« ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭 2008 | トップページ | ”The Road” 撮影現場訪問レポート »

汚くてもやっぱり素敵

”The Road” の撮影状況のニュースです。

The Meadville Tribune の5月2日の記事によると、この週末は予定通り Conneaut Lake Park で撮影が行われているようです。
普通だとやっかいものの雨も、量がたいしたことがなければ雰囲気にあっているのでまったく問題にならないとのこと。

撮影現場をチラッとでも見ようと接近を試みる人もいるようですが、がっちりと警備されていて、丁重に撮影現場から外に送り出されているとのこと。

Conneaut Lake を水上スキーが通って撮影が中断、などということもあったようですが、順調に撮影はおこなわれているようです。

この週末の撮影の後、ニューオリンズで2日間、オレゴンで7日間の撮影が予定されているそうです。

 
もう一つ ”The Road” に関連して、GoErie.com の5月4日の記事をご紹介します。

こちらは、3月にピッツバーグの撮影にエキストラとして参加した、21歳のキャロリンさんの話。

やせた人をエキストラとして募集という条件に、165cm、44.5kg弱のキャロリンさんはぴったり。
セットに13時間いたものの、本当に撮影したのは1時間程度で、しかもかなり過酷な役だったようです。(詳しくご紹介するとネタバレなので、詳細は省きます。)

でも、ヴィゴはどうだったのでしょう? 「ロード・オブ・ザ・リング」のいい男に彼女は会ったのでしょうか?

「私は彼から5フィート(1.5メートル)のところまで行きました。」と彼女は言った。「私が地下室に歩いていくときに、彼はそこに立っていました。彼は汚れているように見えて、大きなあご髭がありました。でもやっぱり素敵でした。それはその日の私にとってハイライトでした。」

汚れていても、髭だらけでも、息子ほどの年の女の子から見ても、ヴィゴはやっぱり素敵heart04 なんですね。

|

« ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭 2008 | トップページ | ”The Road” 撮影現場訪問レポート »

The Road」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

 翻訳ありがとうございます。 一番最後のエピソードはちょっとかわいいですよね。
 この記事昨日くらいに出先でピッチで見ていて、
>The 5-foot 5-inch, 98-pound junior fit the bill perfectly.

 5-foot 5-inchはなんとなくわったのですが、98-pound が見当つきませんでした。 痩せているのはわかったのですけど、この記事で一番 意味(kgに換算)を知りたかったのはこの単語でした。(^^ゞ  意味のわからない単語はもちろんほかにたくさんありますがっ。


 しかし、エキストラとはいえ、しんどい撮影のようですね。

投稿: mizea | 2008.05.05 23:41

mizeaさん
98ポンドの換算がお役にたって何よりでした。
1ポンドは450グラムなので、ポンドの数字を半分にして1割減らせばキログラムです。

撮影って、待ってる時間がやたらに長いんですよね。

投稿: punkt | 2008.05.05 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭 2008 | トップページ | ”The Road” 撮影現場訪問レポート »