« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の34件の記事

”Far North” フォトコール

070830veniceヴェネツィア映画祭で8月30日におこなわれた、”Far North” のフォトコールの写真が上がってき始めました。

ショーンは、二人のミッシェルに挟まれて、両手に花状態ですね。

WireImage(ウォーターマーク付の大きな写真あり)
GettyImages(ウォーターマーク付の大きな写真あり。「Sean Bean」で検索してください。)

 

また、Daventry Expressの記事(写真あり)によると、ショーンは”Far North”の撮影で、氷点下40度にもなるところで、2度もヌードシーンを撮影したそうです。

以前にご紹介したこちらの記事で、一面の銀世界を裸で走っている人影はもしやショーンでは、と書きましたが、やっぱりショーンだったんですね。

あぁ、トロントで見たかったのに。

| | コメント (2)

Eastern Promises のインタビュービデオクリップほか

Erikoさんのところで教えていただきました。

MOVIEWEB のこちらのページで、Eastern Promises関連のビデオクリップをたくさん見ることができます。
ヴィゴ、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセルなど出演者や、クローネンバーグ監督のインタビューから、ビハインド・ザ・シーンまであります。
(残念ながら、インタビューやビハンイド・ザ・シーンのビデオクリップは下ろされてしまったようです。)

Erikoさんのところのこちらとこちらで、これらをダウンロードできるようにしてくださっていますし(MOVIEWEBでクリップをおろしてしまった関係で、Erikoさんのところもみなさんに公開するのを控えたそうなのでリンクをはずしました)、またヴィゴのインタビューとビハインド・ザ・シーン2本については、viggo-worksのこちらに転載されています。

私はそろそろネタバレをなるべく控えようと思っているので、とりあえずダウンロードだけさせていただいて、中身は後でゆっくりと楽しむことにします。

Erikoさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

"Eastern Promises"プレミア情報(その2)

下の方にも、世界各地でおこなわれる ”Eastern Promises” のプレミア情報を書きましたが、さらに追加があるようです。

Sachieさんが、みつけてくださった記事の情報(フランス語)を、viggo-worksの方々が整理して英語にしてくださっています

それによると、9月10日、ヴィゴとクローネンバーグ監督は、カナダのモントリオールでプロモーション活動を行う予定のようです。
おそらく、午後に記者会見、夕方に映画の上映となると思われるものの、会場や時間についての情報はない、とのことです。

また、viggo-wokrs の lsnaturegirlさんが教えてくださった情報によると、9月13日午後7時半より、マンハッタンのDirectors Guild Theaterで、クローネンバーグ監督が参加して、Eastern Promises のプレビュー上映がおこなわれるそうです。

詳細とチケットの購入は、Museum of the Moving Image のサイトからどうぞ。
ミュージアムのメンバー以外の料金は18ドル。

ヴィゴの名前は書かれていませんが、ひょっとしたら、ということもありますよね。

| | コメント (4)

TIFF上映スケジュール

仕事が忙しくて、ヘロヘロになっている間に、Eastern Promises 関連の情報が、どっと出て来ているようですね。

まずは、トロント国際映画祭の情報から。

TIFFの全上映スケジュールが発表になっています。
ヴィゴ関連は、

Eastern Promises
 9/8(土)  18:30~ Roy Thomson Hall
 9/9(日)  9:30~ Ryerson

また、マイケル・ムーア監督の下記の新作にも、ヴィゴが登場しているようです。

Captain Mike Across America

 9/7(金) 18:00~ Ryerson
 9/8(土) 11:45~ SCOTIABANK THEATRE 3

9月7日にはヴィゴはトロント入りしているはずですし、マイケル・ムーア監督も映画祭参加予定者リストに名前があるので、ひょっとしたら7日の上映時にヴィゴも姿を現すかもしれませんね。

私は、事前に予約抽選の申込ができる、10-Film Package を購入したので、さっそく Eastern Promises の2回目と、マイケル・ムーア監督作品の1回目も申し込むことにしました。

他にどの映画を申し込もうかといろいろ見ていたら、Married Life という作品を発見。
ピアース・ブロズナンにクリス・クーパーというだけでも素晴らしそうなのに、IMDbをチェックしたら、デイヴィッド・ウェナム氏も出演してるじゃありませんか。
これも、申し込むこと決定です。

| | コメント (2)

