« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の40件の記事

いよいよ撮影開始?

アカデミー賞授賞式が終わったばかりですが、さっそく ”The Road” の撮影movie がスタートする模様です。

2月27日の Pittsburgh Post-Gazette の記事によると、今日からピッツバーグで主要な撮影が開始だそうです。
”The Road” の撮影は4月30日までピッツバーグでおこなわれた後、セント・ヘレン山、ワシントン、オレゴン、ニューオリンズに移動する予定とのこと。

ヴィゴがオスカーにノミネートされたので、アカデミー賞が終わるのを待ってさっそく撮影開始というわけですね。

 

ショーン・ビーンの方も3月3日からインドで、”Sharpe’s Peril” の撮影ですが、The Times of India のこちらには、共演するインドの俳優 Rajesh Khattarさんのことが記事になっています。
この記事によると、撮影は3月3日から7週間。
彼は、東インド会社の、南インドのオフィサーのピライ役を演じるそうです。

| | コメント (0)

アカデミー賞ビデオクリップ他

20080224redcarpet3viggo-works のこちらに、Splatnextさんが用意用してくださった、レッドカーペットのヴィゴのインタビューと主演男優賞発表の場面をまとめたビデオクリップ(wmv形式)があります。

ファイルサイズがかなり大きいですが、画面サイズも大きめです。
シドニーちゃん、落ち着いてしっかりしていますよね。

主演男優賞発表の時も、ヴィゴの方が彼女の手を握り締めてすがっていたという感じ。

 

これまたこぼれ話ですが、InStyleのこちらのページに、右の写真(リンク先ではもっと大きいです)と共にこんなことが書いてありました。

20080224viggo_cate 「私の素敵なスーツの下に、これを丸めて持ってきたんだ。」と主演男優賞にノミネートされたヴィゴ・モーテンセンは、Governors Ball(主催者のパーティー)に持ってきたアルゼンチンのサッカー・クラブ Club Atletico San Lorenzo de Almagro の旗について言った。「私にトロフィーをくれなくて良かったよ。もしももらっていたら、私はこれをサッと引っ張り出して包む準備をしていたんだ!」その代わりに、モーテンセンはケイト・ブランシェットのドリスヴァンノッテン(のドレス)で覆われた赤ちゃんのいるお腹を使って、彼の愛国の誇りを誇示した。

ヴィゴったら、万が一受賞していたらあの旗を受賞スピーチで引っ張り出すつもりだったんですね!

 

ヴィゴのあの格好については、リー将軍(南北戦争の時の南軍の将軍ですね)だと書かれたり、エイブラハム・リンカーンもどきと書かれたりしているようです。

MSN Movies のオスカーのワーストドレッサーの所に写真入りでこんな風に...

ヴィゴの3つの顔:ヴィゴ・モーテンセン - 洗練された、お尻丸出しで闘う俳優。小粋なドアマン。なくしたシルクハットを必死で探しているエイブ・リンカーンの物まね芸人。

さらにこのワーストドレッサーの写真を4まで戻ると、ダニエル・デイ=ルイスが出てくるのですが、彼の靴にご注目ください。eye
ヴィゴととっても気が合いそうです。wink
授賞式では、ちゃんと黒い靴だったと思うんですが、レッドカーペットは歩きやすい履きなれた靴にしたのでしょうか?

| | コメント (2)

オスカーこぼれ話

昨日のオスカーのこぼれ話をいくつかご紹介します。

viggo-worksで、franniさんが教えてくださった話

レッドカーペットのインタビューの1つで、ヴィゴの姪御さんがインタビュアーに、「この映画を見ましたか?」と質問されたそうです。
インタビュアー自身が彼女の年齢を考えて(EPのアメリカでのレイティングはR指定)、すぐに 「いえ、まだ見てないですよね。」と訂正したそうです、
ところが、彼女は伯父さんの顔(この伯父さん、くすくす笑ってたそうです。)を見て、「いえ、見ました。でも、これというところでは目を覆ってました。」と返事していたそうです。

どうやら、本当はクローネンバーグ監督をともなってレッドカーペットに登場の予定だったところが、監督のお身内にご不幸があったので、姪御さんが替わりにヴィゴの同伴者になったようです。

viggo-worksで、Estelさんもおっしゃってましたが、若いお嬢さんが一緒だと、インタビュアーも全裸のファイトシーンの質問をあまりするわけにもいかず、くだらない質問を避ける意味ではとっても賢い戦略だったかもしれません。

 

viggo-worksで、patchesさんが教えてくださったニュース
USA Todayにヴィゴと姪御さんの写真とともに、こんな記事が出ていたそうです。

ヴィゴ・モーテンセンはこの大事な夜のために磨き上げた。この主演男優賞ノミニー(イースタン・プロミス)は、「年に一度のお風呂。バスタブを何度も入れ替えるのは骨の折れる仕事だったよ。」で準備した。

ヴィゴがお風呂に入らないという話は、ジョークの種になるぐらい伝説になっているようですね。

 

受賞式で、主演男優賞のノミネートの紹介をヘレン・ミレンがしたのですが、「野心、貪欲さ、...」など、次々あげていった一番最後に、”and good old-fashioned cojones”(そして、優れた昔気質の勇気)と言ったのが、viggo-works のみなさんにものすごくウケていました。

cojones と聞いて、みなさん 「コン・ドス・コホネス、セニョリータス!(“Con dos cojones, señoritas!”)」 を思い出したんですね。

画質はとても悪いですが、主演男優賞の発表のシーンがYouTubeにありましたので、まだご覧になっていない方はどうぞ。

| | コメント (3)

"Good"の画像

Good_fujiviggo-worksのこちらで教えてもらいました。

FUJIFILM UK で発行している雑誌 Exposure の Issue 40 に"Good" のスチル写真が3枚載っています。

FUJIFILM UK の Exposure のページから、PDFファイルをダウンロードできます。
このページの一番下の FESTIVALS AND EVENTS のところからダウンロードできるPDFファイルの4ページ目です。

最近の、お髭のアンクル・ヴィゴとはえらい違いですね。

該当するページを画像にしたものもご用意しました。
クリックすると文字が読めるぐらいに大きくなります。

| | コメント (2)

サンロレンソの旗は安産のお守り?

