« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の48件の記事

”Good” のビデオクリップ

Good_4viggo-worksで教えてもらいました。

globo.com のこちらに、”Good” の冒頭部分(?)のビデオクリップがあります。

タイトルにはポルトガル語でトレイラーとあるのですが、出だしの部分は、映画のタイトルバックそのもののようですね。

あまり映画そのものというのはやっぱり避けたいので、ビデオクリップをつかんだだけで、ほとんど見ないでダウンロード用のファイルだけ用意してみました。(FLV形式、11MB)

| | コメント (0)

あるエキストラの話

Bozeman Daily Cronicle のこちらの記事より

Appaloosa にブラッグの手下の一人として登場しているデイヴィッド・リー・ジェンセン氏は、荒々しくのびた顎鬚も立派な、いかに古い西部の男といった風貌で、30年来、時々俳優業をしてきたのだそうです。

今回、エージェントが彼の写真を登録したところ、ある日彼のところに電話がかかってきたのだとか。

「私が電話に出ると、その男がこう言ったんだ『エド・ハリスですが、デイヴィッド・ジェンセンさんですか?』」とジェンセンは言った。「私は電話を切ったよ。」

だが、ハリスがまた電話をかけてきたとジェンセンは言った。そして今度はジェンセンは彼を信じた。

そりゃまぁ、エージェントも通さずに、エド・ハリスなんて名乗っていきなり電話をかけてきても、誰かが悪戯したのかと思うのが普通ですよね。happy01

自分が参加するのはせいぜい5日間と思ってサンタフェに向かったジェンセン氏は、結局3週間半も撮影に参加したそうです。

「今は、エドとは隔週でEメールで話をしているよ。」とジェンセンは言う。「彼は私の親友になったんだ。」

彼の役はセリフこそないものの、けっこうあちこちのシーンに映っているのだそうです。

今度の金曜日には、地元 Bozemanでの公開初日に映画館に行って観客と直接話して反応を確かめた後、翌土曜日に、サンタフェで開かれるプレミアにも行って、そこに参加が予定されているエド・ハリスに結果を報告するのだとはりきっているみたいですよ。

| | コメント (2)

The Boston Globe のインタビュー記事より

Bostonglobe_viggo The Boston Globe のサイトに掲載されたヴィゴのインタビュー記事からほんの一部をご紹介します。

このインタビューはトロント映画祭のときに主として Appaloosa についておこなわれたもので、内容のほとんどは今までの繰り返しなので省略します。

ただ、前置きの部分でのヴィゴの紹介のしかたがちょっと面白かったので...

多くの創造的な人々と同じように - モーテンセンは時間を見つけたときには写真家で、画家で詩人であるのだが - この俳優は会話の中で抽象化し、(話を)わきに逸らせていきがちなのが興味深かった。パラグラフ全体に1つの具象名詞もなしで終わることもありえるが気にすることはない。なぜなら彼は親切で気楽な人物なのだから。サーファーの態度、殺し屋の目に、仕事そっちのけの本の虫の頭脳を持った男なのだ。不注意にホテルの禁煙ポリシーを見落としながら(他の何もかもと同様に - 彼は有名人で本人もそれを知っている)、モーテンセンはウェスタンの昔、ウェスタンの最近、やるべき仕事をまったく何も持たないことの栄誉について論じた。

ヴィゴも、ことタバコsmoking になると、どうもダメですね。angry

そしてこの記事の一番最後のやり取りに注目。

Q.監督をやりたいという願望はありますか?

A.あるかもしれない。エドやクローネンバーグのように、正しくそれをやるには多くの時間とエネルギーを取られて、実際に他のことをできなくなることを分かっている。私が気に入っていて、そうする権利があって、脚色してやるかもしれないあるストーリーがある。でも、そのスペースと時間がなければならないだろうね。私はそのことを考慮して、舞台の上をちょっと片付けようとしているんだ。自分自身の人生にもうちょっと関与しようとしている(笑)。だから、私のエージェントは気が狂うだろと思うけど、今現在はすべてを断っているんだ。

↓の記事でもちょっと映画の仕事を離れたいと思っているというくだりがありましたが、実際にいろいろくるオファーを今は断っているんですね。

| | コメント (6)

ヴィゴ・モーテンセンはハリウッドの彼方に目を向ける

Telegraph_viggoTelegraph.co.uk に掲載された、9月26日付けのヴィゴのインタビュー記事から、一部を抜粋してご紹介します。

ヴィゴ・モーテンセンは年を感じ始めている。ロード・オブ・ザ・リング三部作の勇敢な戦士アラゴルンとして世界的名ファンを得た静かで風変わりな俳優は50歳を迎えようとしている。そして残念そうに「自分が少し衰えてきたと気が付きはじめている。」と認めた。

「私は何度も『3時間しか寝る時間がないから、残りの夜は起きていたほうがよさそうだ。』言ったものだ。今はこの3時間を寝る方なんだ。」

3時間なんて言ってないで、もっとしっかり寝てください。イライジャみたいに、10分でも寝る時間があったらどこでも寝られる、なんていう特技があればいいんでしょうけど。

 

続きを読む "ヴィゴ・モーテンセンはハリウッドの彼方に目を向ける"

| | コメント (3)

「ハイヨー! シルバー!」

ヴィゴの新作のウワサですらありませんが、viggo-worksで紹介されていた記事がちょっと面白かったので。

ジョニー・デップがディズニーの新作「ローン・レンジャー」に主人公ローン・レンジャーのネイティブ・アメリカンの相棒、トント役に決まったというニュースは、日本の映画情報サイトでも早速報じられていました。(eiga.comの記事

でも、肝心のローン・レンジャーその人のキャストはまだ決まっていない模様、そこで出てきたこの記事。
Los Angels Times のブログ、The Hero Complex の記事 「ジョニー・デップは誰をキモサベと呼ぶのか?」です。

ジョニー・デップはディズニーのリメイクのローン・レンジャーのトントを演じるだろう。でも誰が仮面の男をやるのだろう?