ヴィゴの写真あれこれ

viggo-worksにアップされているヴィゴの写真をご紹介します。

Paradiseさんが、VFBで Wowieさんがアップした、Eastern Promises の撮影現場での写真を1枚、転載してくださっています。ヴィゴと、ヴィゴのロシア語(ロシア訛り)の言語コーチの方の写真。

セピアがかったモノクロの写真ですが、なかなか素敵ですよ。

もう1つは、berenwenさんが紹介してくださっている3枚の写真
いずれも、Slide で maniannaさんが見つけてくださったものだそうで、サムネイルをクリックすると大きな写真になります。

最初の1枚はGoodの撮影時のものと思われるもので、”教授”がサンロレンソの旗を広げています。
写真のクレジットは、mcdynastar と書かれているのですが、Slideで検索しても該当する方は見つかりませんでした。

後半の2枚は、クレジットされている horameza という名前で検索したところ、こちらのスライドショーの中にある写真だということがわかりました

horamezaさんは、アルゼンチンからの帰りに、ヴィゴがわざわざマイアミ経由で帰って、サンロレンソのファンと交流した、という時に写っていた方ですね。

| | コメント (0)

8月24日サンフランシスコのヴィゴ

20070824viggoviggo-worksで教えていただきました。

8月24日に、サンフランシスコで行われた、Eastern Promises のプロモーションの写真というものが、viggo-worksにアップされていました。

写真のクレジットが、Mark Schieron となっていたので調べてみたところ、Flickrに、Mark Schieron氏のページがあって、その中に 8月24日のプレスツアーの写真として、ヴィゴの写真が4枚とクローネンバーグ監督の写真がありました。

どうやら、トロントにもこの姿であらわれそうですね。

| | コメント (0)

"Eastern Promises"プレミア情報

viggo-works のこちらで、RivResさんがヴィゴのマネージャーの Lynn Rawlins さんの協力によって、これからの世界各地での ”Eastern Promises” のプレミアの予定をまとめてくださっていますので、ご紹介します。

<ヴィゴの参加が予定されているプレミア>
 9月 8日  トロント
 9月11日 ニューヨーク
 9月18日&19日 パリ
 9月20日&21日 サンセバスティアン
 9月22日&23日 コペンハーゲン

<ヴィゴが参加するかどうかわからないプレミア>
 10月17日 ロンドン

10月にはAppaloosaが撮影開始と思われるため、ロンドンはかなり難しそうですね。

しかし、9月のEPプロモーションスケジュールはびっしりで大変ですね。

| | コメント (0)

”Eastern Promises” のガラ上映日程正式発表

昨晩、トロント映画祭の公式サイトで、”Eastern Promises” のガラプレミア上映の日程が正式にアナウンスされました。

9月8日(土) 6:30pm

トロント映画祭で上映される、全作品リストも発表されていますが、残念ながら ”Far North” の名前はありません。

また、同じく TIFFのサイトのこちらのページには、来場が予定されているゲスト(俳優や監督たち)のリストが発表されています。500人以上も参加するんですね。
リストはアルファベット順になっているので、お目当てのスターの名前を捜してみてください。

EP組では、ヴィゴとクローネンバーグ監督の他に、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセルの名前もあります。
HoV組の、マリア・ベロさんとウィリアム・ハートも来るようですね。

| | コメント (6)

Eastern Promises の新スティル写真ほか

さらに、Eastern Promises の公開されたスティル写真が増えているようです。
ネタバレ度がよりアップしてきていますので、そのつもりでご覧ください。

IGN.com の Eastern Promises の画像のページ

【追記】 Comingsoon.net
サムネイルをクリックし、さらに画像の右上の View Hi-Res Version をクリックすると、かなり大きな画像になります。

また、新しいクリップが comingsoon.net のこちらにアップされている、とのことなんですが、現在、見られないようです。
viggo-worksで Domさんに教えていただいた、YouTubeのこちらのクリップが同じもののようです。

| | コメント (2)

GQ Magazine 2007年9月号の記事

US版の GQ Magazine の最新号(2007年9月号)に、ヴィゴの写真入のインタビュー記事が5ページに渡って掲載されているそうです。

Sachieさんが、スキャン画像をご自分のサイトと、viggo-worksにアップしてくださっています。(viggo-worksでは、すぐ下の RivResさんがアップし直して下さった方をクリックすると、大きな画像をご覧いただけます。)

