« 帰国いたしました | トップページ | トロント映画祭レポート(第2日目) »

トロント映画祭レポート(第1日目)

まだみなさんからいただいたコメントへのお返事もしていませんが、とりあえずさっさと書き始めないと忘れてしまいそうなので、トロント映画祭のレポートを書いてみようと思います。

トロントに正味8日間滞在して、15本(うち3本がEP)の映画を見て、合間にトロント観光もと欲張った内容だったのですが、来年以降、トロント映画祭に行ってみようかという人にお役にたつことを考えてレポートしてみたいと思います。

 

トロント1日目(9月6日・木曜日)

台風で飛行機がキャンセルになるのではないかと心配したのですが、台風の進み方がゆっくりだったおかげで無事にほぼ定刻通りに飛行機は出発。
トロント国際空港にもほぼ定刻どおりについて、税関もさっさと通ったところまでは順調だったのですが、スーツケースをピックアップするところで思わぬ時間がかかってしまいました。

無事にスーツケースもピックアップして、エアーポート・エクスプレスのバスでホテルへ。
市バスと地下鉄を乗り継いだ方がずっと安いのですが、大荷物を抱えての移動は大変なので、エアーポート・エクスプレスのバスにしました。

いわゆるリムジンバスで大型の荷物はバスのトランクで預かってくれますし、ダウタウンの主要なホテルを巡回してくれるので楽です。
私の宿泊先のホテルそのものには停まりませんが、すぐ横のフェアモント・ロイヤル・ヨーク・ホテルの前に停まるのでなかなか便利。
インターネットでクレジットカードを使って、往復券を購入するとだいぶ割安になります。

夕方のラッシュアワーにかかってしまったので、予定より時間がかかって、空港から45分ぐらいで到着。

荷ほどきをしてから、ユニオン駅のあたりに夕飯を買い出しに。
トロントは最高気温が32℃だったということで、夕方になっても29℃ととても蒸し暑かったです。
夏時間のせいで、夜の7時半でもまだ日が暮れきっていません。
ユニオン駅の前で、エリザベスの宣伝カーに遭遇しました。

今回、私が宿泊したのは The Strathcona Hotel  で、ちょっと上等なビジネスホテルといった感じのホテルです。
トロントの中央駅であるユニオン駅の駅前で、ガラプレミア会場のロイ・トムソン・ホールへは歩いて5分、他の会場である Scotiabank Theater や、Visa Screening Room へも歩いて15分ちょっとという、大変便利な場所にあります。

 

<本日の成果>
Eastern Promisesの写真入り記事が載っている、Newsweek日本版(9月12日号)を成田に行きがけの駅中の本屋で購入。
クローネンバーグ監督とハワード・ショアのインタビュー記事が載っている、エアー・カナダ機内誌 enRoute 9月号をゲット。
ホテルのロビーでTIFFの宣伝パンフレット Screen TIFF Day1号をゲット。オールカラーで上質紙なのでこれは素晴らしい。

|

« 帰国いたしました | トップページ | トロント映画祭レポート(第2日目) »

TIFF」カテゴリの記事

コメント

わーい 早速のレポートありがとうございます
>忘れてしまいそう
なんて punktさんも北米へ行かれた方々同様 たくさん戦利品を持ち帰られたのですね 続きがたのしみです 
CADILLAC PEOPLE'S CHOICE AWARD punktさんのようになさると投票数と動員数が合わずに無効になるのでは と一瞬思ったのですが 実際投票する方が少ないのであれば大丈夫ですね 同行された御五方が皆さんそうなさってらしたのなら 妙に日本人率高いな と思われたのでしょうか ほら日本人の文字ってわかりやすいから(笑) 

投稿: 桜井 | 2007.09.18 12:31

桜井さん
そもそも投票用紙を受け取る人が少ないんですよ。
投票用紙に最初から作品名が印刷されていたら、こんな片っ端からEPに投票することなんて出来ないんですが、自分で記入する方式だったので、ダメ元でとにかく投票し続けました。

戦利品(主として新聞)は、後でまたご紹介しますね。

投稿: punkt | 2007.09.18 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国いたしました | トップページ | トロント映画祭レポート(第2日目) »