« トロント映画祭レポート(第3日目・その2) | トップページ | トロント映画祭レポート(第5日目) »

トロント映画祭レポート(第4日目)

本日は、Eastern Promises の2回目と、Elizabeth : The Golden Age のガラプレミアを見る日です。

ジェフリー・ラッシュはとってもお茶目な人ですよ。

写真をクリックすると、もう少し大きなサイズになります。

 

トロント4日目(9月9日・日曜日)

今日は、朝9時半から Eastern Promises の2回目の上映です。
ayataさんたちはチケットを確保できていなかったので、Rush Line(当日券)に並ぶため朝早くに会場の Ryerson Hall へ行かれたはず。

私はすでにチケットを持っているのでちょっとゆっくりと8時半過ぎにユニオン駅へ。
ところが、地下鉄の駅の入口で愕然とすることに。
なんとシャッターが降りていてシャッターの前に数人の人が待っているじゃありませんか。
そこで、ふと思い出したのが、日曜日、地下鉄の運行は朝9時からとガイドブックに書いてあったような...

朝9時まで地下鉄が動かないなんて日本では考えられないことなのですっかり忘れていたのですが、しかたがないのでユニオン駅前にたくさん停まって客待ちをしていたタクシーで会場へ。
最初、Ryerson Hall とタクシーの運転手に言っても通じなくて、Ryerson University と言ったら、Side-A か Side-B か? と聞かれたので、International Film Festival と言ったら、わかったわかった、大丈夫、と間違いなく連れて行ってくれました。

 

会場に到着したら、すでにチケットホルダーの列はかなりの長さになっているようでしたが、無事にチケットを手に入れた ayataさんたちがすでに並んでいたところに入れていただきました。

チケットホルダーの列が入場し始めると、なんとホールのゲートのところにクローネンバーグ監督の姿があるではありませんか。取材を受けているようです。
これはまちがいなく監督の挨拶があるし、万が一ヴィゴもくるかもしれないからと、映画を見るのにはまったく向きませんが、一番前の方に行くことに。

070909cronenberg_2 結局、クローネンバーグ監督の挨拶だけでしたが、それでも間近にお顔が見られて幸いでした。監督もカッコいいですものね。ただ、私の席はあまりにも真正面すぎて、写真を撮ったら監督の顔にマイクが重なってしまいましたけど。
監督は朝からこんなレイティンングのついている映画を見るもんじゃないよというようなことを言って、みんなが爆笑するヒトこまも。(カナダでのこの映画のレイティングは18A)

 

さて2度目の EP は、あまりにも席が前だったために、違った型で画面がゆがんでましたが、ものすごく迫力はありました。目と首が疲れましたけどね。

少し余裕が出てきた目でこの映画を見て気づいたのは、HoVに比べて今回は音楽がぜんぜん頭に残らないということです。HoVの時は、なんだかLOTRみたい、と思うところもいくつかあったのですが、EPの音楽は、すっかり映画の中に溶け込んでいて、音楽があったことも忘れるぐらいです。
映画音楽がありながら、その存在を特に感じさせないというのは、なかなかすごいことですよね。

2度目になると、ヴィゴの細かな表情の動きを追う余裕も出てきますし、1回目には聞き取れなかったセリフも少し聞き取れるようになってきて、より映画を堪能できたと思います。

14日の一般上映初日も、絶対に見に行こうと決意です。

 

映画終了後、本屋を中心にお店をチェックしたりしましたが、やはり日曜日だと午後からしか開かなかったり、そもそもお休みのお店もあったりして、日本とは違うことを実感。
フードコートで一休み後、トロントの街の散策を楽しみました。

 

今晩は、6時半上映開始の ”Elizabeth : The Golden Age” のガラプレミアを見に行くので、一旦、ホテルに買い物した荷物などを置きに戻って、4時前にレッドカーペットに再集合です。

Tiff_gala_mapまたこの見取り図を引っ張り出しますが、今回はレッドカーペットのところに来たのが遅かったので、(2)のところよりも少し左に行った場所の最前列で待つことに。

報道陣が所定の位置について、あと10分もすればレッドカーペット開始と思われる頃、セキュリティーが歩道の左寄りの後の方にいた人たちの中から、20人弱を選んで(3)の囲いの中に移動させました。

この(3)の位置は最高の位置なのですが、ここに誰を入れるかは、その時の混雑の具合や様子を見て、セキュリティーの判断で選んで移動させているようなので、運がよければとしか言いようがありません。でも、少なくとも、(2)ぐらいから左側のあたりにいる人しかチャンスはないように思いました。

 

070909elizabeth_1_2 さて、いよいよレッドカーペットに車が到着し始めました。
監督に続いて到着したのは、ジェフリー・ラッシュです。

最初、私たちが立っているのより右の(2)のあたりに来てサインをはじめて、そのまま右の方に行ってしまいそうだったのですが、私たちの直ぐ後にいた東洋系の女性(ただし英語がネイティブな感じの方)が、大きな声で「彼女たちは日本から来たのよ」と叫んでくれて、ジェフリー・ラッシュがこちらに来てくれました。