やっぱりヴィゴは、サンロレンソの旗をポケットに隠し持っていたようです。

Getty Images のこちらに、主催者によるパーティーの写真がでてきたのですが、ヴィゴがいつものサンロレンソの旗を引っ張り出してます。

しかも、ケイト・ブランシェットのお腹に巻きつけてる sign03

どうやら、サンロレンソの旗は、安産のお守りとしての効能もあるようです。smile

20080224party1
【追記】 アカデミーの公式サイトのフォトギャラリーにもパーティーの写真が出ていますね。

ヴィゴは誰かと乾杯wineしているように見えますが、お相手はどなたなんでしょう?

【追記2】 パーティーの写真を見ていて気がついたのですが、カフリンクスもサンロレンソのマークですよ。やっぱりサンロレンソグッズは肌身離さずなんですね。

| | コメント (6)

アカデミー賞レッドカーペット

20080224redcarpet2shineアカデミー賞授賞式shineが終了しました。

やはり、残念ながら主演男優賞はダニエル・デイ=ルイスにいってしまいましたが、なかなかダンディーなヴィゴの姿が見られて良かったです。

アカデミー賞の全受賞結果は、日本語公式サイトをご確認ください。

レッドカーペットの写真が出てきていますのでご紹介します。
今回ヴィゴが同伴したのは、姪っ子のシドニーちゃんです。(ヴィゴの弟のウォルターのお嬢さんだそうです。)

bell 写真のリンクをちょっとだけ追加しました。

続きを読む "アカデミー賞レッドカーペット"

| | コメント (4)

いよいよ明日はアカデミー賞授賞式

80th_oscar_posterいよいよ、shineアカデミー賞授賞式shineが明日に迫ってきました。

授賞式の準備の様子を伝えるビデオクリップを見ることができるサイトなどがありますので、アカデミー賞関連の特集ページをまとめてご紹介しておきましょう。

 

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー(A.M.P.A.S)公式サイト
上記A.N.P.A.S.の公式日本語サイト

今年から新設された、公式のYouTubeサイト(ノミニーズランチョンのビデオにヴィゴがちらっと登場)

アカデミー賞を独占中継するabcによる、アカデミー賞公式サイト
(レッドカーペットの準備や、授賞式の準備の様子を伝えるビデオクリップがいろいろあります。)

WOWOWの特設サイト(現地ブログがなかなか面白い)
Variety Japn の特設ページ
Yahoo! 映画の特設ページ
Yahoo! Movies の特設ページ

 

なお、日本のTV中継の予定は以下のとおりです。

  • WOWOW 2月25日(月) 9:50~15:00 生中継(二ヶ国語放送・同時通訳)
  • WOWOW 2月25日(月) 21:00~25:00 再放送(字幕)
  • WOWOW 3月2日(日) 22:40~24:10 90分のダイジェスト
  • NHK BS2 3月8日(土) 20:00~22:35
  • NHK BShi 3月8日(土) 14:30~16:10(総集編)

ヴィゴが受賞する可能性はほとんどありませんが、晴れ姿を見ることができるのはなんと言っても楽しみですね。

| | コメント (7)

邦題決定「イースタン・プロミス」

Ep_nikkatsuErikoさんのところで教えていただきました。

日活のサイトによると、Eastern Promises の邦題が 「イースタン・プロミス」に決定したようです。妙なタイトルにならなくて、ひとまずは結構でした。

掲載されている場所も、LINE UP から COMING SOON になり、詳細ページもできました。

イースタン・プロミス
【原題】EASTERN PROMISES

初夏、シャンテ シネ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
監督  デヴィッド・クローネンバーグ
キャスト  ヴィゴ・モーテンセン ナオミ・ワッツ ヴァンサン・カッセル
脚本  スティーヴ・ナイト
音楽  ハワード・ショア

闇の世界を徹底したリアリズムで描く圧倒的な人間ドラマ。クローネンバーグが新境地を開いた、と全米から高い評価を得た傑作。

せっかくヴィゴがアカデミー賞にノミネートされているのに、まったく言及がないんですね。angry

シャンテ シネの近日上映予定のページを見ると、「ノーカントリー」、「ゼア・ウェイル・ビー・ブラッド」、「JUNO/ジュノ」と、アカデミー賞の主要部門でノミネートされている作品が目白押し。
この並びに「イースタン・プロミス」が来るのも、アカデミー効果なんでしょうね。

| | コメント (0)

The Guardian 2月22日のインタビュー記事

イギリスの新聞、ガーディアンのサイトのオスカー特集のページに、なかなか面白いヴィゴのインタビュー記事が掲載されました。

ヴィゴファンなら誰でも知っているような話の部分を省いて、全体の半分ぐらいを訳してみましたので、ご紹介します。

 

【追記】 大ポカがありましたので直しておきました。coldsweats01  ご指摘ありがとうございました。

続きを読む "The Guardian 2月22日のインタビュー記事"

| | コメント (2)

ショーンの結婚式の記事とビデオクリップ

20080219wedding219日のショーンの結婚式のニュース記事(どれも写真つき)が、イギリスの新聞社のサイトにたくさん出てきていますのでご紹介します。

Telegraph
Daily Mail (写真多数)
People.com
Mirror.co.uk
The Star のフォトギャラリー(サムネイルをクリックすると大きな写真をご覧いただけます。)

さらに、CSBで教えてもらったのですが、YouTubeのこちらに、結婚式を終えて外に出てきた二人とご家族の姿をとらえたビデオクリップがあります。
カメラのシャッター音がすごくて、いかに大勢に報道陣が待ち構えていたかがわかります。

ダウンロード用のファイルもご用意しました。(FLV形式、6.0MB)

 

【追記】 日本語の写真入り記事も出てきたので追加しておきます。

CinemaCafe.net : ショーン・ビーンが19歳年下の女性と4度目の挙式

| | コメント (2)

偉大なるデーン人/Men's Vogue 3月号の記事

Vogue_vigoprofile先日、表紙がヴィゴらしいとお伝えした、Men's Vogue 3月号のヴィゴのインタビュー記事が、Men's Vogue のサイトにアップされました。

6ページある長い記事で、掲載されている写真もとても素敵です。

内容的には、ほとんど目新しいことはないのですが、なかなかスタイリッシュにまとめてある記事です。

インタビューは Appaloosaの撮影中におこなわれているので、内容的に少し古いところもありますが、ちょっと面白いところをかいつまんでご紹介します。

続きを読む "偉大なるデーン人/Men's Vogue 3月号の記事"

| | コメント (12)

末永くお幸せに

20080219weddingつい1ヶ月ほど前、結婚式のドタキャンがあったと報じられていましたが、2月19日 メリルボーンの登記所で、ショーン・ビーンとジョージーナ・サトクリフ嬢の結婚式がおこなわれました。

あちこちの写真サイトに写真がどっさり出てきています。

WireImage
Getty Images
London Features International

上記3つは、サムネイルをクリックすると、ウォーターマーク入りの大きな画像をご覧いただけます。

Film Magic
Rex Features

役所での結婚式ということで、G嬢もあっさりとした格好なんですね。
昨日、さかんにイギリスのタブロイド誌のサイトに、明日、結婚式をおこなうようだとあったので、心の準備はでてきましたけど、やっぱりちょっとだけショックかも。

でも、ショーンはとっても嬉しそう。

ショーン! 今度こそ、末永くheart04 お幸せに。

| | コメント (3)

チョコレートの”売人”

viggo-worksで教えてもらいました。

昨日の New York Daily News に、Men's Vogue のヴィゴの写真とともに、こんな記事が載っていたそうです。

オスカーにノミネートされたヴィゴ・モーテンセンは、来月の Men's Vogue でアカデミー賞について「政治みたいなんだ。とても立候補している人々に似ているよ。」と語っている。

モーテンセンは”Eastern Promises”の危険なロシアマフィアの部下ニコライでノミネートされた。
だが、レネー・ゼルウィガーはその雑誌に、彼らの来るべき映画 Appaloosaの撮影現場で、モーテンセンはまったくスウィートだったと語った。

「彼が私たちにダークチョコレートを勧めない日は1日もなかったわ。」と彼女は言う。「おかしいのよ。いくつもの袋に一杯。いくつもの袋に一杯よ! ベーコンで覆われたトリフュ。彼はどこで手に入れたの? 彼はチョコレート・クラックの密売人だったわ。」 (クラック:コカインのことのようです。)

Bacon-covered truffles というのが、どんなシロモノなのか良くわからないのですが、Appaloosa horse の撮影現場でも”チョコレートの妖精さん” は毎日せっせとチョコレートを配って歩いていたようですね。

| | コメント (0)

舞台はロンドン

「スウィーニー・トッド」に「エリザベス」と、映画を movie 2本見てきましたので、その感想を...


Sweeneytodd スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

ジョニー・デップ主演のミュージカル映画。
スプラッタームービーは大の苦手なのですが、やっぱりどうしてもあの歌が聞きたくて、さんざん迷った挙句に見に行くことに。

というのも、ずぅ~っと昔に、日本で舞台で初演されたこのミュージカルを見ているんです。
さっき当時のプログラムをひっぱりだしてみたら 1981年でした。

続きを読む "舞台はロンドン"

| | コメント (0)

Appaloosa の撮影現場から(サッカーをするヴィゴ 2)

Appaloosa_footbllviggo-worksのこちらに、Appaloosaの撮影の合間に、エヴァレット・ヒッチの衣装のまま、小さなワンちゃんとサッカーsoccer をしているヴィゴの写真がアップされています。
(リンク先では、もう少し大きな写真をご覧いただけます。)

バックのトレイラーにはサンロレンソの旗だけでなく、赤青のリボンにイルミネーションflairまでついているみたいですよ。

| | コメント (2)

Men's Vogue 2008年3月号

Mens_vogue2008marviggo-woksで教えてもらいました。

アメリカのファッション雑誌 Men's Vogue 3月号の表紙が、Appaloosa仕様のヴィゴです。shine
特集記事も期待できますね。

eBayに出ていたそうですが、Men's Vogueのサイトでは、まだ2月号(表紙はあちこちの映画賞でヴィゴの宿敵annoy ダニエル・デイ=ルイス)が表示されています。
アメリカでもまだ、書店には並んでいないようです。

Men's Vogue は紀伊國屋BookWebでもとりあつかいがあるので、そのうち入荷するでしょう。

| | コメント (0)

ヴィゴの新作CDと作品集

At_allPerceval Press に、ヴィゴの新作CDcdと作品集bookがアップされています。

 

at all

全部で9曲(約50分)の楽器演奏のCDで、1曲はバケットヘッドとトラヴィス・ディクソンの演奏だそうですが、それ以外はすべてヴィゴの楽器演奏と声、となっています。

これらの音の風景は眠りに誘うものではないが、夢を見ることを妨げるものでもない。

という説明になってない説明がついていますが、いつもの前衛的な音楽なんでしょうね。
録音は2007年で、最近リリースされたヴィゴのピアノのCD、Time Waits For Everyone の少し前におこなわれたものだそうです。価格は10ドルで、現在、上記の Perceval Press のサイトで発売中です。