”オーシャン・オブ・ファイヤー”と”Appaloosa”のトレイラーを見た後、私たちは、彼は砂埃を巻き起こす冒険といったものに立派な才能があるとまさに思ったので、The Hero Complex は公式にヴィゴ・モーテンセンをこの役に支持します。

ここまでは、別に取り立てどうということはないのですが、面白いのはこの続き。
ジョージ・クルーニーもローン・レンジャーにいいかもしれない、と書いた後、

ジョージ・クルーニーは年を取りすぎているかもしれない。

えぇ~と、クルーニーは1961年生まれで、ヴィゴは1958年生まれなんですけど、いいんですか? smile
ジョニデだって、1963年生まれですから、五十歩百歩な気もしますが。

ちなみに、記事のタイトルの「キモサベ」とは、トントがローン・レンジャーを呼ぶときの言葉だそうです。

こんなことを言うと年がばれそうですが、私が子供のころ、TVでアメリカ製のアニメのローン・レンジャーをやっていたのを見た記憶がかすかにあります。
元々は人気TVドラマシリーズだったんですよね。

オープニングのロッシーニのウィリアム・テル序曲と、ローン・レンジャーが愛馬シルバーに声をかける「ハイヨー! シルバー!」というのだけは、よく覚えています。

TVドラマ版のオープニングや、アメリカのアニメのビデオクリップは、YouTubeにもあるようですね。

| | コメント (4)

”Good” の新しいスチール写真

Good_3viggo-worksで教えてもらいました。

”Good” の新しいスチール写真がいろいろと出てきているようです。

ネタバレ厳禁の方は、要注意。

まず、Abril.com のこちら
これは、ポルトガル語のサイトのようですから、リオの映画祭をひかえたブラジルですね。
映画のタイトルも、”Um Homem Bom”(A Good Man)とポルトガル語になっています。

AllMegaStar.com のこちらには、高解像度の画像があります。
サムネイルをクリックして表示される写真をもう一度クリックすると、すごく大きな写真になります。

| | コメント (0)

Le Grand Journal のビデオクリップ

Legrandjournal080924フランスのテレビ Canal+ の Le Grand Journal という番組に、ヴィゴとエド・ハリスがゲスト出演したものが、24日放送されたそうです。

収録はドーヴィル映画祭の直前とのこと。

公式サイトでビデオクリップを見ることができるのですが、sidhex3さんがいつものごとく、ダウンロード用のファイルを用意してくださっています。

公式サイトの小さな画面でみるより、ダウンロードして見るほうが画面が大きくなるのでお薦めです。

英語の音声には、フランス語の音声がかぶせられてしまって、何を言っているのかほとんどわからないのが残念。

エド・ハリスがオバマ氏を強力に推していることはよくわかりました。happy01

 

<おまけ>
昨日ご紹介した、ヴィゴが思わずクローネンバーグ監督とまた仕事をする話があることに触れて、嬉しそうに笑っていた短いビデオクリップを、Hedyzさんがこちらでダウンロードできるようにしてくださっています。

| | コメント (0)

"Good" はシカゴ国際映画祭にも参加

9月前半のビッグウェイブwave がようやく収まってきたところですが、10月は”Good”のプロモーションでまたもやヴィゴは大忙しになりそうです。

まず、リオデジャネイロで開催される、リオ国際映画祭に参加。
詳細日程は、10月1日に発表される予定ですが、今までに出てきている情報から判断すると、8日にヴィゴは登場しそうです。

10月18日 デンマークのロスキレでの写真展のオープニングを済ませた後、今度はローマへ。

10月26日(日)に、ローマ国際映画祭に登場予定。
また、この映画祭では、“L’Altro Cinema – Extra” というコーナーで、クローネンバーグ監督の作品を扱った、マルチメディア展覧会がおこなわれるそうです。
ゲストとしてクローネンバーグの参加もアナウンスされていますので、ローマでヴィゴとクローネンバーグ監督のツーショットが見られるかもしれませんね。

本日、viggo-worksで教えていただいた新しいニュースは、

10月29日(水)に、シカゴ国際映画祭にも”Good”をひっ提げてヴィゴが登場するということ。
RivResさんによると、ヴィゴがシカゴに行くことも確認がとれたそうです。

10月もまた忙しいことになりそうです。

ちゃんと付いていけるかな?coldsweats01

| | コメント (0)

ロバート・B・パーカーも大満足

14スクリーンの限定公開ながら、Apploosaの週末の興行成績はまずまずの滑り出しだったもよう。
3日間で1館の平均が約180万円ですから、なかなか良さそうですね。

原作者のロバート・B・パーカーも、本人のブログで、10月3日からは全米公開だよ、と宣伝していて。さらに、

私はこの映画では私の本を売るという以外に役目はない。だが、あなたがこれを気に入ると保証しよう。これは壮大な映画だ。法廷のシーンの弁護士役のダニエル・T・パーカーをチェックしてくれ。あなたがこの本を気にいっているなら、この映画を大好きになるだろう。あなたがこの本を嫌っているなら...一体なんで私のブログを読んでいるんだい?

弁護士役のダニエル・T・パーカーというのは、ロバート・B・パーカーの息子さんです。happy01

また、ボストン映画祭で公開される直前に出た、Boston Herald のこちらの記事にも、パーカー氏がこの映画を気に入っている様子が書かれています。

「この映画に興奮しているよ。これは素晴らしい映画だと思う。オスカーに行く場合に備えてタキシードを用意しているんだ。」と彼は笑った。

・・・

パーカーはこの映画で好きな部分は、彼の俳優である息子のダニエルが、判事を演じるエド・ハリスの父親のボブと主演しているシーンだと言った。

「縁故採用のシーンなんだ。」と誇らしげなパパは言った。

何はともあれ、原作者が気に入ってくれているというのはとてもいいですね。
何よりの宣伝だと思いますよ。

| | コメント (2)

Appaloosa 関連のビデオクリップ

Appaloosa_interview1viggo-worksでも、たくさんのビデオクリップを紹介&ダウンロードできるようにしてくださっているので、Erikoさんのところとあまり重なっていなさそうなところをご紹介しておきます。

まず、ctv.ca eTalk のヴィゴのインタビュー

同じ場所でのインタビューで、E! Online のごく短いビデオクリップによると、どうやらヴィゴはクローネンバーグ監督とまた新作を撮る話があるようですね。
ちゃんと決まらないうちには、めったに話をすることがないヴィゴにしてはめずらしいですが、よほど嬉しいんでしょう smile 思わずイヒヒ笑いが....

こちらで紹介してくださっているものの1つは、ドーヴィル映画祭の記者会見終了時の映像。
例の、エド・ハリスが「下がって、下がって」と怒鳴っているものを、違うアングルから撮ったもの。
二人とも、根気強く延々とサインに応じています。ビデオの最後には、外に出てきてまたサインに応じる姿が。

| | コメント (2)

Globe and Mail 9月22日の記事

カナダの新聞、Globe and Mail の9月22日の記事に、エド・ハリスのインタビューが載っているのですが、ヴィゴについて言及している部分が今までの繰り返しとはいえ、エド・ハリスがすごくヴィゴを気に入っているのが良くわかるので、ちょっとご紹介しておきます。

記事は、エド・ハリスがどうやって Apploosaを映画化しようとしたのかという話から、ヴィゴに声をかけたら、すぐにサインしたという記述があって、エドがヴィゴをどう見ているのか、ということが書かれています。

ハリスは、強い仕事至上主義の「かなり人前に出たがらない男」であるモーテンセンなら、苦もなくスクリーン上に、寡黙な強さとバージル・コールの銃を持った相棒に必要とされる一抹の気品をもたらすことを知っていたと言った。

