« Eastern Promises インタビュー動画 | トップページ | ヴィゴはクシニッチ候補を支援 »

初笑い映画2本

Maigo金曜日、本当は会社が始まっているのですが、休暇をとってお正月映画を2本観てきました。

 

迷子の警察音楽隊

イスラエルに新しく出来た、アラブ文化センターの開所式に招かれた、エジプト警察のアレキサンドリア警察音楽隊。
手違いで空港には迎えが来ず、自分たちでバスに乗って目的地に向かうのですが、どこでどう間違えたのか、着いた先は目的地と名前がよく似たまったく別の場所。
現地通貨もない一行は、地元の食堂の女主人の好意で食事をさせてもらいます。その日最後のバスももうなく、食堂、食堂の女主人の家、食堂の常連客の家に分宿させてもらうことになります。お互い、片言の英語でなんとか意志の疎通はできるという状態での一晩の物語。

大きな出来事が起こりそうで起きない、でもなんだかほのぼのとしたイスラエル映画。
警察音楽隊の頑固者の隊長トゥフィークが、なんともいえない味があります。
クスッと笑えるところがポッ、ポッとあって、ほんのりと心が温まる感じ。
地味ですが、味わい深い映画です。
最初のタイトルやエンドロールが、ヘブライ語とアラビア語が併記されていたのがとっても新鮮でした。文字は一文字も読めないんですけどね。

 

続いて場所を移動して見たのは、思いっきりお馬鹿な映画。

Bladesofglory 俺たちフィギュアスケーター

男子フィギュアスケーター界を永久追放されたライバルの二人が、男子ペアを組んでフィギュア界に復帰するという爆笑ムービーです。

これ、Hollywood Express で紹介されていた時から見てみたかったんです。
日本ではアメリカのコメディーは受けないことから、日本公開は無理かと思っていたのが、めでたく日本でも公開となり、しかも評判も上々とのこと。劇場も満席でした。

次々繰り出すトンでもないワザ、けばけばしい衣装、下ネタギャグ、とバカバカしさ満載。
でもこういうのは徹底的にやるからいいんですよね。
ヴィゴも大ファンというウィル・フェレル主演ですから、きっとヴィゴも見たんだろうなぁと思いつつ、ゲラゲラ笑ってきました。

気の毒な目にあう大会マスコットたちが全然可愛くないのもご愛嬌ですし、フィギュアスケート界のかつての有名選手たちが本人役で出演しているのも楽しいですよ。

|

« Eastern Promises インタビュー動画 | トップページ | ヴィゴはクシニッチ候補を支援 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Eastern Promises インタビュー動画 | トップページ | ヴィゴはクシニッチ候補を支援 »