 

Skovbojpg SKOVBO

アイスランドの Reykjavik Museum of Photography (Ljósmyndasafn Reykjavikur) で、5月31日~8月31日の間開催される、同じく ”SKOVBO” と題されるヴィゴの写真展の図録に相当する作品集です。
写真と詩が収録されているとのこと。
”SKOVBO” とはデンマーク語で「森の中の家」といったような意味なのだそうです。
ハードカバーのクロス装丁、9インチ×11.25インチ(だいたいA4ぐらいのサイズ)、124ページ。
2008年4月1日から発売開始。

| | コメント (0)

BAFTAビデオクリップ(2)

20080210bafta6viggo-worksで Splatnextさんが、また別のレッドカーペットのビデオクリップをダウンロードできるようにしてくださっています。

順番としては、 Hugh Laurie, Viggo in bkgr. とある2本目の方が先で、1本目がその後に来るようです。

2本目では、インタビューを受けているヒュー・ローリーの背後で、ヴィゴ、オーリー、サー・イアンの3人が仲良くハグしあったりする姿がちらちら見えます。
手前の人たちがとっても邪魔なんですが...sad

Splatnextさん、ありがとうございました。

| | コメント (2)

バンクーバ映画批評家協会賞受賞

BAFTAのニュースに隠れて忘れそうになりましたが、2月11日、バンクーバ映画批評家協会賞の発表がありました。

《News Source》
  Alternative Film Guide
  The Province

カナダ映画部門で作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞にノミネートされていた Eastern Promises は作品賞、監督賞、主演男優賞の3部門で受賞しました。

ナオミ・ワッツさんは残念でしたが、ヴィゴとクローネンバーグ監督おめでとう!

ヴィゴは、国際映画部門の主演男優賞にもノミネートされていましたが、こちらは、またもやダニエル・デイ=ルイスにさらわれたようです。

| | コメント (0)

ショーンの撮影予定

CSBのNonaさんの情報(ショーン・ビーンのエージェントに確認)です。

 

シャープシリーズの続編、”Sharpe's Peril” の撮影 movie は、インドで 3月3日~4月19日の予定。
2008年の後半、90分×2本で放送される予定だそうです。

ショーンの新作としてウワサになっていた ”Black Death” は、交渉中ではあるそうですが、確定には程遠い状態なのだそうです。

昨年の9月にショーンの参加がアナウンスされた、バイキング物の映画 ”Last Battle Dreamer” は、IMDb によればいまだに撮影準備中のステイタスのまま。
撮影開始は、今年の早い段階だろうとのことです。

今のところ、撮影スケジュールがはっきり決まっているのはシャープだけなんですね。

なるべくお腹をこわさないように、頑張ってください。 楽しみにしてます。

| | コメント (0)

ヴィゴが歌うタンゴ ”Te Quiero”

Tequieroviggo-worksで教えてもらいました。

サンロレンソのサポーターのサイト、Mundo Azulgranaで、サンロレンソ100周年を祝って、ヴィゴが歌っているタンゴ ”Te Quiero”(君を愛す) を聴くことができます。
(リンク先のページを下のほうまでスクロール)

サンロレンソへのメッセージの後、ア・カペラで歌っているkaraokeのですが、かなり上手いの必聴です。

歌詞の内容は、angelusさんが英訳してくださっているのですが、熱烈なるラブソングheart02で、ヴィゴは最後にちょっとだけ歌詞を変えて、サンロレンソに対するラブソングにしちゃってます。

もともとの、ヴィゴの歌にスライドショーをあわせたビデオクリップと、音声だけ抜き出してMP3ファイルにしたものを用意しましたのでお使いください。

いつも使っている Media Fire がメンテナンス中なので、Megaupload を使っています。
ビデオクリップ(FLV形式、6.3MB)
音声クリップ(MP3形式、4.7MB)

やっぱりヴィゴの声にはタンゴは合ってますね。

| | コメント (6)

BAFTA ビデオクリップ

20080210bafta5BAFTA関連のビデオクリップの紹介です。

Splatnextさんが、viggo-worksでレッドカーペットのビデオクリップを2本、ダウンロードできるようにしてくださっています。

また、YouTubeのこちらで、BAFTA授賞式の放送を分割して、おそらく全部見られるようにしてくださっています。

ヴィゴはちらほらと映るのですが、viggo-worksのelentarivardaさんとHedyzさんによると、ヴィゴが映っているのは、PT1、7、13、16とのこと。他にも映っていところがあるかもしれません。

PT16は最後のエンディングロールのところで、ヴィゴがサンロレンソの旗をカメラに向けて広げているのが一瞬映ります。happy01

| | コメント (0)

BAFTAレッドカーペット・レポート

viggo-worksに、BAFTAのレッドカーペットを見に行かれたみなさんのレポートと写真がいくつかアップされていますので、まとめてご紹介します。(1つは、viggo-works経由でLJのレポートです。)

続きを読む "BAFTAレッドカーペット・レポート"

| | コメント (2)

BAFTA受賞式

20080210bafta12月10日、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスで、BAFTAの英国アカデミー賞の受賞式がありました。

残念ながら、ヴィゴは主演男優賞を逃しましたし(受賞はやっぱりダニエル・デイ=ルイス)、英国映画賞にノミネートされていた Eastern Promises も受賞できませんでした(受賞は This is England)が、写真やビデオがいろいろと出てきていますのでご紹介します。

