« 6月8日 ロンドンのアラトリステ上映会レポート | トップページ | ¡SAN LORENZO CAMPEÓN! »

”Good”撮影現場こぼれ話

viggo-worksで、ハンガリーの nejさんが、Good の撮影現場で働いている女性が書いたエピソードを紹介してくださっています。

ヴィゴは完全に役柄に入り込んでしまっています。彼を呼ぶことができるのは、役柄の名前で呼んだ時だけです。でも、誰でも彼と話をしたい人は話すことができます。
毎日2回、私たちにチョコレートを持ってきてくれます。
彼の運転手は、彼はいつもとても親切だと言っています。

やはり撮影が始まると、ヴィゴは完全に役に没入してしまうんですね。
でも、チョコレートを持ってくることは忘れないと(笑)。
やはり、チョコレートの妖精さんですね。

|

« 6月8日 ロンドンのアラトリステ上映会レポート | トップページ | ¡SAN LORENZO CAMPEÓN! »

Good」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

"Good"の教授役はヴィゴが今まで演じてきた役とすごくキャラクターが違う
みたいなので楽しみです。 ハンガリーで撮影だからあまり情報が出てこない
んじゃないかと思っていたのですが、こうして撮影の様子が少しでもわかる
のは嬉しいです♪ 相変わらず役にどっぷりなんですね。

サッカーのことは詳しくないんですけど、サンロレンソが優勝したみたいですね!
シェフィールドと明暗を分けちゃいましたけど・・・・
今日はチョコレートも大盤ぶるまいでしょうか(笑)。

投稿: Aralis | 2007.06.11 13:14

Aralisさん
>相変わらず役にどっぷりなんですね。
そうみたいですね。(笑)

>サンロレンソが優勝したみたいですね!
そのようです。
上に一応、記事としてあげてみました。
ヴィゴは月曜日は撮影が休みの日だそうですから、昨日の夜中に祝杯を上げて飲み明かしているかもしれませんね。

シェフィールドの方は、明後日、ショーンを先頭に国会に請願だそうです。

投稿: punkt | 2007.06.11 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月8日 ロンドンのアラトリステ上映会レポート | トップページ | ¡SAN LORENZO CAMPEÓN! »