当に、最近はすっかりシェフィールドの俳優さんになっちゃってますからね。
もうちょっといい映画に出て! という思いがつのりますよね。

投稿: punkt | 2008.10.19 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルゼンチンの雑誌のスキャン画像 | トップページ | ヴィゴの展覧会オープニング直前のニュース »