「ヴィゴはとても慎重に行動する」と Appaloosa のプレミアが行われた今月のトロント映画祭のインタビューでハリスは言った。「でも、彼は仕事をしている時にはとても寛大で、あらゆる人に大きな敬意を払って接するんだ。加えて彼はすごく様子がいい男だし。それに彼は私より7つか8つ若いので、だいたい合っているように思った。さらに、私はただ本当に彼と一緒に仕事をしたかったんだ。本当に彼が気に入っていたし、私たち二人なら何か歴史を作ろうと努力する必要はないと思ったんだ。もしも彼がこれをやりたいと思ってくれたら、もしも彼がこの素材に反応してくれたら、と心の中に思い描いていた。そして彼は、この二人の男の間にあるものは、私たちがぶっ続けで何時間もそれについて話し合う必要がないということを即座に理解したようだ。」と数年前にポロックで監督デビューをしたニュージャージーのテナフライ出身者は言った。

たしか、HoVのときは、ヴィゴとエドの二人は何時間も話し合って、ジョーイとフォガティーの過去に何があったのか、二人の間の歴史を事細かに作り上げた、と紹介されていたと思うんですが。
もうそんなことをしなくても息はぴったり、ということなのかな?

| | コメント (2)

ヒッチ姿のヴィゴのインタビュー

Appaloosa_viggo_interviewviggo-worksで教えてもらいました。

Comme au Cinema.com のこちらに、エヴァレット・ヒッチの姿でインタビューに答えるヴィゴのビデオ・クリップがあります。

ヴィゴも最近はインタビューにも熱心に、ずいぶん力強く答えるようになったと思うのですが、このインタビューでは寡黙なヒッチがだいぶ残っているらしく、いつにもましてモゴモゴしてます。
この映画が衣装など細部にとても気を配っていることや、ケイティ(アリアドナさん)のことも話していますね。

ダウンロードできるファイルもご用意しました。(FLV形式、20.3MB)
ただし、ここ最近、このMediaFireでもやたらに怪しい広告のポップアップが出ますのでご注意ください。

キャプチャーを取ってトリミングしたら、なんだかレトロな肖像画みたいになりましたよ。happy01

| | コメント (0)

Appaloosa ヴィゴに関するレビュー

Appaloosa_02Appaloosaについてのレビュー記事の洪水も、だいぶ収まってきたようですね。

viggo-worksには、ヴィゴに関連するいろいろな記事からの引用をまとめたコーナーがあるのですが、特に毎週、Iolantheさんが ”Quotable Viggo” というタイトルで特集してくれるのがとても素晴らしくて、いつも楽しみにしています。

今週は、Appaloosa のレビュー記事から、ヴィゴの演技に関する部分を編纂したものがアップされています。

アメリカのレビュー記事で、ヴィゴがどんなふうに評価されているのか、とてもわかりやすいと思いますので、Iolantheさんにお願いして翻訳してご紹介する許可をいただきました。

どれも最新のレビューですので、すべて元の記事へのリンクを追加しました。
どんな文脈で言われているのか気になる方は、元記事をご覧になってください。

--- viggo-works & Iolanthe, Thank you so much! --- 

続きを読む "Appaloosa ヴィゴに関するレビュー"

| | コメント (6)

「あぁ、結婚生活」

Marriedlifeあぁ、結婚生活

原題: Married Life
公式サイト

先週の土曜日、初日に観にいったのですが、ヴィゴのニュースの洪水に押し流されて書く暇がありませんでした。

ちょうど一年前、トロント映画祭で見て面白くて気に入っていたのでさっそく初日に行ってきました。

初日の2回目、午後1時スタートの回の割りには空いていたのがちょっと気にはなりましたが、観客の反応もよく、クスクス笑う声も聞こえてきたりしてなかなか良い感じ。

やはり、クリス・クーパーとピアース・ブロズナンという達者な役者たちがゆったりと演じているのがいいです。小粋でちょっとビター。

ちょこっとしか出てはきませんが、デイジーもある意味楽しそうな役でもうけもの...bleah
パット役のパトリシア・クラークソンが大層セクシー(特に声が)なので、デイジーとの関係も説得力があります。

それにしても、クリス・クーパーの泣き顔は一見の価値があります(鬼!)

ゆったりとした、ドタバタしない、しゃれた話が好きな方にお薦めです。

 

今回は初日で、しかも関東地方では渋谷のル・シネマ1館だけの公開だったので、初めて出口調査というものに声をかけられました。しかも2つも!

片方の記述式の方の、この映画を観ようと思った理由のところに、「海外の映画祭で見て面白かったから。」と書いていたら、映画業界の人ですか?と驚かれてしまって、いえいえ単なる映画ファンです、と否定してきました。さすがに、単なる追っかけです、とは言えなかった。smile

| | コメント (2)

Appaloosa関連 スキャン画像ほか

Appaloosa のLAプレミア関連などのビデオクリップが多数出回っているようですが、教えていただいたものをダウンロードするのがやっとで、中身の確認までできていません。coldsweats01

ビデオクリップについては、Erikoさんのところでまとめてくださっていますので、そちらを参考になさってください。

 

Appaloosa関連の写真入り記事のスキャン画像が viggo-works にいくつかアップされていますのでご紹介しておきます。

まず、The Toronto Star に掲載された新聞広告
よく見ると、Boston Film Festival 2008 の Best Film受賞と書かれています。

映画祭の公式サイトはとても更新が遅くて、Appaloosaがオープニング作品だということは書かれていますが、Best Filmに関する記述はまだでていないようです。

 

次は、People誌に掲載されたレビュー。
こちらは、残念ながらどの号かはわかりません。

 

もうひとつは、Entertainment Weeklyに掲載されたレビュー
こちらは、2008年9月26日号(#2013)だそうです。

 

山のようにでてきている、レビュー記事を斜め読みしているのですが、トロント映画祭のワールドプレミア直後は厳しい内容のレビューが目立っていましたが、最近のレビューは結構評価しているものが多いようです。
特にヴィゴについては褒めているものがほとんどですね。エヴァレットという役は、非常に寡黙な男なので、セリフよりも目やボディランゲージだけの演技が特に光っているそうです。

 

ちょっと興味深かったのが、Portfolio.com に掲載されている、Hollywood Deal というブログに書かれている9月19日の記事

続きを読む "Appaloosa関連 スキャン画像ほか"

| | コメント (3)

ドーヴィル映画祭 レポート

2008091313Appaloosa は17日のLAプレミアも終え、19日からニューヨーク、ロサンゼルス、トロントで限定公開がはじまり、山のようにレビュー記事が出てきている状態ですが、ちょっともどってドーヴィル関連の追加情報をまとめておきます。