今年の5月に日本に行ったんだよ、などと気さくに話してくれながらサインをしてくれます。

070909elizabeth_3 ジェフリー・ラッシュを呼んでくれた彼女はクライヴ・オーウェンの大ファンらしく、代わりにクライヴが到着したら、一緒に叫んでね、と言われたので、もちろん協力を約束。

 

次に到着したのは、アビー・コーニッシュです。
なかなかチャーミングな方ですね。

 

070909elizabeth_4 次はいよいよケイト・ブランシェットの到着です。
さすがの貫禄と言おうか、ガラ様は輝いて後光が差しているように見えました。
(2)のところまではサインに来てくれたのですが、やはりそこから右の方にいってしまって、私たちのところには来てくれませんでした。

 

070909elizabeth_2 そして、最後に到着したのがクライヴ・オーウェン。
彼は、車を降りる時から歩道の側に降りて、ファンサービスをしようという気合十分な感じで(2)のところへ。

クライヴファンの方と声を揃えてクライヴコールを繰り返したんですが、残念ながら、またもや右の方に行ってしまって私たちのところには来てくれませんでした。
でも、生クライヴは、映画で見るよりもカッコよかったですよ。

 

レッドカーペットに到着すると予想されるメインキャストは出揃って、みなさんレッドカーペットの中に入ってしまいましたし、観客の入場も始まっているので、そろそろチケットホルダーの列の方に行こうかと歩道の最前列を離れたちょうどその時、集まっている人たちから歓声が。
なんと、ゲストとしてリヴ・タイラーが到着したところでした。

レッドカーペット前を離れるのが、ちょっと早すぎたね、と残念がりつつホールの中へ。

私はなんとか、昨日よりは1ブロック内側のバルコニー席の最前列の席を確保することができました。
メザニンの関係者席を見ると、リヴ・タイラーも席にいるのが見えました。
そして、帰国してから viggo-worksを見たら、このとき、ヴィゴもゲストとして来ていたのだそうです。さすがにそこまでは気がつきませんでした。
ただ、ヴィゴはレッドカーペットではなくて裏から入ったとのこと。
やはり、LOTR組の結束は固いのですね。

 

070909elizabeth_5_2 面白かったのは舞台挨拶。
監督がアビーを紹介した後、おそらくクライヴを紹介するべく、「彼はナイスガイで、セクシーで、...」とよい男を褒める言葉を羅列していると、なんとジェフリー・ラッシュが観客に手を振りながらスタスタと舞台の中央へ(笑)

客席は大爆笑。

仕方なく監督は、「では、もう一人のセクシーガイです。」と言ってクライヴを紹介。
出てきたクライヴはジェフリーと楽しそうにハグしていたので、さっきのジェフリーが先に出てきたのも、二人で示し合わせたのかもしれませんね。

最後に主役のケイトが紹介されて舞台挨拶は終了です。

 

さて、肝心の映画は、言葉が難しくてヒアリングができないところばかり。
時代がかった言葉遣いというのはやはりとても難しいです。

それでも不思議とだいたいの話は分りますし、元々歴史物は好きなので、ゴージャスで美しい画面を眺めているだけでも楽しいです。

イギリス国教会に反発して、なんとかカトリックの女王メアリ・ステュアートをイギリスの王位につけようと画策するスペイン人たちの描き方が、以前にヴィゴがアラトリステの時に言っていたとおり(油っぽいべたっとした髪で、狡猾。陰謀を企んでいる。)だったので、思わずクスッとなりました。

エリザベス1世が自ら馬を駆って戦場に立つシーンは、ほんとうか?と内心突っ込みをいれながらも、なかなかかっこよく、アルマダの海戦のサー・ウォルター・ローリー卿も素敵でした。

 

今回も、ケイト、ゴメンね、と内心謝りつつ、Eastern Promises に投票したのは言うまでもありません。

 

写真の無断転載、直リンクはご遠慮ください。
Don't direct link, Don't upload without permission.


|

« トロント映画祭レポート(第3日目・その2) | トップページ | トロント映画祭レポート(第5日目) »

TIFF」カテゴリの記事

コメント

punktさん♪

『The Golden Age』のガラプレミアのレポ!楽しく読ませていただきました!
クライヴが最初からファンサービスをしようとしていた感じだったというのが嬉しかった(#^.^#)
間近まで来ていたのに、サインを貰えなかったのは本当に残念でしたね。
生クライヴは映画の中よりかっこよかったですかぁーーー!そうですか!!あぁ・・・・私もいつの日か生クライヴを♪(#^.^#)
舞台挨拶の映像を私もYTで見て笑ってしまいました!ラッシュさんはホントにおちゃめですね。(~_~;)

投稿: tama | 2007.09.20 07:26

tamaさん
クライヴがもうちょっとこっちに来てくれれば....という状態だったんですが、最前列で何にもさえぎられずにお顔だけでも拝見できて良かったです。
次はぜひ、tamaさんも!

投稿: punkt | 2007.09.20 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トロント映画祭レポート(第3日目・その2) | トップページ | トロント映画祭レポート(第5日目) »