« DAGBLADET の記事の内容 | トップページ | 旅の仲間のタトゥー »

リングステッドのアラトリステ上映会レポート

Ringsted070713_6viggo-worksで、リングステッドのアラトリステ上映会に参加された、デンマークの mumsさんがレポートをアップしてくださっていますので、かいつまんでご紹介します。

ヴィゴはどうしてもサンロレンソの宣伝をしたいようですね(笑)

【追記】 このmumsさんのレポートのとおりのビデオクリップを、Erikoさんが yoyoさんの協力のもと、ダウンロードできるようにしてくださっています。

また同じビデオクリップを、Erikoさん提供で、viggo-worksのこちらでもダウンロードできるようにしてくださっています。

まず最初に、Tulleおばさんによってヴィゴが紹介されました。
ヴィゴは、シャツの色にコーディネートした赤いソックス(もしかしたらサンロレンソのソックスだったかもしれないそうですが)で、とてもボーイッシュに見えたそうです。
mumsさんの表現を借りれば、誰かが彼を洗い上げてスーツを着せたみたいで、ちょっと華奢な感じで、家に連れて帰ってクッキーをあげたい、という感じだったとか(笑)。

Tulleおばさんが引っ込んだ後、ヴィゴは赤と青の劇場の幕に気がつくと、幸運のために触りに行ったようです。
映画の簡単な紹介をして、上映後にQ&Aとサインをすることをヴィゴ自身が告げて、映画の上映になります。

映画の上映は観客のスタンディングオベーションで迎えられて、可愛いブロンドの女の子がヴィゴに花束を渡したところ、彼女の手と頬にヴィゴがキスをしたので、客席からため息が...
持っていた黒と赤のバッグ(おばさんと一緒の写真に写ってますね。)から、サンロレンソの旗を出して拡げると、サンロレンソは世界最高のサッカーチームだと言ったようです。

さらに、別の旗を出して拡げると、これがレオンの旗で、レオンとアラトリステの関係について説明し、リングステッドの公式の代表としてTulleおばさん(彼女は副市長なんだそうです)をステージ上に呼び出すと、二つの市の間の友好のしるしとして、その旗を贈りました。
mumsさんの意見では、これはまったくヴィゴの思いつきで、Tulleさんは本当にびっくりしているようだったし、ヴィゴはイタズラっぽく笑っていたそうです。
Tulleさんのコメントによると、ヴィゴはまだレオンでもらった子犬(もう大人になってると思いますが)を引き取っていないようですね。いつ引き取りに来るのかと、ずっと言われているみたいです。

Q&Aでは、ほとんどが映画スターに興味を持った近隣から来た人々で、熱烈なるヴィゴファンというわけではないので、以前にどこかで聞いたような質問がほとんどだったそうです。それに、最前列に席を取ったmumsさんは、ほんの3mほどしかヴィゴが離れていなかったので、呼吸をするのもやっとの状態で、あまり内容も覚えていないとか。(笑)

興味深いのは、Goodについての話。ずっと以前にヴィゴがロンドンで映画のオーディションを受けた時(結局オーディションには受からなかった作品だそうですが)、Goodの舞台を見ているのだそうです。

20~30分のQ&Aが終わった後、サイン会もおこなわれて、mumsさんは、来年デンマークで展覧会をおこなうという話の確認が取れたそうです。

mumsさん、貴重なレポートの提供、ありがとうございました。

|

« DAGBLADET の記事の内容 | トップページ | 旅の仲間のタトゥー »

Good」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

punktさん、 連続の翻訳ありがとうございます。
息継ぎ、大丈夫でしょうか?

<家に連れて帰ってクッキーをあげたい、という感じ~
デンマークの方の優しさが感じられました。

オフだったら、そっとしてくれたことと思いますが、今回はヴィゴの熱情の賜物でしょうか。
ヴィゴの親戚愛といい、デンマーク(なんとなくクールな感じと思ってました)の人々のつながりの深さに感服。

投稿: アンバー | 2007.07.16 17:14

アンバーさん
デンマークのマスコミは、いつもヴィゴが休暇でデンマークに来ているときは、ヴィゴがデンマークを離れてから「ヴィゴが来ていました」というニュースを流すようにしてくれているそうです。
デンマークの人たちは、自分のところのスターという感覚でヴィゴを応援しているみたいですね。

投稿: punkt | 2007.07.17 00:17

いろいろ翻訳・紹介をありがとうございます。
>ヴィゴは赤と青の劇場の幕に気がつくと、幸運のために触りに行ったようです。

 サンロレンソカラーですが。・・こういう慣習ってあるわけなんでしょうね。
 以前だったら、自分が留守でもヘンリー君が面倒みてくれてたのかしら。今後引き取れる状況になるのかどうか。

投稿: mizea | 2007.07.17 00:43

mizeaさん
やはり、優勝したサンロレンソにあやかるということだと思いますよ。>劇場の幕に触る
TJを預けてある牧場に預けるという手もありますよね。>レオンの犬

投稿: punkt | 2007.07.17 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DAGBLADET の記事の内容 | トップページ | 旅の仲間のタトゥー »