« ヴィゴのインタビュー、オーディオクリップ | トップページ | これは本当に映画の一場面? »

"The Hobbit" の監督が正式に決定

Pj_deltoro Variety(英語版やや簡略な日本語版)の記事や、Stuff.co.nzなどで報じられていますが、LOTRの前段の話になる ”The Hobbit”(ホビットの冒険)とその続編の監督が、「パンズ・ラビリンス」や「ヘルボーイ」のギレルモ・デル・トロに正式に決定したそうです。

左の写真は製作総指揮をとるピーター・ジャクソンとデル・トロ監督の2ショット。

現在、7月公開予定の「ヘルボーイ2」の編集に大忙しとのことですが、それが済んだらニュージーランドに移り住んで、4年間かかけて2本の映画を作成する予定とのこと。

1本目は「ホビットの冒険」に基づく作品で、2本目は「ホビットの冒険」とFOTRの間の数十年間の話なのだそうです。

脚本bookは、まだこれからとのことですが、ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエンと、ギレルモ・デル・トロ監督が共同で執筆することになりそうだと報じられています。
2011年、2012年の公開を予定。

 

また、TORn のこちらに、さっそく、デル・トロ監督にインタビューした内容が掲載されています。

そのインタビューによると、現在、キャストとしては、アンディ・サーキスとサー・イアン・マッケランについては、細かな事務手続きを残して参加がほぼ決定とのこと。
サーの公式サイトには、すでに2010年の予定に、The Hobbit と入っています。)

【追記】 アンディ・サーキスの公式サイトの2010年の予定にも、すでに The Hobbit が記載されています。

 

今回製作する続編の方については、デル・トロ監督は、単なる間を埋めるつなぎの話ではなく、このストーリーの世界に必要欠くべからざる部分なのだ、と言っています。

ロード・オブ・ザ・リング3部作と合わせて、全部で5部作の一続きのストーリーとなるのだ、とのこと。

また、すでにハワード・ショア、ジョン・ハウなどとも連絡をとっていて、来週にはアラン・リーとも会うそうです。
これらの人々が、作品の世界を作るのに欠かせないからと言っているので、LOTRの世界観にしっかりリンクした作品を目指しているようですね。

シャイア(のセット)に、また木や植物を植え始めようともしているようです。

 

ホビットの冒険とFOTRをつなぐ続編の内容が大いに気になります。

指輪物語の追補編の年表によれば、この間の話といえば、アラゴルンが成人してアルウェンと出会いheart02、またソロンギルの名前でゴンドールで活躍した頃にあたります。
幼いボロミアとかも出てくるんでしょうか?

ヴィゴがまたアラゴルンをやる可能性はあるのでしょうか?
LOTR3部作よりも若いアラゴルンだから、ちょっと難しいのかなぁ?

|

« ヴィゴのインタビュー、オーディオクリップ | トップページ | これは本当に映画の一場面? »

LOTR」カテゴリの記事

The Hobbit」カテゴリの記事

コメント

punktさん
デル・トロ監督のインタビュー訳、ありがとうございます。
PJと兄弟みたい(笑) ホラーチックな映像も似ていますし
楽しみですね。 
しかし4年後… ヴィゴも50歳を迎えてしまうし難しいでしょうか?
イライジャもカメオでいいから出たいと言っていますもの
キャストは若い俳優になるにしても(スターウォーズの様に)
カメオでいいから出て欲しいですわ! PJは絶対出ますって。
まだこれから脚本ですものね、 気を長~くしてまちますnote

投稿: spring | 2008.04.27 22:03

punktさん
情報ありがとうございます。
嬉しいです。
数年後の映画を楽しみに、これからしばらく頑張れそうです☆

投稿: xiumei | 2008.04.27 22:18

springさん
>PJと兄弟みたい(笑) ホラーチックな映像も似ていますし楽しみですね。
デル・トロ監督の作品は見ていないのですが、PJと似通った匂いを感じているので、なかなか良さそうだと思っています。
LOTRの仲間たちには、ほんとうにちょこっとでもいいから出てもらいたいですね。

xiumeiさん
すご~く楽しみですよね。
2011年なんてだいぶ先ですが、いったいどんな作品になるのかなぁ~notes

投稿: punkt | 2008.04.27 23:18

 楽しみです。 単純に。ヘルボーイは見ていませんが、パンズは見まして(アラトリステの彼女も出ているし)、PJと似通っている感じもしますがまたちょっと根本的に違う感じもします。

 アラゴルンがもし出るとしても、ヴィゴさんかな~? CGでしわを消したら(コラコラ)というわけにもいかないでしょうし。 もしも若い俳優を採用となると、ものすごい争奪戦でしょうね。 

投稿: mizea | 2008.04.28 00:19

わたしも「パンズ・ラビリンス」しか観ていませんが、やや毒気も含んだ映像が素晴らしかったし、人間の描き方、特に悪役の捉え方がとっても気に入りましたので、デル・トロ監督に決まったのは嬉しいです。
ぜひとも観なくちゃ♪ と思います。

でも・・・アラゴルンがメインで、しかもびごさんじゃない俳優さんだったら。。。
観るにはかなりのカクゴが要りそうです。。。うう。

投稿: mate_tea | 2008.04.28 23:24

mizeaさん
パンズ・ラビリンス、そうえいばアリアドナさんが出演しているのでしたね。
アラゴルン、気になりますよね?

mate_teaさん
アラゴルンはやっぱりヴィゴのもの...と言いたくなりますよね。

投稿: punkt | 2008.04.28 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィゴのインタビュー、オーディオクリップ | トップページ | これは本当に映画の一場面? »