« ドムだって写真展 | トップページ | Sharpe's Peril の共演者? »

「アメリカを売った男」と...

Breachアメリカを売った男
原題:BREACH

クリス・クーパーが実在の二重スパイを演じるのが見たくて、土曜日、初日を見てきました。

2001年2月18日、25年間FBIに勤務してきたFBI特別捜査官ロバート・ハンセンは、20年以上に渡ってソ連/ロシアに重要機密情報を流し続けたスパイとして逮捕されました。

私はこの事件のニュースについてはほとんど忘れていたのですが、この映画は彼を監視するために送りこまれた若い訓練捜査官エリック・オニール(ライアン・フィリップ)の目を通して、ロバート・ハンセン逮捕までの2ヶ月間を描いたものです。

スパイ物といっても実話に基づいた映画なので、カーチェイスがあるわけでも、銃撃戦があるわけでもなく、ひたすら心理戦を追う、とても地味な映画です。

熱心なカトリック教徒、コンピューター通、倒錯的な性癖、子や孫を愛する良き父親、FBIの対ソ連分析の専門家、異常に強い猜疑心、そして国家に対する裏切り者、と矛盾に満ちた複雑な人物をクリス・クーパーが実に巧みに演じています。
底知れなさを感じさせるあの表情はクリス・クーパーならではですね。

最初は自分の任務の本当の目的を知らされないまま、ハンセンの部下として送り込まれて彼を監視し、最後に逮捕に結びつく、いわば罠をしかける役をになうオニールが、決して英雄的でなく、むしろこの任務に傷つき苦しむさまが、とてもリアルです。

映画の最後でも、なぜハンセンが国を裏切り続けてきたのかという動機について、明確な答えは得られないでもどかしさが残るのですが、これが現実というもの。動機について憶測はできるものの、おそらく誰も本当のことは分らないのでしょう。

初日の午後1時過ぎ、首都圏ではシャンテ シネだけということもあって、映画館は満席でした。男性のお客さんが目立っていましたね。

 

その後もう1本。

ライラの冒険 黄金の羅針盤 

Goldencompass何年か前に原作を読んで結構気に入っていたので、映画化を楽しみにしていました。

映像は美しいし、主役のライラはいい感じに生意気だし、キャストはとっても豪華(リー様やデレク・ジャコビなんて、もったいないぐらい)なんですが、原作のストーリーを過不足なく並べようとしたせいか、ただどんどん話が進んでいってしまって平板な感じ。

もっと話をタメるところはタメて、カットするところはカットして話しにメリハリをつけないと、豪華なんだけど...という感じになってしまうんですね。

やっぱりこうしてみると、LOTRは別格なんだとあらためて実感します。

鎧熊イオレク・バーニソンの声(サー・イアン・マッケラン)はさすがで、荒々しさと叡知を感じさせる深みのある声はとても魅力的でした。

鎧熊といえば、映画館で売っていたグッズの中に、こんなものを発見!
思わず脱力してしまいましたが、イオレクの魂である鎧が、何だかクタクタの布切れだなんてあんまりです。
イオレク本人が見たら、怒って暴れそうです。(笑)

気球乗りのリー(サム・エリオット)とダイモンの野うさぎは、同じように首を傾けたりしてなんだか可愛らしかった。

そこで第1部の話を終わらせちゃうのか?! という感じなのですが、あの原作のダークな最後がこのシリーズの特徴なのにね。

|

« ドムだって写真展 | トップページ | Sharpe's Peril の共演者? »

映画」カテゴリの記事

コメント

「ライラの冒険・黄金の羅針盤」
私もダニエル・クレイグの出演が決まってから原作を3巻まで読んで、
とても楽しみにしてました。
映画だけを観ると、まぁ無難にまとまってるのかもしれませんが
もう少し長くてもよかったのでは・・・と思いました。
ダイジェスト版を観ているようで、ちょっと物足りなさを感じました。

グッズと言えば「羅針盤ピン・バッヂ」思わず買ってしまいましたcoldsweats01
うちのゴルンたちに持たせたら、ピッタリの大きさだわ!
なんて思ってしまったもんですから・・・・・
そのうちファラミアに持たせて、ブログにUPしようと目論んでいます。

ところで、punktさんちにはファラミアやって来てないんですか?
うちはゴンドール三人衆揃いましたscissors
ファラミア似てませんが、3人揃うとなんだか達成感が湧いてきます。
なかなか壮観ですよshine

投稿: さくら豆 | 2008.03.10 14:10

昨日「ライラ」を見てきました。
友達の都合で吹き替え版を見たのでサー・イアンの声が聞けなくて残念!

私も原作は読みましたが、やっぱりもう少し長くてもいいからパラレル・
ワールドをセリフで説明するだけじゃなくて、具体的なエピソードを
もっと映像で見せた方が良かったと思いますねぇ。
魔女なんか登場シーンでもう少し詳しく描いた方が再登場シーンが生きるのに。
だいたいアスリエル卿が「きっと〇〇〇が襲ってくるぞ」って言ったとたん弾が
飛んでくるというサスペンスもへったくれもない演出はどうしたものかdespair
CGに手間ひまかける前に、もうちょっと脚本を何とかして欲しかったです。

「アメリカを売った男」も時間があったら見たいです。

投稿: Aralis | 2008.03.10 21:56

さくら豆さん
>もう少し長くてもよかったのでは・・・と思いました。
そうそう! 必要な長さってありますよね。

資金不足のため、我が家にはファラミア君はお招きしてません。bearing
さくら豆さんのところにはちゃんと3人揃ってるんですね。
ぜひぜひ、Golden Compassを持たせた写真をアップしてください!

Aralisさん
「ライラ」はなんかもどかしさを感じますよね。
あともうちょっと何かが足りない!
「アメリカを売った男」は地味で渋いですけど、なかなかいいですよ。

投稿: punkt | 2008.03.10 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドムだって写真展 | トップページ | Sharpe's Peril の共演者? »