« ”The Loser” のビデオクリップ | トップページ | プロフェッサー・ハルダーの画像 »

「ブレゴ」緊急手術を受ける

BregoLOTRでアラゴルンの馬ブレゴを演じ、後にヴィゴの馬となったウラーウスが、緊急手術を受けて、一命を取りとめたそうです。

ニュージーランド Massey大学のこちらのニュース記事によると、ブレゴが預けられているレイ・レナハンさん(奥様は、アルウェンの乗馬シーンのダブルをやったジェーンさん)のところで、2、3時間で急激に容態が悪くなったのだそうです。

酷い疝痛をおこしていると診たレナハンさんは、すぐにブレゴをMassey大学の馬の専門病院に運び込みました。

ブレゴを託されたフレデリック・ポーウェル医師は、緊急の開腹手術をおこない、腸閉塞をおこしていた小腸を2m近く切除。
手術が遅れていたら、確実にブレゴの命はなかったという緊急事態だったようです。

手術後、順調に回復したブレゴは、約1週間後の18日(金)に無事に退院しました。

ヴィゴからは、関係者一同が素早く対応して馬の命を救ってくれたことに対して感謝する、というメールがレナハンさんのところに届いていて、その中で、ハンガリーでの撮影が終了した後、今年の終わりごろにブレゴの様子を見に行きたい、とあったそうです。

この記事によると、ウラーウス(ブレゴ)の年齢は22歳とありますが、馬としてはもうかなり高齢ですよね。手術が成功して、命が助かってよかったです。お大事に。

【追記】 ニュージーランドのテレビ、TV3 のサイトで、元気になったブレゴの様子を伝えるニュースのビデオクリップをご覧いただけます。

|

« ”The Loser” のビデオクリップ | トップページ | プロフェッサー・ハルダーの画像 »

LOTR」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”The Loser” のビデオクリップ | トップページ | プロフェッサー・ハルダーの画像 »