まず、viggo-worksで教えてもらった、こちらの素敵なモノクロ写真。
Liberation.fr のこちらに、Jérôme De Perlinghi がドーヴィル映画祭で撮影した写真があります。写真をクリックすると、さらに大きくなります。

 

また、viggo-worksにはドーヴィル映画祭に行かれたCoCoさんのレポートもアップされました。

CoCoさんは、フォトコールと記者会見の合間のヴィゴに会うことができたそうで、素敵なレポート(写真とビデオクリップつき)を viggo-works のこちらにアップしてくださっています。(写真やビデオクリップをご本人に無断で転載なさらないでください。)

CoCoさんとお友達が待っていたエリアはあまり混んでいなかったので、そんなに大騒ぎにもならずに、サインをもらうことが出来たそうです。
ヴィゴが出てきた時には、すでに肩のところに例のサンロレンソの旗をはおっていて、とても機嫌よく、にこやかにみんなにサインしてくれたとか。

エド・ハリスにもサインしてもらったそうですが、最初、彼女が持っていた Apploosa の写真を見たエドは、「やぁ、君の写真には二人のハンサムな男性が写ってるね。」と言って、すごく落ち着いて彼女の名前を聞き、ゆっくりと自分の名前を書くとヴィゴがするようにハートheart01を書き加えたそうです。素敵な人(Lovely guy)だ、というのが CoCoさんの感想です。

ビデオクリップは、ヴィゴが記者会見に向かうためにその場所を離れるときのもので、サンロレンソの旗を肩からはずして振ってます。

CoCoさんもこの旗を至近距離で見て、染みがあったりけっこうボロボロなのに驚いていますが、本当にあの旗はすごいんです。

CoCoさん、レポートありがとうございました。

さらにドーヴィルがらみで、日本語サイトにも記事があります。

続きを読む "ドーヴィル映画祭 レポート"

| | コメント (0)

ヴィゴ・モーテンセン Appaloosa を語る

Premiere_viggoPREMIERE.com のこちらに、「ヴィゴ・モーテンセン Appaloosa を語る」と題した、ヴィゴのインタビュー記事がありますのでご紹介します。

たいして目新しいことが書かれているわけではありませんが、この秋の公開のヴィゴの新作3本すべてについて触れているので、ヴィゴ自身が話したとされているところだけを抜粋します。

まず記事の冒頭は、トロント映画祭でサットン・プレイス・ホテルのロビーで、ヴィゴがまわりをまったく気にせずにピアノを弾いているところに出くわした描写から、ヴィゴが多才であることを説明。

そして、Appaloosa の概要紹介と、ヴィゴのウェスタンについてのコメント。

 

続きを読む "ヴィゴ・モーテンセン Appaloosa を語る"

| | コメント (0)

Appaloosa LA プレミア

20080917117日にビバリーヒルズの Academy of Motion Picture Arts and Sciences で行われた、Appaloosa のLAプレミアの写真がたくさん出てきていますのでご紹介します。

プレミアに出席したのは、エド・ハリス、ヴィゴ、レネーのほか、エド様の奥様のエイミー・マディガンと、お嬢さんのリリー・ドロレス。このお嬢さん、とても賢そうで可愛いですね。

写真サイトは、どれも2ページ以上に渡っている場合がありますので、見落さないように気をつけてください。

まず、大きな画像を見ることができるところ
 Getty Images(Arrivalその他
 Wire Image(ArrivalArrival2Red CarpetScreening
 Abaca Press
 Yahoo! News
200809172  PR Photos
 daylife
 IESB.net

小さな画像のみのところ
 Globe Photos
 FilmMagic
 CelebrityPhoto.com

さすがにヴィゴは、ちょっと疲れているように見えます。

 

また、ETonline.com のこちらで、レッド・カーペットのインタビューのビデオクリップをご覧いただけます。
ダウンロード用のファイル(FLV形式、6.9MB)も用意しましたので、ご利用ください。

| | コメント (0)

まだ ドーヴィル映画祭

2008091312viggo-works で教えてもらいました。

ドーヴィル映画祭関連のビデオクリップがまだいろいろありますのでご紹介。

Toutlecine.com のこちらで、レッドカーペットと、エド・ハリスの業績を称える賞の授賞式のもようのビデオクリップをご覧いただけます。
また、viggo-worksのこちらで、sidhex3さんがダウンロード用のファイルを用意してくださっています。
このビデオクリップで、エド・ハリスがヴィゴを紹介しているところ、

信念、思いやり、知性、素晴らしい芸術的完全性を持ち、偉大な俳優で国際人である男、私が誇りを持って友人と呼ぶ男を皆さまに紹介するのは、私の名誉と特権です。ヴィゴ・モーテンセンです。

と言ってヴィゴの名前を呼んでいます。
また、レッド・カーペットのインタビューで、ヴィゴがヒッチのスカーフのことについて、「センチメンタル・バリュー」などと言うので、一瞬おぉっ、となったんですが、そのすぐ後に赤と青は好きな色だから、なんて言うから...smile

続きを読む "まだ ドーヴィル映画祭"

| | コメント (2)

ドーヴィル映画祭 画像追加

2008091311ヴィゴはどうやらロサンゼルスに帰ってきたようですが、まだまだネット上にはドーヴィル映画祭の新しい写真が出てきていますのでご紹介しておきます。

 PR Photos
 Exposy.com(フォトコールスクリーニング

どちらもほぼ同じ写真(クリックで大きくなります)だと思いますが、これまでの業績を称えた賞を受賞したエド様にヴィゴが祝福のキスannoykissmark なんていうシーンも。
おじ様同士のキスなのに、なんだか妙に色っぽいのはなぜsign02

 Abaca Press(フォトコールスクリーニング
 Bruno Press(Viggo の名前で検索)

おまけ

 Yahoo! News
(トロント映画祭のときに、ロイヤル・ヨーク・ホテルで撮影されたヴィゴのポートレイト)

| | コメント (6)

ドーヴィル映画祭 公式サイトの画像

2008091310記者会見のビデオはとっくにアップされたのに、写真の方は遅いと思ったら、ようやくドーヴィル映画祭の公式サイトに、13日の写真がアップされました。

ドーヴィル・アメリカ映画祭 9月13日の写真

ずっと下の方にスクロールしていくと、ヴィゴやエド様の写真がたくさんあります。

お借りしてきたのは、愛用のマテ茶セットを手にしたヴィゴの写真。

ファンサービスする姿など、自然な感じの写真が多くていい感じです。

| | コメント (2)

ヴィゴに関するビデオクリップいろいろ

トロント国際映画祭と、ドーヴィル・アメリカ映画祭関連のビデオクリップがいろいろとありますので、まとめてご紹介しておきます。

200809138まず、ドーヴィル映画祭関連。

filmsactu.com のビデオクリップ。
ダウンロード用 (41.9MB、mov形式)

