« STUDIO誌 の The Road の記事 | トップページ | ヴィゴ・モーテンセン - 今週の人 »

アイスランドレポート(最終回)

<帰国 :6月3日(火)>

これでアイスランドともお別れです。

 

アイスランドからコペンハーゲン行きの飛行機は、朝7:45発ととても早いので大変です。
空港までは到着時と同じ空港バス Flybus を利用しますが、ホテルでピックアップしてもらうためには前日の早いうちにホテルのフロントで予約しなければなりません。

私も、前日、朝食前にフロントに寄って、ホテルピックアップの最も早い便、朝5:00の便を予約。ホテルピックアップを使わずに、直接バスターミナルに行けば、もっと早いバスもあります。

もう一日滞在するS様とホテルでお別れして5時ちょっと過ぎにピックアップしてもらい、またバスターミナルで大型バスに乗り換えます。
あちこちから集まってくるお客さんを乗せて、5時15分ごろバスは出発。
6時頃にケフィラヴィック空港に到着です。

空港の免税店で会社へのお土産を物色しますが、チョコレートはどれもヨーロッパの他の国のものばかりなのがちょっと残念。帰りもコペンハーゲンでいったん荷物をピックアップして再チェックインが必要で、セキュリティーゲートを通らなければならないので、お酒などの液体物を買うわけにも行きません。

ゲートに向かう時間ぎりぎりに搭乗口に向かいましたが、これが正解。
国内線とかわらない扱いのコペンハーゲン行きの搭乗口は、通路にいきなり搭乗口があって、椅子なんてなかったんです。

Iceland 離陸後、席が窓側でしたので最後のアイスランドの景色を窓から撮影。
荒々しい大地は、他のどことも違う不思議な景色です。

3時間のフライトで、飛行機はデンマーク上空へ。
こちらはアイスランドとは打って変わって、真っ平らで緑豊かな牧草地や畑が続き、ところどころ森がある以外は、見事にすべて人の手が入った場所という感じ。
北欧といってもぜんぜん植生も土地のありようも違うんですね。

コペンハーゲンで再チェックインしたら、座席番号がなくてちょっとドキッとしましたが、搭乗口前のカウンターで登場開始時間の15分前ぐらいに座席番号を入れてもらうことができて一安心。
後は家までとても順調に帰ることができました。

 

今回のアイスランドの旅は、ほんとうに素敵な経験ができました。

短い滞在でしたが、アイスランドの人たちは穏やかでフレンドリーな感じがしました。あまり人懐っこいほうではないようですが、暖かい感じがするのです。

アイスランドは水道の水もとてもおいしいですし(日本と同じ軟水です)、漁業が盛んなのでシーフードpiscescancer もいろいろあって、日本人にはなじみやすいかもしれません。

「指輪物語」にも多大な影響を与えたサガとかサーガと呼ばれる北欧の伝承文学のうち、かなりの部分がアイスランドで編纂されたものということですから、「指輪物語」のふるさとの一つとも言えますね。
アイスランド語には、他の北欧の国ではもはや使わなくなってしまった、ルーン文字の þ も残っていたりします。

アイスランドには、人里はなれた場所で、今でもエルフが住んでいるところがあると信じられているのだとか。

アイスランド馬は、バイキングがあの島に持ち込んで以来、他の種類の馬と交雑しないで昔の血筋をそのまま伝えているのだそうです。
ですから、アイスランドにローハンの面影を見るのも合っているのかも。

次は、オーロラの季節にまた行きたいものです。

ここまで読んでくださったみなさま、長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。

|

« STUDIO誌 の The Road の記事 | トップページ | ヴィゴ・モーテンセン - 今週の人 »

アイスランド」カテゴリの記事

コメント

レポートありがとうございました。最後までとても興味深く読ませて貰いました。
アイスランド、これまで地の果てのような国という気がしてましたが、今ではまるで行ってきたような(笑)親しみを感じてます。
会期中、たくさんの方がヴィゴの作品に出会えるといいですね。
(エルフの影を見たって、上のインタビューで答えてましたが、一瞬、オーランドでもいたかと思いました(笑)そうか、アイスランドのエルフねぇcatface

投稿: アンバー | 2008.06.13 15:26

punktさん、こんにちはtulip

その節は有難うribbonございまいした。

「アイスランドpenguinのレポ」全て拝見させていただきました。
色々な事で自分で見落としているところが当然ありましたので
非常に興味深かったです。

個人的には「馬carouselponyに乗られたお話」がとっても面白かったnoteです!
Viggoが以前に立ち寄った所、というのも素晴らしい偶然ですが
あのアイスランドの自然の中を馬で歩いてみるのは
気持ちよかったでしょうね・・・・・!

私も今度は「オーロラの季節」に再訪してみたいです。

たくさんのレポート、有難うribbonございました。

投稿: かづちゃん | 2008.06.13 17:36

アンバーさん
長々と書いたものをお付き合いくださってありがとうございます。
私は残念ながらエルフには遭遇しませんでしたけど(チョコレートの妖精さんには会えましたがsmile)、アイスランドにはちゃんとエルフがいるそうです。

かづちゃんさん
こちらこそ、素敵な場所でお会いできてうれしかったです。
かづちゃんのレポートの続きも、お待ちしていますよ。

投稿: punkt | 2008.06.14 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STUDIO誌 の The Road の記事 | トップページ | ヴィゴ・モーテンセン - 今週の人 »