« ヴィゴの新作のウワサについて | トップページ | 映画賞シーズンの覚書(その2) »

Eastern Promises BAFTAのロングリスト8部門に登場

Variety のこちらの記事によると、イギリスのアカデミー賞にあたる、BAFTAのロングリスト(ノミネート候補リスト)が発表されたそうです。

各部門で15の候補がリストアップされていますが、Eastern Promises は、
 作品賞
 監督賞
 オリジナル脚本賞
 メイクアップ&ヘアー賞
 編集賞
 主演男優賞(ヴィゴ・モーテンセン)
 主演女優賞(ナオミ・ワッツ)
 助演男優賞(アーミン・ミュラー・ストール、ヴァンサン・カッセル)
の8部門で9つリストに入っています。

1月16日(水)にこのリストから、各部門5つのノミネートに絞り込まれて、受賞式は2月10日(日)におこなわれます。

1つでも多くの部門で、ノミネートに残るといいのですが。

|

« ヴィゴの新作のウワサについて | トップページ | 映画賞シーズンの覚書(その2) »

Eastern Promises」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん

ロングリストというのは、まだノミネートではないんですね!知りませんでした。ありがとうございます♪
自分のブログに間違えて書いてしまったので、早速訂正しました。(*^_^*)
今年は「つぐない」がものすごい強さですが、他の映画もかなりくい込めるとよいですね♪
今年もよろしくお願いします!(^^)!

投稿: tama | 2008.01.05 20:52

tamaさん
あけましておめでとうございます。
私も、ロングリストなんていうものがあることも知りませんでした。
わずか12日後にはノミネート発表なのに、手のかかることをするものです。
The Golden Age も頑張れ! ですね。

投稿: punkt | 2008.01.05 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィゴの新作のウワサについて | トップページ | 映画賞シーズンの覚書(その2) »