エド・ハリスが今までの功績を称えた賞を受賞し、スピーチで感極まっているシーンや、ヴィゴがエドを称えているシーン、レッドカーペットでのヴィゴとエド・ハリスのインタビュー。

200809139 La Minute のビデオクリップ。
ダウンロード用(22.2MB、FLV形式)

レッドカーペットのインタビューがあります。

200809137 CineStarsNews.com のビデオクリップ。
ダウンロード用(29.8MB、FLV形式)

ひたすらファンにサインをし続けるヴィゴです。

また、purepeople.com のこちらで、フォトコールの写真のスライドショーを見ることができます。
リンク先で表示される写真をクリックすると、画面いっぱいの大きな画像でご覧いただけます。

 

続いて、トロント関係。

続きを読む "ヴィゴに関するビデオクリップいろいろ"

| | コメント (2)

ドーヴィル映画祭 Appaloosa プレミア

20080913513日の夜のプレミアの写真もご紹介しておきます。

Getty Images
Wire Image
Yahoo! News
Corbis(プレミアTribute to Ed Harris

200809136 フォトコールは黒でそろえたこの二人、こんどはグレーで統一。
ヴィゴのシャツは、最初ピンクかと思いましたが、大きな写真で見ると、赤と白の細いストライプなんですね。
やっぱりラペルには、ケイティーのペンダントだというハート型heart01のピンが。
じゃれてるしupwardright
すっかりご機嫌な感じです。

<フォトコールの追加>
zimbio.com

さらに、サンロレンソのシャツを着て、バルコニーにいるヴィゴの写真をこちらでご覧になれます。

| | コメント (2)

ドーヴィル映画祭 Appaloosa 記者会見

200809133ドーヴィル・アメリカ映画祭公式サイトのこちらに、ノーカットのApploosa記者会見のビデオクリップがアップされました。

ダウンロードできるファイルもご用意しましたので、ご利用ください。(FLV形式、89MB)

ヴィゴったら、記者会見場に入ってくるなりサンロレンソの旗を振ってアピール。

記者会見は司会の女性が通訳も兼ねていて、質問がフランス語だったら司会者が英語に翻訳し、答えの英語をフランス語に翻訳。質問が英語だった場合も、質問そのものをフランス語に翻訳してから、質問に答える、という方式でしたが、最初のフランス語の質問に、通訳をまたずにいきなりフランス語で答えそうになるヴィゴに、会場がちょっと沸いていました。

興味深かったのが、なぜケイティーにアリアドナ・ヒルさんをキャスティングしたのか、というエド・ハリスへの質問。
ケイティーは、いわば観客の視点から物事を見ている重要な役で、たくさんの女優さんたちを検討した。アリアドナさんの作品は、パンス・ラビリンスぐらいしか見たことはなかったが、彼女自身がプロモーションのビデオだったか写真だったかを送ってきて、その笑顔が素晴らしかった。また、ヴィゴとアリアドナが一緒に写っている写真を別の人が見せてくれて、その二人の間の感じがとても良かったから、とのこと。

200809134 この答えを司会者が通訳している間、エド・ハリスはヴィゴになにやら耳打ちしていたんですが、いったい何を話していたんでしょうね。

トロント映画祭の記者会見は、かなりバカな質問がでていましたが、こちらの記者会見は非常にまっとうで、しかも新しい質問がでていてなかなか良いですね。

ただし、記者会見が終了した瞬間、記者たちがヴィゴとエド様の二人のサインをもらおうと前のテーブルに殺到!
ついには、エド・ハリスが「下がって!、下がって!、あせらない!」と怒鳴ってるし coldsweats01
それでも、二人ともできる限りサインをしてあげてたみたいですね。

| | コメント (2)

ドーヴィル映画祭 Appaloosa フォトコール

2008091329月13日におこなわれた、第34回ドーヴィル・アメリカ映画祭の Appaloosa のフォトコールの写真が上がってき始めました。

ヴィゴとエド・ハリスの二人は、今度は衣装の色を黒に統一してきましたよ。happy01
コーディネートしてるんですかね?

とりあえず、気が付いた分だけ。

 Getty Images
 Wire Image
 Yahoo! News
 daylife

200809131 これらは、いずれもクリックで大きくなります。

トロントの画像では、いつものこの旗を見かけなかったので、どうしちゃったんだろう、失くしちゃったのかと心配(?)していたのですが、フランスにはしっかり持っていったようですね。

いまはまだ、12日の分までしか上がっていませんが、映画祭の公式サイトに、毎日の写真とビデオクリップのコーナーがありますので、これからここを要チェックです。

 公式サイト: Photos
 公式サイト: Videos

| | コメント (0)

デンマークのヴィゴの写真展についてのメールニュース(その3)

10月18日~11月16日の期間、デンマークのRoskildeで行われるヴィゴの展覧会について、Palæfløjen Roskilde Kunstforening からニュースメール第3弾が届いています。

どうやら世界中のファンからの問い合わせに目を白黒させているような感じ。wobbly
よくありそうな質問に答える形のメールニュースになっています。

入場料について: 入場料は無料で、事前に予約などは不要です。

作品: 作品のいくつかは販売する予定です。 モーテンセン氏にサインしてもらうことができる、展覧会についてのジャーナル特別号も販売する予定です。

展覧会の写真撮影について: 現時点では展覧会中にカメラを使用することが許可されるかどうは不明です。情報については後ほど。

他に、やはり宿泊についてはロスキレのツーリストインフォメーションに尋ねてほしいとか、場所の地図はこちらを見てほしいなどということが書かれています。

| | コメント (0)

ショーンに関するニュースあれこれ

Sharpes_peril2ここのところヴィゴに関するニュースばかりで、ショーン・ビーンについてはご無沙汰でしたが、少し関連するニュースが出てきていますので、まとめてご紹介します。

 

まず、Sean Bean Daily で教えていただいた、シャープシリーズ最新作 Sharpe's Peril についてのニュース。
ITV1のこの秋の新作ドラマのラインナップ紹介のPDFファイルを itv.com のこちらからダウンロードできます。
13ページ目に、上記の写真入りで Sharpe's Peril の紹介が出ています。

この資料には、放送予定日が書いてありませんが、以前にご紹介したとおり、DVDの発売が11月24日と決まっていますので11月ぐらいにイギリスで放送されるのではないかと思います。

 

次は、以前にもご紹介したショーンの新しいヨークシャーを舞台にしたTVドラマの撮影が、いよいよ始まったようです。

Telegraph & Argus 9月10日の記事によると、この9月10日より、ブラッドフォードの Lister Park の周辺で、ショーンも参加した撮影movie が始まったとのこと。
どなたか、撮影を目撃する人がでてこないかな?