ブダペストで、”Good”の撮影中に取材が行われているので、写真も教授仕様でとても素敵ですね。
Sachieさん、ありがとうございます。

写真もさることながら、「アンチヒーロー」と題されたこの記事の内容が、はじめて聞くエピソードもいくつかあってとても面白かったので、ほんの一部をかいつまんでご紹介したいと思います。

(ちなみにこの雑誌は、紀伊國屋BookWeb で購入可能です。)


続きを読む "GQ Magazine 2007年9月号の記事"

| | コメント (5)

"Eastern Promises"公式サイトオープン

Ep_hpようやく、Eastern Promises の公式サイトがオープンしました。

IMAGESにある写真や、VIDEOにあるトレイラーは既出のものですね。

ABOUTの中の、PRODUCTION NOTESを斜め読み中ですが、今回もヴィゴの役作りの話が書かれています。

ヴィゴによると、ニコライはウラル山脈地域(モスクワよりかなり東で、シベリア平原の端にあたる)からロンドンに来た、秘密の多い人物だそうです。
撮影に先立って、何週間かウラル地域などのロシアを旅して、どっぷりとロシア文化と言葉に浸かっていたことが紹介されています。

そして撮影の間、ヴィゴはロシアから持ち帰った、刑務所でプラスチックのライターを溶かして作られた数珠などの手工芸品を身の回りに置き、トレイラーは、ロシア正教のイコンのレプリカが飾りつけられていたそうです。

やはり、小物をいろいろ持ち込んで、トレイラーからそれらしい雰囲気を作る、というのもヴィゴのいつものパターンのようですね。

| | コメント (0)

Dr.ショーン・ビーンのコメント

070720seanbean27月21日にシェフィールド大学から名誉文学博士の学位を授与されたショーンのコメントなどが、大学のサイトに掲載されています。

こちらの名誉学位受領者の紹介ページには、学長とショーンの写真と、ショーンのコメントがあります。

「シェフィールド大学からこの学位を授けられたのは大変名誉なことだ。特に私の故郷の町だからね。」と式典の後、年取った彼の祖母を含む家族に囲まれて、明るくショーンは言った。「実際、ここシェフィールドでということは、自分にとってどこよりも意義がある。ケンブリッジやどこかよりもずっとね。そうだろう?」

また、こちらのページには、ショーンが学位を授与されるのにいかにふさわしいかという演説の全文が載っているのですが、ショーンの演劇・映画での経歴を詳しく解説し、またいかに熱心なシェフィールド・ユナイテッドのサポーターか、故郷にいかに貢献しているか、ということを、とうとうと述べた内容になっています。

いつぞや、ショーンが雑誌か新聞のインタビューかなんかで答えた、”to score a goal for United would be better than sex” なんていうコメントまで引用してるんですけど、それって名誉学位にふさわしいの?(笑)

| | コメント (0)

Alatriste のビデオクリップの内容

下でご紹介した、Alatriste のビデオクリップの内容について、viggo-works で gm5さんが一部を英訳してくださっていますので、ご紹介します。

最初のアラトリステが戦っているシーンは、以前にご紹介した、DVDの削除されたシーンの 《シーン1》ですので、そちらをご覧ください。

読書するカピタンのシーンでの、マリアさんとの会話は

マリア: ディエゴ、あなたは行かなければいけないわ。
    召使たちを信用していないの。
    それに、宗教裁判所と問題をおこしたくないし。
    行くところはあるの?

ディエゴ: ああ。

マリア: 生き方を変えるべきだわ。
    あなたの生活のやり方をね、ディエゴ。

どうやら、宗教裁判所に追われて、イニゴとともにマリアさんのところに一時的に匿われていたシーンのようです。

また、若いイニゴとアンヘリカの会話は、スペイン王女とプリンス・オブ・ウェールズの結婚について。彼女は政治的な状況についていろいろと知っているようで、その発言の大筋は、この結婚は政治的、宗教的な理由によって実現しないだろうということ、だそうです。

gm5さん、ありがとうございました。

| | コメント (2)