各賞の結果は公式サイトや、AFPの日本語ニュースでどうぞ。

今回のヴィゴのファンションは、黒のロングジャケットに、シルバーグリーンのパイピングを襟にほどこした黒のベスト、シルバーグリーンにペーズリー柄のネクタイ、ホワイトシャツで、ジャケットのラペルのボタンホールに針葉樹の葉っぱを挿しています。この葉っぱ、最初はシダかと思ったのですが、良く見るとスギやヒノキのような葉っぱですね。
グリーンをアクセントにした個性的なファッションです。
ロングコートスタイルをお気に入りのようですね。

まずは写真から

Getty Images
Wire Image(Outside ArrivalInside Arrival
Abaca Press(10ページ目)
Film Magic
Rex Features
Reuter(
Yahoo! News(AP)
Newscom(Username に NCFOTONA、Password に Guest を入れてログインし、Viggo Mortensen で検索)

【追記】 上記のサイトにある写真と同じですが、大きくて良いので追加
daylife (more を忘れずにクリック)

 

ビデオは、まず Splatnextさんが E! のビデオクリップを作ってくださいました。
viggo-worksのこちらからどうぞ。

さらに、Hedyzさんが Skyのビデオクリップを作ってくださいました。
これも、viggo-worksのこちらからどうぞ。

20080210bafta3 20080210bafta4 Skyのビデオクリップでは、インタビューを受けているジュリー・クリスティーの後にヴィゴが見えていますし、ファンサービスするサー・イアン・マッケランやオーリーも映っています。
何よりも、ヴィゴがダニエル・デイ=ルイスとお互いを称えあって、エールの交換をしているのがとてもいいです。

可笑しかったのが、Carolina200さんが紹介してくださったこのキャプチャ写真
BBCの授賞式中継の一番最後、エンドクレジットが流れている時に、ヴィゴがTVカメラに向かってサンロレンソの旗を拡げて見せていたそうです。

Getty Imagesの写真を見ると、アフターパーティーでもサンロレンソの旗をアピールしていたようですね。


今回のヴィゴのファッションは、靴もピカピカで完璧かと思ったのですが、ベルトは茶色だったようです。bearing
Gettyの写真でベストの前がすっかり見えている写真でご確認ください。

| | コメント (0)

For Your Consideration...Best Actor

アカデミー賞の主演男優賞にヴィゴがノミネートされてから、業界紙への For Your Consideration 広告が、ヴィゴの主演男優賞に絞った新しいものになっているようです。

viggo-worksで Nikkieさんがいろいろとアップしてくださっているものをまとめてご紹介します。(画像をクリックすると、大きな画像がアップされている viggo-worksの該当するページに飛びます。)

Ep_oscar_ad1 Ep_oscar_ad2

2枚目のモノクロのものと同じ図柄で、カラー版もあります。
でも、モノクロ版の方がちょっとカッコイイですよね。

次の図柄がちょっと面白いんです。

Ep_oscar_ad3 Ep_oscar_ad4

3枚目のモノクロは、大きな画像でご覧いただくとわかるのですが、ニコライが涙を流しています。

ところが、映画 movie にはそんなシーンはない!

編集段階で採用されなかった別バージョンとして、ニコライが涙を流すものが実際にあったのか、あるいは画像処理で涙を付け加えたのか?

そもそもなぜ、映画にはない涙を流すニコライの画像をこの広告に持ってきたのでしょうかね?

まさか、泣き落とし?(笑)

| | コメント (2)

オスカー・ノミニーズ・ランチョンのビデオクリップ

20080204oscar_luncheon4viggo-worksのこちらで、先日のオスカー・ノミニーズ・ランチョンの際に、ファンやサインゲッター達にサイン pen をするヴィゴのビデオクリップをダウンロードできるようにしてくださっています。

このビデオを見る限り、ヴィゴファンよりも、圧倒的にスターのサインを集めて商売にしているプロのサインゲッターが多いような感じです。
ほとんど男性ばかりですものね。

ファイルサイズが44MBととても大きいですのでご注意ください。

| | コメント (0)

BAFTA授賞式を前に: ヴィゴのメッセージ

Perceval Press のトップページに、BAFTAの授賞式を目前に控えたヴィゴのメッセージがアップされていますので、ご紹介します。

今度の日曜日のロンドンにおける、イギリス映画テレビ芸術アカデミー賞の授賞式にあたって、映画 Eastern Promises が最優秀イギリス映画にノミネートされているが、私はこの機会に、比類のないデイヴィッド・クローネンバーグと、このストーリーを物語るのに素晴らしいプロフェッショナルな仕事をした彼のチーム全員に感謝と敬意を表したい。 残念ながら、私たちの映画は(私の意見では十分それに値すると思うのだが)、映画芸術科学アカデミー(オスカー)から監督賞と最優秀作品賞のノミネートを受けなかったので、これが関係したすべての人に別れの挨拶を告げて、良き旅が続くことを祈るにふさわしい機会のように思う。 受賞してもしなくても、この映画はユニークで、いろいろ考えさせられることと、物語の語りが精細に作られた作品として、長く記憶にとどまることになるだろう。 デイヴィッド・クローネンバーグが、プロジェクトからプロジェクトへ年代ごとに改良を重ね、決して後ろを振り返らない、めったにいないトップレベルの映画監督であることは、歴史が示すだろう。 技術的、芸術的、哲学的により高いレベルで仕事をし、楽しませながら心をかき乱す物語を供給し続けるという点でも、世界に現存する監督は他にいない。 名匠だ。 人々はいつも同意するわけではないが、我々のある人たちは気が付いていた。 さまざまな賞を出す組織が、彼らの創造的な貢献の優秀さを認めるべきである多くの人々が、我々俳優たちや、技術スタッフの中にもいる。 彼らの除外は彼らの不朽の成果の価値を落とすものではない。 私は、今しばらくの間、私たちのチームの代表となることを誇りに思う。

(ロシア語で)ありがとう! Viggo

主演男優賞を受賞したら、スピーチで言いたいことなんでしょうけど、さすがに今年はヴィゴが受賞する可能性はとても少ないですからね。

ヴィゴの受賞スピーチ原稿のようなものですね。

でも、まだ結果は決まったわけじゃないぞ!

| | コメント (4)

Folk Awards 2008 のビデオクリップ

20080204folk_awards2下でご紹介した、BBC Radio 2 の Folk Awards 2008のビデオクリップが公式サイトにアップされました。

ショーン・ビーンとジョン・タムス氏が、仲良く一緒にインタビューを受けているビデオクリップを、こちらでご覧いただけます。

ダウンロード用のファイルもご用意しました。(FLV形式、3.5MB)

| | コメント (2)

ショーンの新作? "Black Death"

数日前に、記事が出てきていましたが、まだ確認がとれていないのでこちらには書いていなかったのですが....

ショーン・ビーンの新作 movie のウワサです。

The Hollywood Reporter のこちらの記事によると、

レナ・ヘディー、ショーン・ビーン、ルパート・フレンドが、Ecosse Films制作、ジェフリー・サックス監督の超自然スリラー”Black Death”に参加する。

終末的な中世の世界を舞台に、イングランドにおける最初の腺ペストの大流行を背景にした、ある魔術師を追い詰めるある集団についての話。

フレンドは人々が生き返っているという噂を調査するために派遣された若い修道士を演じ、ビーンは同じ村に到着する欲深い司祭を演ずる。

とのことです。

撮影は、ドイツとイギリスでロケを行う予定だそうです。(Daily Mail の記事によれば、撮影はこの春からとなっているのですが...)

今のところ、IMDb にも何も情報はありませんし、Ecosse Films のサイトにも何も情報はありません。

上記の記事によると、今日から始まるベルリン映画祭で、セールスと資金担当の HanWay Films が、バイヤー向けに情報を出す予定とのこと。

CSBの Nonaさんの情報では、まだショーンが参加することの確認はとれていないそうですので、まだ確定情報ではないようです。

【追記】 シネマトゥデイにも、Hollywood Reporterの記事を紹介する形で日本語のニュースが出ています。
ショーン・ビーン、ゴシック・ホラー映画に出演

| | コメント (2)

オスカー・ノミニーズ・ランチョン関連記事 他

オスカー・ノミニーズ・ランチョンに関する日本語の記事も出てき始めました。
ヴィゴのコメントも出ていますので、ご紹介しておきます。

Variety:アカデミー賞候補者の昼食会、話題の中心はストライキ
AFPBB:米脚本家組合のスト交渉に解決の兆し、オスカー俳優らが応援と歓迎のコメント
AFPBB:第80回アカデミー賞 昼食会にノミネート者続々登場 (ヴィゴの写真あり)

Hello Magazine のサイトのこちらの記事によると、この日の昼食会のメニューrestaurantは以下のとおりだったそうです。

焼いたヤギのチーズ、ヒッコリーでスモークしたチキンのマンゴー・ソース添え、グリルしたシイタケとネギ、デザートはチョコレートムース。

とてもヘルシーな感じのメニューですね。デザートもチョコ好きのヴィゴにはぴったり(笑)。

公式サイトに載っていた写真の高解像度版が、Alternative Film Guide にアップされています。
全員の集合写真はこちらから、またマイケル・ムーア、ジュリアン・シュナーベルとの2ショット写真はこちらから。
どちらも写真をクリックすると、高解像度の写真になります。

小さな写真だけですが、Globe Photos にも写真があります。

 

また、BAFTA の公式サイトでアナウンスされたニュースによれば、授賞式にオーランド・ブルームとサー・イアン・マッケランが参加することが正式に決まったそうです。

| | コメント (2)

Folk Awards 2008

20080204folk_awardsヴィゴがアカデミー賞のノミニーズ・ランチョンに出席していた同じ2月4日に、ショーン・ビーンは BBC Radio 2 の Folk Awards 2008 にプレゼンターとして登場していたようです。

ショーンは、シャープシリーズのハグマンことジョン・タムスとバリー・クープに、ベスト・デュオ賞を手渡しました。

公式サイトのギャラリーのこちらこちらにジョン・タムス氏との2ショット、ベスト・デュオ二人と一緒の写真があります。

公式の場に出てきたショーンを見るのは久しぶりです。

また、小さな写真のみですが、Rex Features にも写真があります。(ページを下のほうまでスクロール)

公式サイトの写真をよく見ると、ショーンは首からメガネを下げてますね。

BBC Radio 2 の Folk Awards 2008 のページで、日本時間の明日の朝になると、授賞式のビデオを見ることができるようですので、チェックしてみてください。

| | コメント (0)

アカデミー賞ノミニーズ・ランチョン

20080204oscar_luncheon22月4日、ビバリー・ヒルトン・ホテルで、アカデミー賞にノミネートされた関係者を招待した、ノミニーズ・ランチョン(昼食会)がおこなわれました。

ヴィゴのファッションは、チャコール・グレーの普通のスーツにSAG賞のときと同じ赤いベスト、ホワイトシャツに、赤地に黒で模様があるネクタイ、とコンサバティブな格好です。
ハリウッドスターというよりは、どこかの大学教授かなんかのように見えるんですけど(笑)

写真やビデオクリップ、記事が上がってきていますので、まとめてご紹介します。

まず、写真から

Yahoo! News(
Getty Images
WireImage
Abaca Press (5ページ目にヴィゴの写真)
Corbis (”Viggo Mortensen Nominees Luncheon” で検索)
POLFOTO
A Socialite's Life ( かなり大きな写真です)

【追記】
Rex Features
BBC News

そして、アカデミー賞公式サイトのランチョンの記事と写真から、全出席者の集合写真

20080204oscar_luncheon3

赤いベストのおかげで、ヴィゴがオスカー像のすぐ横にいるのがわかりますね。そしてヴィゴのとなりはジョージ・クルーニーです。(viggo-worksのこちらの写真をチェック)

上記の公式サイトのページを下のほうにスクロールすると、マイケル・ムーアー監督との2ショット(ヴィゴが爆笑してます)がありますし、2ページ目にいくと、ジュリアン・シュナーベル監督との2ショットもあります。

【追記】 公式サイトの記事によると、このランチョンでノミニーたちに、公式のノミネート証書がアカデミー理事より手渡されたのだそうです。

 

続いて、ヴィゴのコメントが載っている記事

Hollywood Reporter (スライドショーの中にヴィゴの写真あり、ヴィゴのコメントは2ページ目)

「事態が解決することを望んでいる、ただし、正しく解決しなければならない。」と、”Eastern Promsies”で主演男優賞にノミネートされたヴィゴ・モーテンセンは言った。「私は前向きな人間だ。明日は太陽が昇って、ストライキは解決し、授賞式はおこなわれるだろうと思う。」

Variety

”Eastern Promises”で主演男優賞のカテゴリーにノミネートされたモーテンセンは、新しいメディアについて、即座の合意に対して、公正な合意の必要性を協調した。彼は、会社のリーダーたちは遅かれ早かれ、この問題に対処しなければならなくなると言った。「そして、今、PRフィルムにお金を費やす代わりにそれをする義務がある。」

Charlotte Observer (AP配信の記事、写真あり)

「私は前向きな人間だ。明日は太陽が昇って、ストライキは解決し、授賞式はおこなわれるだろうと思う。」と、毎年恒例のオスカー・ランチョンに出席した約120名に混じって、犯罪話”Eastern Promises”で主演男優賞の競争者であるヴィゴ・モーテンセンは言った。 「正常のオスカーが行われると私は思う。そして、”Eastern Promises”は賞を取る良いチャンスだと思うよ。」

 

最後にビデオクリップです。どちらもヴィゴが映るのは少しだけですが、ダウンロード要のファイルもご用意しました。

20080204oscar_luncheon1 Entertainment Tonight onlineダウンロード 2.5MB、FLV形式)
 オスカー像の前で手を振るヴィゴ

access hollywood.comダウンロード 2.8MB、FLV形式)
 ジョージ・クルーニと何か談笑中のヴィゴです

| | コメント (0)

おめでとう! ニューヨーク・ジャイアンツ

Nygiants第42回スーパーボウルは、スーパーボウルまで全勝できたニューイングランド・ペイトリオッツと、ヴィゴが応援しているニューヨーク・ジャイアンツが激突、大方の予想を裏切ってニューヨーク・ジャイアンツが優勝しました。

さっそく、Perceval Press のトップページにヴィゴのメッセージがあがっています。

ニューヨーク・ジャイアンツ、第42回スーパーボウル優勝おめでとう!!!
君たちのファンはとても誇りに思っている。69年のジェッツ(NFLのニューヨーク・ジェッツ)も、69年のメッツも、70年のニックス(NBAのニューヨーク・ニックス)も君たちを超えはしない。今年のチャンピオンシップでは、誰もがはっきりと負け犬だと思っていたにもかかわらず、君たちはNFL史上最も高く評価されるチームの1つを打ち負かして、チームプレイと不屈の勇敢さを実証した。(ペイトリオッツの)ベリチック監督が、試合時間が残っているのにスポーツマンらしくなくフィールドを早く離れて、彼のチームとフットボールファンたちをがっかりさせたのは本当に残念だった。威厳と礼儀をもってとどまり、紳士らしく(ジャイアンツの)コフリン監督と握手していれば、彼にとって、彼のニューイングランド・ペイトリオッツの最も目覚しいシーズンの最後における、忘れられない高潔なやり方だったであろう。すべてのペイトリオッツ選手とファンに、彼らの特別な年に対して、おめでとう。

SAGアワード授賞式で、主演男優賞を取ったダニエル・デイ=ルイスを称えた、ヴィゴらしい感想ですね。

だれもがジャイアンツが不利、といっていたのに勝ったので、喜びもひとしおでしょう。
ヴィゴ、おめでとう!

| | コメント (0)

バンクーバ映画批評家協会賞ノミネート

Alternative Film Guide の記事によると、2月1日に、バンクーバ映画批評家協会賞(Vancouver Film Critics Circle Awards)のノミネート発表がありました。

Eastern Promises は、カナダ映画部門で作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞に、国際映画部門で、主演男優賞にそれぞれノミネートされています。

ヴィゴは、カナダ映画部門と国際映画部門の両方で主演男優賞にノミネートされました。

ノミネートされた各部門の詳しいリストは、下記の通りです。

続きを読む "バンクーバ映画批評家協会賞ノミネート"

| | コメント (0)

DVD Review 2008年3月号

Dvd_review2008marイギリス版の "Eastern Promises"のDVDが2月25日に発売になるので、イギリスの雑誌、DVD Review 3月号に特集記事が出ています。

viggo-worksで、雑誌のスキャン画像をご覧いただけます。
記事の内容に目新しいことはありません。

DVD紹介の雑誌なので、紀伊國屋書店やマガジンマートなどでのとりあつかいはなさそうです。

でも、DVD Review のサイトへ行って、左側の雑誌の表紙画像をクリックすると、オンラインでの申込ページになります。 BUY A SINGLE ISSUE を選択すれば、必要な号だけ、海外からでも購入可能のようです。ただし、現時点での最新号は2月号です。

| | コメント (0)

ヴィゴの授賞式関連出席予定

いよいよ授賞式シーズンも大詰め。

現在、把握できている、ヴィゴのこれからの授賞式関連の予定をまとめておきます。

 

2月4日(月) 昼 ビバリー・ヒルトン・ホテル
アカデミー賞ノミニー・ランチョン に出席予定
 UPI 2月1日の記事

この催しは、ビデオクリップは期待できませんが、写真はいろいろ出てくると思いますので、2月5日に写真サイトを要チェックです。

 

2月10日(日) 午後7時(日本時間 11日 午前4時) ロイヤルオペラハウス
BAFTA(Orange British Academy Film Awards)授賞式
Variety の記事によると、ヴィゴは出席予定とのこと。

ウワサによれば、オーランド・ブルームやイアン・マッケランもプレゼンターとして出席するということなので、LOTR組がそろった写真を見ることができるかもしてません。

BAFTAのサイトをみていたら、ノミニーがもらえるギフトバッグをクイズに答えて抽選でプレゼントというのがあったんですが、残念ながらイギリス在住じゃないと応募資格がないようです。
ヴィゴがどんなお土産をもらうのか、その片鱗を確認してみてください。

 

そして、もちろん2月24日(日本時間では2月25日)にはアカデミー賞授賞式です。
WGAのストライキの行方が気になるところですが、今のところ解決の方向に向かって事態は少しずつ動いているようです。
期待しましょう。

| | コメント (3)

Empire 2008年3月号 のヴィゴのインタビュー記事

下でスキャン画像をご紹介した、Empire誌(2008年3月号)の、ヴィゴのインタビュー記事の内容をご紹介します。
とても長いインタビューですが、内容が濃い記事ですので、かいつまんで訳してご紹介したいと思います。

このインタビューは、1月はじめにボストンでおこなわれた、”The People Speak” の収録のためにヴィゴがボストンに滞在していた時に、ボストンのホテルのレストランでおこなわれたもののようです。

記事の最初の部分は、ヴィゴの紹介部分なので省略します。

まずは、インタビューをおこなったとおぼしき、EMPIRE誌の Dorian Lynskey氏の感想から。

続きを読む "Empire 2008年3月号 のヴィゴのインタビュー記事"

| | コメント (2)

EMPIRE Magazine 2008年3月号

Empire_mar08_viggoviggo-works のこちらで、イギリスの映画雑誌 EMPIRE 2008年3月号に掲載された、ヴィゴのインタビュー記事のスキャン画像を紹介してくださっています。

目新しい写真があるわけではありませんが、とても良いインタビュー記事ですので、後ほどかいつまんでご紹介いたします。
もう少々お待ちくださいね。

Empire2008mar_0 EMPIREは、紀伊國屋書店BookWeb(現時点では最新号は2月号)などでもいつも扱っている雑誌です。

なお、ご参考までに、3月号の表紙はこちら ⇒

| | コメント (0)

LOTR NG集のビデオクリップ

Lotr_blooper viggo-worksで教えてもらいました。

TORn のこちらで、YouTube にアップされた、LOTR の blooper reel(NG集)を紹介しています。

ドムとビリーの二人のシーンだけは以前にも見たことがありますが、それ以外は始めてみるシーンばかり。

なかでも、ショーン・ビーンがばっちりと出てくるのが嬉しいです。
モリアのシーンで盾の扱いに失敗するシーンは画像が小さいのが残念ですが、上のキャプチャーのシーン(なぜショーンが笑っているのかは、ビデオクリップを見てのお楽しみ)では、思わず笑っちゃっている笑顔を楽しめます。

残念ながら、いたずらキングのヴィゴは、モリアのシーンでちらっと写るだけですが、サー・イアンがお茶目ですね。

ダウンロードできるファイルもご用意しました。(5.8MB、FLV形式)

| | コメント (4)

CQCビデオクリップ@SAGアワード

Cqc_sagviggo-worksでHedyzさんに、YouTubeにアップされているビデオクリップを教えてもらいました。

スペイン版CQCでも SAGアワードが取り上げられたようで、ヴィゴがちょっとだけですが登場します。
例によって、ラテンのノリで楽しいビデオクリップです。
ヴィゴの登場は一瞬ですが、ダウンロード版も用意しました。

1本目はレッドカーペットのもよう。(YouTubeダウンロード 8.6MB、FLV形式)

ビデオの最後の方でヴィゴが登場。
レポーターがヴィゴの名前を呼ぶと、ヴィゴはわざわざ仕切りのロープを何本もまたいで話をしに来てくれます。

Silverさんがこちらで二人の会話を翻訳してくださっていますのでご紹介。

レポーター: ヴィゴ~~! ...私たちと話をしに来てくださって嬉しいです。
ヴィゴ: これを言いに来たんだよ。 Go! サンロレンソ・デ・アルマグロ、100周年の偉大なアルゼンチンのチームだ。

そしてもう1本は、授賞式終了後の外のようですね。(YouTubeダウンロード 21.3MB、FLV形式)
1分半過ぎにヴィゴが登場します。
レポーターは、出席者がもらったプレゼントの中身を聞き出そうとするのですが....
バッグを開けて中身を見せてくれる人もいるようですね。

これも、こちらでSilverさんが翻訳してくださっています。

レポーター: 何をもらったのが教えてもらえますか?
ヴィゴ: 僕は賞を取ってないよ! 何が起こっているんだい?  みんな前もって決められているんだ。僕はわからないけど...
レポーター: でも、少なくとも、何をもらったのか教えてください(バッグを指差す)
 (にもかかわらず、ヴィゴはサッシュを彼に見せて)
レポーター: またサンロレンソの色ですね?
ヴィゴ: 旗にキスして。 これにキスして。
レポーター: サンロレンソの旗にキスしました...
ヴィゴ: サン・ロレ~ンソ

レポーターはヴィゴに振り回されて終わりでしたね。
ヴィゴったら、結局、レッドカーペットでも、ここでもサンロレンソの話しかしてませんよ。(笑)

ただの酔っ払いのサンロレンソ・サポーターのような気がします。

| | コメント (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »