« 映画雑誌情報 | トップページ | British Independent Film Awards にノミネート »

"Appaloosa"の撮影で大忙し

Viggo_independentviggo-worksで教えてもらいました。

Appaloosaの撮影に、エキストラとして参加されている、blogengeezerさんという方が書いているこちらのブログ(Da Flikkers)にヴィゴのことが書かれています。

ヴィゴが出てくるのは、APPALOOSA the Movie OCT 23 という記事の真ん中より下のほう。エド・ハリスもちょこっと出てきます。

ヴィゴ(ヒッチ)はいろいろな人たちといっしょに忙しかった。ショットガンを持って板張りの道にあがったり、遠くを真剣に見つめたり、町の重要人物と話したり、ちょうど副保安官がやることをあれやこれや。エド(コール)は、素晴らしい「ゴミ箱へのビン投げ」名人だ。

イギリスの The Independent のこちらの記事の中で、Appaloosa の撮影について、ヴィゴはこんなことも言っています。

「私はたくさん引き受け過ぎた。」と彼はうめいた。「エド・ハリスと約束したんだ。私はこの映画はもっと後になるだろうと思っていたのだけど、一週間のうちに始まる。だから準備する時間がほとんどないんだ。一緒に急いで推し進めなくちゃならないので、ちょっと神経質になってるんだ。」

とことん、役作りをしないと気が済まないヴィゴにとっては、なかなか大変な状況のようですが、今ごろはすっかり役に没入してるんでしょうね。

|

« 映画雑誌情報 | トップページ | British Independent Film Awards にノミネート »

Appaloosa」カテゴリの記事

Ed Harris」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

 >素晴らしい「ゴミ箱へのビン投げ」名人だ。
 どういう状況なんでしょ。 ひまつぶし? 実はすごく暇?(^^)


>「私はたくさん引き受け過ぎた。」
 ものすごーーく無理という感じでもなし、その調子でどうぞよろしくお願いします。 ちゃんとエージェントがスケジュール調整してくれますっ。 よねっ。
 
 

投稿: mizea | 2007.10.24 23:19

mizeaさん
>どういう状況なんでしょ。 ひまつぶし? 実はすごく暇?(^^)

映画の中の1シーンで、バージル・コールがビールのビンかなんかをゴミ箱にシュートするシーンがあるのかもしれませんよ。1テイクでOKだったとか。

実は、この記事の続きに、「彼にとって、コロンビア大学は無駄ではなかった。」とあるのですが、確かエド・ハリスはコロンビア大学時代、フットボールの選手だったはず。それもたしかクォーターバックかなんかだったはずで、パスを投げるのはお手の物なのかもしれません。(笑)

投稿: punkt | 2007.10.24 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画雑誌情報 | トップページ | British Independent Film Awards にノミネート »