 

最後に、昨年冬に撮影にはいるようなウワサが出たままそれっきりになってしまっている、ショーンがイギリスに攻め込むバイキングの役をやるはずの ”Last Battle Dreamer” について。

Sunday Mail の9月7日の記事によると、今年の後の方で撮影と書かれています。

記事自体は、マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソンが、かつてのライバル、元マンチェスター・シティー監督のスヴェン・ヨラン・エリクソンと共に、映画ビジネスに出資するという話で、その出資する映画が Last Battle Dreamer のようです。

あちらのサッカー業界soccer では、映画に出資するのがはやってるんですかね?

| | コメント (0)

ヴィゴに関するこぼれ話あれこれ

ヴィゴに関する、ちょっとしたエピソードなどがあれこれ出てきていますので、3つほどまとめてご紹介します。

最初は、昨日もニューヨークのAppaloosa上映会のところに追記した、なぜヴィゴがアフターパーティーの写真には写っているのに、レッドカーペットにはいなかったかについて。

People.comの記事より

トロントを出発する2便のフライトがキャンセルになったにもかかわらず、それでもヴィゴ・モーテンセンは、ソーホー・グランド・ホテルにおける映画協会とバニティー・フェアーの Appaloosa上映会のために、時間通りにニューヨークに着こうと何とかした。どうやって? この俳優はレンタカーに飛び乗って旅立ち、迅速な7時間のうちに到着した。「いっしょに何人かの友人がいたが、私がやったような方法は知らなかった。」とその俳優は私たちに語り、「ちょっとばかり、いつも自分がやるのより速く走ったんだ。」と認めた。

7時間もドライブrvcar して、文字通りニューヨークに駆けつけたとは、ヴィゴもタフですね。

お次は、今年の1月に紹介した、こちらの記事の続きの話

続きを読む "ヴィゴに関するこぼれ話あれこれ"

| | コメント (0)

トロント映画祭 Good プレミアのインタビュー

200809086もう一つ、内容が記事になっているビデオクリップがありましたので、ご紹介します。

Good のプレミアのレッドカーペットでのインタビューが、METRO.co.uk のこちらにアップされています。

これも、いちおうダウンロードファイルを用意してみました。

 

続きを読む "トロント映画祭 Good プレミアのインタビュー"

| | コメント (0)

CBS の The Early Show にヴィゴが登場

20080910the_early_showビデオクリップも山のように出てきていますが、ぜんぜん追いきれていません。

Erikoさんのところで、ビデオクリップを集中的にまとめてくださっていますので、今回のビデオクリップについてはErikoさんにおまかせいたします。

それでもせめてこれはご紹介を。

9月10日の朝に、CBSテレビの朝の番組、The Early Show にヴィゴが出演して、Appaloosa についてのインタビューを受けました。

CBSのこちらのサイトで、ビデオクリップをご覧いただけますし、話している内容もほぼ全部記事になっていますので、記事の方から訳してご紹介します。

 

続きを読む "CBS の The Early Show にヴィゴが登場"

| | コメント (0)

9月9日 ニューヨーク Appaloosa 特別上映会

200809091まだトロント映画祭関連のニュースをフォローしきれていないというのに、ヴィゴとエド様はニューヨークでプロモーション活動にいそしんでいたようです。

9月9日、The Cinema Society と Vanity Fair 主催による Appaloosa の特別上映会がニューヨークの Tribeca Grand でおこなわれ、またアフターパーティーが Soho Grand でおこなわれました。

お客様の中に、イライジャ・ウッドやジュリアン・シュナーベル監督がいます。

写真のリンクをご紹介しておきます。

<特別上映会>
 Getty Images
 Wire Image(3
 Abaca Press

<アフターパーティー>200809092
 Getty Images
 Wire Image(

daylife にもさっそく転載されていますね。

【追記】 Rex Features のパーティーの写真が楽しそうでいいですよ。
小さいままなのが残念!


ヴィゴとエド・ハリスの服装は、どちらもグレー系でまとめて、まるでおそろいみたいですね。wink

よく見ると、ヴィゴの写真はアフターパーティーしか出てきていないのですが、ヴィゴは特別上映会のレッドカーペットには参加しなかったのかな?

 

【追記その2】
New York Post の9月11日付けのこちらの記事によると、悪天候のためにヴィゴが乗ったトロントからニューヨークへの飛行機が遅れて、ヴィゴは特別上映会には間に合わなかったのだそうです。
でも、パーティーではファンをうっとりさせて、頬にキスをしてもらったある女性などは、「もう絶対に頬を洗わないheart04」 と言っていたとか。

しかも、People のサイトのこちらの記事によると、フライトがキャンセルになったにもかかわらず、ヴィゴはレンタカーを7時間も運転してニューヨークにたどり着いたようです。いつもよりもぶっ飛ばして走ったようですが、悪天候だったでしょうに、無事にニューヨークに着いてよかったですね。

| | コメント (2)

トロント映画祭 Good プレミアレポート(Q&A)

viggo-worksにアップされた Good のプレミアレポートの中から、特に上映後のQ&Aの部分をご紹介いたします。

chrissiejaneさんの写真(クリックで大きくなります)
(写真の無断転載はしないでください)

Ontarioさんのレポート

そして、大変に詳しいのが
Topazさんのレポート

Topazさんのレポートから、Q&Aの一部を省略してご紹介いたします。

 

続きを読む "トロント映画祭 Good プレミアレポート(Q&A)"

| | コメント (0)

トロント映画祭 Good プレミアレポート

2008090858日におこなわれた Good のワールドプレミアに参加されたヴィゴファンのみなさんのレポートや写真が、viggo-worksにいろいろ出てきていますので、かいつまんでご紹介します。

いつものように、写真などはご本人の許可無く転載したり絶対になさらないようにお願いいたします。

Chrissiejaneさんのレポート
Soccerjammiesさんのレポート
Ontarioさんのレポート
roadkillrabbitさんのレポート(レポート&写真追加の写真

Zooeyさんの写真(AppaloosaのレッドカーペットとGoodのQ&A)

 

続きを読む "トロント映画祭 Good プレミアレポート"

| | コメント (2)

トロント映画祭 Good ポートレイト&プレミア画像

2008090839月8日におこなわれた、Goodのプレミア関連の画像をご紹介しておきます。

<ポートレイトセッション>
 Getty Images
 Wire Image

<レッドカーペット>
 Getty Images
 Wire Image
 Yahoo! News
 Zimbio

200809084 <いろいろ>
 daylife

【追記】 取りこぼしていた写真サイトを追加しておきます。

 Abaca Press
 iPhoto

 

この日は生憎の雨だったにもかかわらず、ヴィゴはまたもや道路の反対側のファンのところまで行ってサインをしていたそうです。
いちおうスタッフが傘rain をさしかけてはいたそうですが、ヴィゴはすっかり濡れ鼠。

おかげでレッドカーペットのヴィゴはちょっぴりみすぼらしいことになっていますが、まあ、そこは水も滴るいい男sweat02ということで。

今回のラペルのピンは、カナダのカエデのようです。

| | コメント (0)

トロント映画祭 ピアノを弾くヴィゴ

200809082今日は帰ってきたのが非常に遅かったので、どこまでニュースを追えるかわかりませんが...

