« ドーヴィル映画祭 レポート | トップページ | 「あぁ、結婚生活」 »

Appaloosa関連 スキャン画像ほか

Appaloosa のLAプレミア関連などのビデオクリップが多数出回っているようですが、教えていただいたものをダウンロードするのがやっとで、中身の確認までできていません。coldsweats01

ビデオクリップについては、Erikoさんのところでまとめてくださっていますので、そちらを参考になさってください。

 

Appaloosa関連の写真入り記事のスキャン画像が viggo-works にいくつかアップされていますのでご紹介しておきます。

まず、The Toronto Star に掲載された新聞広告
よく見ると、Boston Film Festival 2008 の Best Film受賞と書かれています。

映画祭の公式サイトはとても更新が遅くて、Appaloosaがオープニング作品だということは書かれていますが、Best Filmに関する記述はまだでていないようです。

 

次は、People誌に掲載されたレビュー。
こちらは、残念ながらどの号かはわかりません。

 

もうひとつは、Entertainment Weeklyに掲載されたレビュー
こちらは、2008年9月26日号(#2013)だそうです。

 

山のようにでてきている、レビュー記事を斜め読みしているのですが、トロント映画祭のワールドプレミア直後は厳しい内容のレビューが目立っていましたが、最近のレビューは結構評価しているものが多いようです。
特にヴィゴについては褒めているものがほとんどですね。エヴァレットという役は、非常に寡黙な男なので、セリフよりも目やボディランゲージだけの演技が特に光っているそうです。

 

ちょっと興味深かったのが、Portfolio.com に掲載されている、Hollywood Deal というブログに書かれている9月19日の記事

New Line Cinema がワーナー・ブラザーズに吸収合併された今年の2月頃の時点では、あまり人気があるジャンルとは言い難い Appaloosa は、そのままお蔵入りになってしまうか、DVDスルーで終わりそうだったというのです。
New Line Cinemaの中でもエド・ハリスのスポンサーだった幹部がこの合併で解雇されたため、合併後に最初にワーナーのマーケッティング担当役員と会った時の感触は、エド・ハリスによると相当悪かったようです。

ところが、New Line Cinema制作の「セックス・アンド・ザ・シティー」と「センター・オブ・ジ・アース」の2作品の興行成績が良く、またワーナーの「ダークナイト」が記録的なヒットとなったことから風向きが変わってきて、さらにワーナーの幹部に熱心なウェスタン・ファンがいたことから、どうにか劇場公開にこぎつけたのだとか。エド・ハリス自身も、直接この幹部にアピールしたそうですが。

いったん公開することに決まってからは、そこはさすがにワーナーで、宣伝もきっちりと抜かりがないのは今まで見てのとおり。

「現在トロントの後、ワーナーは本気でこの映画の成功のために投資するつもりのようだ。」とロンドン(訳注:Appaloosaのエグゼクティブ・プロデューサー)は付け加えた。

これが素晴らしい興行収入やロングランを保証するものではない。だがハリスはニューラインの厳しい時代が彼の映画を押しつぶさなかったことを感謝している。

「これは生き残ったんだ。」と彼は簡潔に言った。

DVDスルーにならなくて良かったですね。どうか日本でもDVDスルーなんてことではなく、ちゃんと劇場公開してくれますように。

|

« ドーヴィル映画祭 レポート | トップページ | 「あぁ、結婚生活」 »

Appaloosa」カテゴリの記事

Ed Harris」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん、いつもありがとうございます!
「Appaloosa」がDVDスルー寸前だったなんて…
制作会社や配給会社の、気分一つで変わるなんてショックです。
ワーナーが乗り気になってくれたのなら、何とか日本のシネコンで観られるようになって欲しいものです。

あ、例の8847回の件は、本当にいつでも結構ですので…


投稿: spring | 2008.09.21 01:36

>New Line Cinema がワーナー・ブラザーズに吸収合併

 このニュースが流れた時には「Appaloosa」の公開について何か影響がありそうと思ったのですが、ここまで深刻な影響があったのですね。
 とにかく公開にたどりついて本当に本当に良かった。
 評も決して悪いものではないので、ハリス監督も一安心かしら? 後は損害を与えない収益があがることですね。

投稿: mizea | 2008.09.21 21:48

springさん
ショービジネスの世界って、頑張っただけではどうしようもないものがあるのですね。
でも、この過酷な環境を見事に生き延びた Appaloosa はそれだけ強運だということなのでしょう。

mizeaさん
大ヒットは望めないものの、そこそこの興行成績はだせそうな感じですよね。
ウェスタンが好きな人ならぜひ見ておくべき映画、というのが評価の平均的なところでしょうか。
それに、ヴィゴはほとんどのレビューで褒められているのが嬉しいんです。

投稿: punkt | 2008.09.22 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドーヴィル映画祭 レポート | トップページ | 「あぁ、結婚生活」 »