Eastern Promises の新しいビデオクリップ

Amazon.com の Eastern Promises のページに、新しいビデオクリップが2本追加されています。

ネタバレを避けようという気持ちもあるのですが、やはり誘惑には勝てなくて...(笑)
2本とも、完全に映画の1シーンそのままを1分~1分半ほど抜き出したものですね。

上記のサイトからクリックして直接見ようとすると、私の Windows Media Player ではエラーになってしまうのですが、ビデオクリップを抜き出してみたところ、特に問題なく再生できるようです。
Clip #1 にはヴィゴは登場しませんが、私のようにサイト上でご覧になれない方もいるかもしれませんので、どちらもダウンロードできるようにしてみました。

Clip #1: Naomi Watts and Armin Mueller-Stahl(11.7MB)

Clip #2: Viggo Mortensen and Naomi Watts(8.0MB)

ロシア語なまり風にヴィゴがしゃべってるのがツボですね。
ちょっと聞き取りにくいということはあるのですが。

| | コメント (0)

Alatristeのビデオクリップ

Alatriste_bookviggo-worksで、capitan-alatriste.com のRogornさんに教えていただきました。

YouTubeで、イタリアのComingSoon TVで放送されたらしい、Alatriste紹介のビデオクリップをご覧いただけます。

このビデオクリップに使われている映像は、ほとんど完成した映画には使われなかったシーンばかりで、DVDの特典に入っている映像もありますが、DVDにもはいっていないカットされたシーンがたっぷりあります。

スチール写真だけはみなさんも目にしたと思う、読書するカピタン(上の写真)のシーンの動画があるのが嬉しいです。
カットしたのが惜しい、素敵なシーンがまだまだいっぱいあるようですね。

こちらも、ダウンロードできるようにいたしました。FLV形式です。(16.2MB)

| | コメント (4)

Golden Boot Awards のビデオクリップ

Goldenboot070811_vちょっと忙しくしていたら、ヴィゴ関連の動画がいろいろ出てきていて、嬉しい悲鳴です。

まずは、Sachieさんが viggo-worksでも紹介してくださっている、8月11日におこなわれた Golden Boot Awardsのビデオクリップ。

OrangeCountyTelevisionのサイトで、Quick Time版か、Windows Media版かを選択してごらんいただけます。
ヴィゴがインタビューに答えている部分は、ほんのちょっとですが、動いているヴィゴが見られるのはやっぱり嬉しい。

こちらに、Windows  Media版のファイルをダウンロードできるようにご用意しました。(16.7MB)

QuickTime版は、Erikoさんのところでダウンロードできるようにしてくださっているようですね。

| | コメント (0)

タトゥーを提案したのはヴィゴらしい

viggo-worksで紹介されていた 8月15日のGlobe and Mail の記事がちょっと興味深かったので、あまりネタバレではない部分だけご紹介します。

記事は、クローネンバーグ監督の新作、Eastern Promisesを紹介していて、この映画が作られた経緯が語られています。

クローネンバーグは(脚本を受け取ると)すぐに、モーテンセンにロシアのギャング役を提案した。「いつも彼はとてもロシア顔だと思っていたのでね。」

ロシア人の役、ということで、監督は真っ先にヴィゴの顔を思い浮かべたんですね。
さらに、ああ、やっぱりと思ったのが次のくだり。

その役の準備のためにロシアを旅したモーテンセンは、クローネンバーグにロシアの犯罪者のタトゥーに関する本を送ってきた。それがクローネンバーグにサブプロットとして活用することを思いつかせた。クローネンバーグファンにとって、それは彼の35年以上の仕事を特徴づけてきた、ある種の肉体変容のテーマの典型例になるだろう。

ちょうど1年前に、Perceval Press でヴィゴがロシアのタトゥーに関する資料を Recommendのページに載せていることを、このブログで紹介しましたが、タトゥーのアイディアを持ち込んだのはヴィゴだったんですね。
いまや、ポスターの中心になるほど、このタトゥーは重要なポイントですもの。

この後に、あの有名な話題のシーンの撮影方法についての、ヴィゴの発言もあるのですが、ネタバレになってしまうのでご紹介はやめておきます。
ご興味のある方は、がんばって英語を読んでください。(笑)

映画を見るまで、ネタバレがありそうな記事をなるべく読まないつもりだったんですけど、つい、読んでしまうんですよね。(苦笑)

| | コメント (0)

「トロイ」ディレクターズカット版、UKアマゾンでも予約開始

10日ほど前に、ショーンの出番も増量されているという、「トロイ」のディレクターズカット版が、USのアマゾンで予約受付中とご紹介しましたが、ようやく UKのアマゾンでも予約受付がはじまったようです。

TROY - Director's Cut

ところがこのUK版は、US版が2枚組みなのに対して1枚のようですし(特典は?)、発売日も10月1日となっています。(US版は9月18日)
しかもお値段がUS版よりだいぶ高い!

UK版ならリジョン2(ただしPAL)なので、UK版を買おうと思っていたのですが、これだったらUS版の方がいいのかなぁ。

それとも日本版が出ることを信じて待つべき?

| | コメント (2)

"Eastern Promises"の新画像

Easternpromises3”Eastern Promises” の新しいスティール写真が、いっせいに映画サイトにでてきましたのでご紹介します。

もちろんちょっとネタバレ。

IGN.com
Geeks of Doom
JoBol.com

これらは、どれもだいたい同じで、サムネイルをクリックすると大きな画像をご覧いただけます。

Comingsoon.net
サムネイルをクリックし、さらに画像の右上の View Hi-Res Version をクリックすると、かなり大きな画像になります。

Collider.com
こちらは、ポスターの画像をクリックすると、ものすごく大きくて高解像度のポスターになります。大迫力です。

| | コメント (2)

Golden Boot Awards の動画

Goldenboot070811_3viggo-worksで教えてもらいました。

YouTubeのこちらで、Golden Boot Awards の会場入りをするヴィゴの動画を見ることができます。
わずか20秒ほどの短いクリップですが、ダウンロードできるようにしてみましたので、こちらからどうぞ。(FLV形式、856KB)
YouTubeでそのままみるより、画面は小さくなりますが画像は鮮明だと思います。

また、写真サイトで後から出てきたところを追加しておきます。

Globe Photos(次のページにもあります)

LFI (

REX Features

isifa

Corbis(Viggoで検索してください。クリックで大きな画像になります。)

| | コメント (0)

The 25th Annual Golden Boot Awards

Goldenboot070811_111日、ビバリー・ヒルトンホテルで行われた、The 25th Annual Golden Boot Awards の写真が出てき始めました。

ご覧の通り、ヴィゴはすっかり教授の面影がなくなって、ワイルドな西部の男に変身しかかってるようです。
髪をすっかり短くしちゃったんですね。(ちょっと残念)

今現在見つけた範囲のリンクをご紹介しておきます。

Getty Images (Viggo で検索してください。ウォーターマーク付きの大きな画像あり)
Film Magic

Goldenboot070811_2 以上は、Arrival の写真だけなので、これから受賞時の写真なども出てくることでしょう。
また見つけたら追加していきます。

【追記】 上記のリンク先に、追加の写真がたくさんアップされました。
受賞のスピーチもあったようですね。

WireImage にも写真がでてきました。(Getty Imagesに同じ写真があります。こちらもウォーターマーク付きの大きな画像あり)

Newscom (Username: NCFOTONA, Password: Guest でログイン後、Viggoで検索)

CelebrityPhoto.com


| | コメント (2)

"Eastern Promises"の新しいトレイラー

Ep_trailer2 viggo-works で sosoさんに教えていただきました。

Amazon.comのこちらでポスターとともに紹介されているトレイラーは、以前にご紹介したトレイラーと内容が違ったものです。

長さはちょっと短めなのですが、ヴィゴの登場シーンがずっと増えていて、ドキドキするようなシーンが満載。もちろんネタバレです。

さっそく、ファイルをダウンロードできるようにいたしましたので、予告編程度のネタバレOKの方は、どうぞ。

Media Fire でダウンロード(15.5MB)

| | コメント (4)

”Eastern Promises” のポスター

Ep_posterviggo-worksで教えてもらいました。

Amazon Screening Room's Blog のこちらに Eastern Promises のポスターの画像が掲載されています。(リンク先ではもっと大きな画像をご覧いただけます。)

タトゥーだらけのヴィゴの手のアップという、実に渋いポスター。

キャッチコピーもなかなかカッコイイですね。

EVERY SIN LEAVES A MARK.
すべての罪は徴(しるし)を残す。

ますます、この映画が楽しみになってきました。

| | コメント (2)

”Eastern Promises”はコペンハーゲン国際映画祭にも参加か?

viggo-worksの RivResさんの情報によると、下でご紹介したサンセバスティアン国際映画祭とともに、9月20日から24日の間でヴィゴがデンマークにも行くことの確認がとれた、とのことです。

デンマークのmumsさんによると、9月20日~30日は、コペンハーゲン国際映画祭があるので、”Eastern Promises”をひっさげて、ヴィゴがこの映画祭に来るのではないか、とのことです。

デンマーク国際映画祭公式サイト(英語ページ)

今のところ、公式サイトには”Eastern Promises”もヴィゴの名前もありませんが、詳細なプログラムの発表は9月3日で、チケットの購入も9月3日からインターネットで可能とのことです。

ヴィゴはまたまた大忙しですね。

| | コメント (0)

"Good"舞台裏のキャプチャ画像

Goodcapviggo-worksに、Chrissiejaneさん提供の Sky Networkで放映された、”Good”のプレビュー番組のキャプチャー画像が何枚かアップされています。
かなりネタバレ画像ですので、ネタバレを避けている方はご注意ください。

キャプチャ画像はこちら

すっかりハルダー教授に成りきっているヴィゴは、ロシアマフィアのニコライやカピタンとはとても同一人物とは思えないですね。
ちょっと気が弱そうで、神経質そうな感じがして、さすがカメレオン俳優。

衣装も、微妙に大きめに作られているようで、ハルダー教授のほっそりと華奢な感じが強調されていて上手いものだと感心しました。

| | コメント (2)

”Eastern Promises” はサンセバスティアン映画祭もオープニング作品として参加

Variety.com のこちらの記事や、elmundo.es の記事などによると、9月20日~9月29日にスペインのサンセバスティアンでおこなわれる、第55回サンセバスティアン国際映画祭のオープニング作品として、”Eastern Promises”が上映されるそうです。
また、この映画祭では、EPはコンペティションにも参加となります。

サンセバスティアン国際映画祭公式サイト(英語ページ)

上記の公式サイトのNewsにも大きく載っています。

また、viggo-worksのこちらの RivResさんの情報によると、この映画祭にヴィゴが参加することの確認が取れたようです。9月20日には、ヴィゴはスペインのサンセバスティアンですね。

【追記】 サンセバスティアン映画祭のチケットは、9月17日より、公式サイトで購入可能となるそうです。

| | コメント (0)

"Appaloosa"の撮影は10月1日から?

Variety.com のこちらの記事によると、

エド・ハリス、ヴィゴ・モーテンセンとレネー・ゼルウィガーが西部劇”Appaloosa”で主演する予定。この映画は、ハリスがロバート・ノットと共作した台本によって監督するものである。New Lineが配給に参加し、Michael London がこの映画に共同出資する彼の Groundswell Productions を通してプロデュースする。
ハリスとノットもまたプロデュースする。撮影は10月1日にニュー・メキシコでスタート。

とのことで、やはり以前にもご紹介したように、レネー・ゼルウィガーがアリー役に決定したようですね。

撮影も10月1日からとのことなので、やはりロンドン映画祭へのヴィゴの参加は、ちょっと難しいような気がします。

【追記】 山のように同様の記事が出てきていますが、ほとんどみな Varietyが元ネタのようです。日本語の記事も出てきたのでご紹介しておきます。

AFPBB News(日本語)

シネマトゥデイ

| | コメント (0)

ショーンのパパラッチ写真

8月2日にショーンの自宅前で撮られたという、パパラッチ写真が5枚出てきています。

そのうち3枚はジーナ嬢と一緒で幸せそうにしている写真なので、彼女をご覧になりたくない方は注意!(笑)

どうやらショーンは庭仕事かなんかをやっている最中らしく、泥で汚れたトレーニングパンツとちょっと穴が開いたTシャツ姿です。
彼女にTシャツの図柄が良く見えるように、「どうだい!」という感じで胸を張って見せているところなど、微笑ましくて良い感じ。

The Mighty Bean ForumBBB にPudgeさんがアップしてくださっていますが、ユーザー登録なしでもご覧いただけるのは BBBの方だけですね。

ジーナ嬢抜きの写真のうちの1枚は、Sean Bean Daily のこちらにアップされています。

庭仕事中だと思ったけど、ショーンが首から提げているのは....例のメガネですね。

| | コメント (2)

「トムとトーマス」GyaOで無料放送中

簡単な登録をするだけで、無料の映画などを見ることができる GyaO で、8月1日から9月1日の期間限定で、ショーン・ビーンファンには人気の映画、「トムとトーマス」を見ることができます。

夏休み期間なので、ファミリー向け映画ということでラインナップに載ったのでしょう。お話はクリスマスの時期のものなんですけどね。(笑)

ショーンが悪役でも強面でもない、ごく普通のお父さん(ただし職業は画家)で、男やもめで男の子を育てているという、なかなか珍しい役どころなのがポイント。
双子の役を一人二役で熱演しているアーロン君もとっても可愛いのでお薦め。

GyaOのサイトでは、リンクはトップページしか許していないので、トップページで ”トムとトーマス”で検索してください。
字幕版と吹替え版の両方をご覧いただけます。

| | コメント (0)

「トロイ」ディレクターズカット版 Amazon.comで予約受付中

B000TGELLYオデュッセウスの出番も増えているということで、何度も話題にしている、「トロイ」のディレクターズカット版ですが、Amazon.com で予約受付を開始したようです。

Troy - Director's Cut (Two-Disc Special Edition)

B000TGJ8IUこれは、通常の2枚組みのものなのですが、このほかに、ブックレットやらなにやら付録がいろいろついた、アルティメイト版というのもあるようです。

Troy - Director's Cut (Ultimate Collector's Edition)

どちらも、9月18日発売。
リジョンは1になりますのでご注意ください。

アルティメイティト版のブックレットにショーンがたくさん出てくるのならこちらを買いますが、あまり期待はできないような気が...

イギリスのアマゾンでは、HD-DVDとブルーレイDVDは名前だけあるのですが(9月18日発売予定になっていますが、予約受付はまだ)、通常のDVDのディレクターズカット版が見当たりません。

これって、日本でも発売されるのかな?

| | コメント (0)

The Mighty Bean Forum がお引越し

ショーン関連のニュースや画像、動画でお世話になっている、 The Mighty Bean Forum がお引越しをするそうです。

新しいサイトは、http://www.themightybean.net/ で、すでに新装開店しています。

旧サイトでメンバー登録している人には、お知らせのメールが届いていることと思いますが、新しいサイトに新たにメンバー登録をしなおす必要がありますので、お忘れなく。

| | コメント (0)

Eastern Promises は London Film Festival のオープニングを飾る予定

TIMES ONLINE の7月31日の記事によると、10月17日(水)に開幕する、The Times BFI 51st London Film Festival のオープニング作品として、Eastern Promises が上映されるようです。

イギリスでの一般公開は、10月26日より。

10月半ばというと、ヴィゴは次の Appaloosa の撮影に入っているのではないかと思われるのですが、果たしてロンドンにヴィゴは登場するのでしょうか?

| | コメント (0)

2007 Golden Boot Awards

Goldenboot_logo_sm viggo-worksで教えてもらいました。

こちらのニュースによると、8月11日(土)にビバリーヒルズのビバリー・ヒルトン・ホテルでおこなわれる、第25回 Golden Boot Awards で、ヴィゴがこの Golden Boot Awards を受賞するそうです。

【追記】 viggo-works のRivResさんによると、ヴィゴがこの授賞式に出席することが確認できたそうです。(きっとヴィゴのマネージャーに確認したんですね。)

Golden Boot Awards は、 非営利団体の  Motion Picture & Television Fund が、映画やテレビで、西部劇の伝統を促進するのに功績があったと認めた、俳優、スタントマン、プロデューサー、監督などに毎年贈っている賞だそうです。

今ごろなぜ?という感じですが、Hidalgo が受賞対象なのでしょうか?

8月11日の予定は Press call, 4:00 p.m.; cocktails, 5:00 p.m.; program, 6:30 p.m. だそうです。

2007 Golden Boot Awards のサイト

| | コメント (4)

Hello! の月間投票スタート

Hello_viggoHello! Magazine の月間人気投票にヴィゴが登場です。

すでに、ちょっとばかり出遅れていますが、こんどこそ、月間1位を目指して頑張りましょう。締切りは8月31日。

確認のため、投票のたびに画面に表示される英数字を入力することが必要です。(連続投票は、15分以上間隔を置くこと。)

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »