« 銀座の夜にショーン・ビーンの眼が光る | トップページ | Appaloosa撮影現場より(11月21日) »

エドガー・アラン・ポーの映画のウワサについて

11月13日付けで、Cinema Blend のサイトに載った記事が、あっという間にネット上で次々コピーされて増殖。

ついには、日本でもシネマトゥデイに「ヴィゴ・モーテンセン、エドガー・アラン・ポーにふんする?」という記事が掲載されました。

記事の内容は、シルベスタ・スタローンが制作を考えている、エドガー・アラン・ポーを主人公にした映画について、ヴィゴにポーの役のオファーが来ていて、ヴィゴが前向きに検討しているというものです。

viggo-works の RivResさんが信頼できる筋(おそらくヴィゴのエージェントと思われます。)に確認してくださったところ、11月15日の時点で、まったくそのようなことはなく、単なるウワサに過ぎない、との回答を得ているそうです。

日本でもネット上でこのニュースが増殖しそうな感じなので、現時点で最も信頼できる筋の話を書いておきます。

|

« 銀座の夜にショーン・ビーンの眼が光る | トップページ | Appaloosa撮影現場より(11月21日) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座の夜にショーン・ビーンの眼が光る | トップページ | Appaloosa撮影現場より(11月21日) »