« アイスランドレポート(その2) | トップページ | アイスランドレポート(その4) »

アイスランドレポート(その3)

<SKOVBO オープニング当日:5月31日(土)>

さて、アイスランドレポートの一番肝心な部分、SKOVBOオープニング当日です。 
長くなりそうなので、オープニングの直前まででいったん切りますね。

オープニングについて分かっているのは、一般のオープニングが14:00からおこなわれることと、土曜日は写真美術館のある建物が開くのが13:00であるということだけです。

前日、viggo-worksのメンバーの方何人かとはじめてお会いしたのですが、みなさんも様子を見に行くのは12時ぐらいかしらねぇ、と言っている状態。

お店などが開くのも10:00からなので、比較的のんびりした朝を過ごします。

10時過ぎ、私はホテルの地下にある遺跡の博物館(Reykjavik 871±2)を見学に。

A.D.871年(±2年)に噴火した火山の灰の層直下から見つかったという、昔の建物の跡が、発掘された姿で展示され、周りに同じ地層から発掘された道具などが展示されていて、アイスランド語の他、英語の説明もあるのでとても良くわかりました。

ガイドブックなどでも説明されていますが、Reykjavik という地名は、バイキングの言葉で「煙たなびく湾」という意味で、当時もこの土地のあちこちから温泉の湯気spaが立ち上っていたので、この名前が付けられたのだそうです。
そういえば、私たちが泊まっているホテルのマークも、いわば温泉マークです。

30分ほど博物館を見たあと、図書館(写真美術館)の前に行ってみますが、もちろんドアは閉まったまま。ときどき様子を見に来る人々がいますが、やはりドアが閉まったままなのですぐに立ち去っていかれます。

早々と並ぼうなどという人はいない感じだったので、時間つぶしに港の方へ。

簡単な朝市のようなものがあって、いろいろなお魚が売られていて面白かったです。
アンコウ、タチウオ、カレイ、エイ、イカなどがありました。
この日の夕方からちょっとしたフェスティバルがあるらしく、さかんに屋台やらテントやらが準備されていました。

ちょっとびっくりだったのが準備中の屋台で、クレジットカードのリーダーを用意していたこと。
アイスランドはアメリカ以上にクレジットカード社会だと、ネットで書かれているのを読んだのですが、なるほど、臨時の屋台でもクレジットカードOKなようです。
小額決済にクレジットカードを使うこともまったく問題なく、実際、ソフトクリーム一個をカードで支払っているのも目撃しました。

その後、図書館前の動向を気にしつつも、まだ人がいないようなので早めにお昼を調達しに。
サンドイッチとジュースを買ってきて、ちょっとした広場のベンチで軽く腹ごしらえです。

12時過ぎぐらいから、なんとなく図書館の入口前に人がちらほらたむろしだしたので、私たちもそのあたりへ。でも1時近くなっても20人もいなかったような気がします。

1時になると、いよいよ建物自体が開館。

入口を通って、エレベータホール(階段もそこにあります。)に行こうとすると、そこは警備員の方が立っていて、なんと14:00まではプライベートレセプションとの張り紙があるではありませんか。

1時から2時の間は、招待状を持った招待客だけが写真美術館に入ることができて、一般客は6階に近づくこともできません。

それでも、2時まで待つ間、建物の中に行列することができましたので、寒い思いをすることもなく、トイレにも行けるし、楽に待つことができました。

招待客のみなさんは、なかにはいかにも芸術家風な人もいらっしゃいましたが、ほとんどがごく普通の地元の方という感じで、けっこう子供連れも多かったのが印象的。

2時まで待っている行列も、思ったほど人数は増えず、なんだかとってものんびりした雰囲気です。

やがて警備員の方が、2時に一般向けにオープンした後、3時からヴィゴがサイン会をすると全員に知らせてくれたので、「良かった、これで用意してきたプレゼントも手渡せる。」と思いました。

今回、ヴィゴにプレゼントpresent を用意するにあたっていろいろ考えました。
小さなものでも手作りのものならヴィゴは喜んでくれるかもしれない、と考えて思い出したのが、HoVのジャパンプレミアのときのayaさんのミサンガ。

Missangas ayaさんのように綺麗にはできませんでしたが、自分で編み図を起こして、SKOVBOとサンロレンソのミサンガに、Tシャツ型のチャーム(モントリオール・カナディアンズのジャージをまねて、ヴィゴがファンらしいアレックス・コバレフの背番号を入れたもの)を作ったんです。

これを、透明な封筒にカードを台紙のようにして入れたものを用意しました。

ヴィゴが気に入ってくれるといいんだけど...ちょっとどきどきしながら、まもなく時計は2時です。

|

« アイスランドレポート(その2) | トップページ | アイスランドレポート(その4) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アイスランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイスランドレポート(その2) | トップページ | アイスランドレポート(その4) »