 

まずはこちらの、Good の記者会見がおこなわれた、サットン・プレイス・ホテルのロビーの一場面をご紹介します。

写真は、Yahoo! News(ロイター)から。
そして、記事は Toronto Star 9月8日の記事です。

 

 

続きを読む "トロント映画祭 ピアノを弾くヴィゴ"

| | コメント (3)

トロント映画祭 Appaloosa 記者会見ビデオ

200809058トロント映画祭公式サイトのこちらに、5日におこなわれた Appaloosaの記者会見のビデオクリップがアップされています。

リンク先で、左上の Apploosaのアイコンをクリックすると、まず予告編が流れて、その後に記者会見の模様をノーカットでご覧いただけます。

200809059 やはりヴィゴが爆笑していたのはタコスのくだりで、レネーの横でひっくり返って笑っています。

それから「ホラ吹きヴィゴ」のヒゲ栽培農場のところでは、きわめてまじめ~な顔をして話していますね。レネーは笑ってますが、エド様も澄ました顔をしています。

| | コメント (2)

トロント映画祭 ヴィゴの写真あれこれ

200809071もう、目が回りそうですが...wobbly

Wire Image のこちらに、9月7日におこなわれた Good のカクテルパーティーのヴィゴの写真があります。

左の写真は、共演のジョディー・ウィトカーさんとの2ショット。

ヴィゴは例のTシャツを着ていますから、この後、このまま The People Speak の上映会に参加したのでしょう。

ヴィゴ以外のジェイソン・アイザックスの写真など、パーティー全体の写真はこちらです。

 

200809081 もう一つ

viggo-worksでちょっと前に、ヴィゴがサンロレンソ100周年の記念のTシャツをデザインしたらしく、そのデザインは Perceval Press のトップページに数ヶ月前から貼ってある、バラの花にサンロレンソのエンブレムとカラスの絵柄がそれだ、と話題になっていました。

やはり Wire Imageのこちらに出てきた、9月8日のロイヤル・ヨーク・ホテルでおこなわれた、Appaloosa の記者会見のヴィゴの写真。

ヴィゴが着ているTシャツがそのTシャツのようですね。

こちらも、エド・ハリスとレネーも含めた写真はこちらです。

ヴィゴも連日、大忙しですね。

| | コメント (2)

トロント映画祭 Appaloosa こぼれ話(その2)

次から次へと、いくらでもネタがでてくるので追いかけるのも本当に大変なのですが、また面白い記事があったのでご紹介します。

EW.com の POPWATCH BLOG の9月7日の記事より

ヴィゴにまたチョコレートで餌付け(?)された記者が出たようです。wink

 

続きを読む "トロント映画祭 Appaloosa こぼれ話(その2)"

| | コメント (0)

トロント映画祭 Appaloosa プレミアレポート(その2)

5日の Appaloosa のプレミアに行かれた roadkillrabbitさんのレッドカーペットのレポートと、素晴らしい写真が viggo-worksにアップされています。

いつものように、写真はご本人の許可無く、転載はなさらないでください。

roadkillrabbitさんのレポート(写真つき) & 追加の写真

このレポートには、とても素敵なエピソードがありましたので、これもちょっとご紹介しましょう。
 

【追記】 その前に、Ontarioさんが舞台挨拶で撮影した写真もアップしてくださっているので、これも追加しておきます。

 

続きを読む "トロント映画祭 Appaloosa プレミアレポート(その2)"

| | コメント (0)

トロント映画祭 The People Speak のQ&Aにヴィゴも登場

9月7日に Isabel Bader Theater でおこなわれた、ハワード・ジンの ”The People Speak”の上映および関係者によるトーク
プログラムにはヴィゴが参加すると書かれていませんが、飛び入り参加したようです。

viggo-works に Ontarioさんが写真入のレポートをアップしてくださっていますので、内容をかいつまんでご紹介します。

いつものように、Ontarioさんが撮影された写真は、ご本人の承諾なしに他所にアップしたりしないよう、お願いいたします。

 
 

続きを読む "トロント映画祭 The People Speak のQ&Aにヴィゴも登場"

| | コメント (2)

トロント映画祭 Appaloosa こぼれ話

200809057追加のレポートなどから、興味深い話をいくつかご紹介します。

 

まず、viggo-worksにアップされた、Zooeyさんのレポート

残念ながら、5日のAppaloosaのプレミアのチケットを取りそこなった Zooeyさんは、ご主人といっしょに会場の劇場の道路を挟んだ反対側に陣取っていました。
周りのファンのみなさんとともに、一生懸命ヴィゴを呼んだところ、すでにレポートで報告があったように、ヴィゴはフェンスを飛び越えて、道路の反対側まで走ってきてくれたのだそうです。
ちょうどそのとき、幸いなことに車の流れも途切れていたのだとか。

Zooeyさん共々、ヴィゴに握手してもらったご主人が、ヴィゴにラペルにつけているハート型のピン(上の写真。元のヴィゴのアップの写真はこちら)の意味について尋ねたところ、ヴィゴの返事は「映画を見てよ。この映画に出て来るんだよ。」とのこと。

このハート型のピンは、実は Appaloosaの中で、アリアドナ・ヒルさん扮するケーティーのペンダントトップらしいのです。
Appaloosaのトレイラーでエヴァレットがケーティーの首にペンダントをかけてあげようとするシーン(残念ながらペンダントトップは見えない)がありますが、あれがきっとそうですね。

プレミアには参加していないアリアドナさんの分身として身に着けていたのでしょうか?

ひとしきりファンサービスをしたヴィゴは、車を縫うようにして劇場側に戻っていったそうです。

 

そして、もう一つは大変ラッキーな greenteaさんのレポート

続きを読む "トロント映画祭 Appaloosa こぼれ話"

| | コメント (3)

トロント映画祭 Appaloosa関連画像

200809056トロント映画祭の Appaloosa関連の画像で、気が付いたものをご紹介します。

CTV.ca(記者会見記者会見会場の外(2枚あります)、レッドカーペット

Jezebel のブログ(記者会見会場の外)

ShoVine のTIFFブログ(記者会見会場の外)
 禁煙サインnosmokingの前でタバコをくわえるヴィゴannoy
 サインに応じる、エド、ジェレミー、ヴィゴ
 サインに答えるエドのビデオクリップ

Solutaさんが flicker にアップしている写真(記者会見場の外)
 素敵なヴィゴのアップと、エド・ハリスと一緒にタバコの写真

TimeWarp(日本語の記事)
 すでに見た写真ばかりですが、ウォーターマークなし

CNW News(プレミア)

Gloobe Photo(プレミア)

Zimbio(プレミア)

 

記者会見会場の外で、サインに応じているヴィゴの髪が風になびいているのがなかなか素敵なんですが、No Smoking サインの前でタバコsmokingをくわえているのは!!

 

| | コメント (0)

トロント映画祭 Appaloosa プレミアレポート

200809055viggo-worksに、Appaloosaのプレミアに行かれた方のレポートがいくつも上がってきましたので、内容をかいつまんでご紹介いたします。

写真入のレポートもありますが、これらの写真はそれぞれの写真を撮影された方の許可無く転載することは絶対になさらないでください。

Sajazzさんのレポート(写真付き)
Topazさんのレポート(その1その2
Ontarioさんのレポート
Valery Santillanaさんのレポート(写真付き)

 

続きを読む "トロント映画祭 Appaloosa プレミアレポート"

| | コメント (0)

トロント映画祭 Appaloosa 記者会見

2008090549月5日の午後に、Sutton Place Hotel でおこなわれた、Appaloosaの記者会見の爆笑コメントについて、ご紹介します。

ニュースソースは主として nationalpost.com です。

 

続きを読む "トロント映画祭 Appaloosa 記者会見"

| | コメント (2)

トロント映画祭 Appaloosa プレミア

200809051トロント国際映画祭で、9月5日、Appaloosa のワールドプレミアが行われました。

プレミアに先立ち、記者会見がおこなわれ、記者会見の写真や、レッドカーペットの写真がどっと出てきています。

記者会見のおもしろいやり取りの記事などもでているのですが、これからちょっと外出するので、とりあえず画像のありかだけ紹介しておきます。

<記者会見>
Getty Images
Wire Image
Abaca Press
Globe Photos
(Globe以外は、ウォーターマークつきながら、クリックで大きな写真をご覧いただけます。)

上の写真のように、まじめな顔のヴィゴもあれば、なにやら爆笑しているヴィゴの写真もあります。
エド・ハリスがレネーを襲って(爆)ますし。happy02

 

200809052 <レッドカーペット>
Getty Images
Wire Image
Abaca Press

パリッとしたスーツ姿も麗しいヴィゴです。

 

<いろいろ>
Yahoo News!(クリックで大きな写真と記事)
Corbis(Viggoの名前で検索。スクロールしていくと、今のところ記者会見の写真が1枚。クリックで大きな写真)
daylife(ウォーターマークなしの大きな写真)
newscom(Username: NCFOTONA、Password: Guest でログインして、Viggoの名前で検索)

 

200809053 <フォトセッション>
Getty Images
Wire Image (こちらは昨日も紹介済み)

このフォトセッションの写真は見れば見るほど、兄弟のポートレートのようですね。happy01 (daylife に大きな画像があります。)

 

記者会見の模様や、もう出てきているであろうレポートの紹介はまた後ほど。

| | コメント (2)

トロント映画祭 初画像&ビデオクリップ

20080904edandviggoトロント映画祭がいよいよ開幕です。

さっそくヴィゴの画像やビデオクリップが登場です。

左の写真は、At Movies の9月4日のブログから。
エド・ハリスとヴィゴの間にいるのは、Ben Lyonです。

 

2008tiffet Canada.com のこちらには、ET Canadaで放送された、ヴィゴのインタビューのビデオクリップがあります。

モントリオール・カナディアンズのファンであるヴィゴに、トロント・メイプルリーフのキャップを触らせようとするのですが、ヴィゴは触ることを断固拒否!wink

このビデオクリップはダウンロードできるようにしました。(6.05MB、FLV形式)

ヴィゴはまた若返ったみたい。あと1ヶ月ちょっとで50歳になるとは信じられないですよね。

【追記】 WireImage のこちらに、ヴィゴ、エド・ハリス、ジェレミー・アイアンズ、レネーの4人がそろったポートレートが2枚出てきました。

ついでに、New York Post のエド・ハリスのインタビュー記事によると、トロントで公開される劇場公開版は2時間以内(114分)に収めてありますが、2時間20分版というのもあるのだそうです。
エド自身は、長いほうのディレクターズカット版を、DVDで出せたら嬉しいのだけれど、と言っています。ぜひ、ディレクターズカット版も出してください!

| | コメント (2)

Appaloosa の4枚組みポスター

Appaloosa_41 Appaloosa_42

Appaloosa_43 Appaloosa_44

Erikoさんのところで教えていただきました。

IMP Awards のこちらに、Appaloosaの素敵な4枚組みのポスターの画像があります。

エド・ハリス、ヴィゴ、レネー、ジェレミー・アイアンズの4人それぞれのプロフィールを並べただけですが、渋くていいですね。

リンク先の下の方に、小さなサムネイルがありますが、これを1回クリックして大きめの画像を表示させ、さらにその右側にある緑の地に黒い+をクリックすると、大きくて高解像度の画像をご覧いただけます。

| | コメント (0)

ソープオペラのヴィゴ

Searchfortomorrowヴィゴが若い頃、いわゆるソープオペラ(日本でいったら昼ドラ)にちょい役で出演していたことは知っていましたが、その時の各エピソードをダウンロードして見ることができることを、viggo-wokrsで教わりました。

ヴィゴが出演していたのは、”Search for Tomorrow” という1951年から1986年まで続いた番組で、ヴィゴが Bragg という役で出演したのは1985年。

SoapWorld Classic Soaps というサイトでダウンロードすることができます。

ヴィゴの出演回は、今のところ
 Episode 8821-Monday,October 14,1985
 Episode 8830-Friday,October 25,1985
 Episode 8831-Monday,October 28,1985
 Episode 8832-Tuesday,October 29,1985
 Episode 8840-Friday,November 8,1985

の5回。ビデオクリップがかけている8819回にもヴィゴが出ているらしいです。

 

【追記】 今日追加された、第8841回(Monday,November 11,1985 )にもヴィゴが出ています。この回は、8分ごろと16分ごろに登場。
この回のヴィゴは、角度によってはとてもヘンリーに似てますね。やっぱり若いときのヴィゴの方が似て見えるのかな。
この分だと、まだこれから追加される回にも出ていそうですね。

また、springさんがヴィゴの出演シーンのみをつなげたクリップを作ってくださっていますので、springさんのLJをご訪問ください。springさん、ありがとうございました。

 

各回とも、ファイルサイズは100MBをちょっと超えます。
今のところ、私が中を確認したのは第8821回だけですが、この回では15分ごろと17分20秒ごろに登場します。
なんだか怪しいチンピラのように見えるんですが...coldsweats01

| | コメント (15)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »