« アルゼンチン記者会見の内容 | トップページ | MOVIE STAR 5月号(Vol.147) »

Cinemaniaのインタビューの内容

070329cinemania_viggo2もう1つビデオクリップの内容をご紹介。

viggo-works の Gracielaさんが、やはり先日、ビデオクリップをご紹介した、Cinemaniaのインタビューの内容を、聞き取って英語に訳してくださっていますので、それをご紹介します。

アラトリステのように、有名な小説のキャラクターを具現化するといったことはどんなことですか?

(このキャラクターは)とてもすばらしくて、本当に愛されていて、とても有名だ。最初からかなりな程度の一般の関心を引いている。映画が公開された時にわかるだろうけれど。一方で、人々はそのキャラクターについて、こんな風であるべきだとか、衣装、この時代 - 今回はスペインの黄金期だが - の話の精神について、非常にあらかじめ定まった知識があるという問題がある。

アラトリステファンが映画を見たときの反応は?

彼らは気にいってくれたし、アルトゥール・ペレス・レベルテの作品の何人かのファンには、アラトリステの考え方、その感じ方や精神を、大きなスクリーンに捉えたことを感謝された。通常、人々があの時代 - 暗黒の時代 - について知っていることを、最後には少し広げたことをね。

映画全体でスペイン語を話すといったことはどうですか?

この男は北レオンから来ているので、あそこの人々は少しゆっくり話すんだ...それは現在のレオンでみつけることができることと、あのような時代にレオンから来た男がどのようであったかという想像の試みとの組み合わせなんだ。何を話すかについてとても注意深く、誰も信じない、口数の少ない男。本当に、どちらかというと平坦だ。アクセントよりもリズムについて気をつけなければならなかった。イントネーションは平坦なようだが、それに慣れてくると、ある種の内部の音楽に気がつくんだ。

このような役のためには、どのような肉体的な訓練をしましたか?

ビスカイナを含む、剣のための訓練だけでなく、役柄に慣れるように取り組んだよ。役のブーツ、帽子、ケープを着けて剣による闘いのリハーサルに行き、ケープの扱いにに慣れて、ちょうどケープ発祥のガウチョのように、それををまわりにひるがえすためにね。

どこにいる時がより快適ですか、小品映画の中でしょうか、大作映画でしょうか?

それは、どこの国で撮るかとか言語よりも、監督によって決まるね。誰が責任を持っているか、ボス、監督に関係しているね。

永久にアラゴルンと関連付けられることを恐れていますか?

2番目の映画の後、(LOTRの)第2部の後、みんながこう言いはじめたと思う。「あなたが何か他のものをやるのには、ある程度時間がかかるようになるだろう。人々はあなたを他の役柄と結びつけることはできないだろうから。」 たぶん、アラトリステは剣を持っているからかもしれないが、違うものがある。これはファンタジー映画ではないし、おとぎ話ではない。これは厳しい話で、この男は英雄的だが、同時に理解し愛するのが難しい男だ。

もしも、みんなが私がスクリーン上で他の役を演じているのを見たときに、アラゴルンのことを考えずにはいられないというのであれば、それについては、私はどうしようもない。本当のところ、ロード・オブ・ザ・リングでの成功がなければ、私がこの役をオファーされることはなかっただろう。

いつもマテ茶を持っているのですか?

いつでも。これは、私を活動的な状態にする役に立っていると思うんだ。例えば、アラトリステとロード・オブ・ザ・リングの撮影中、これらは長い撮影だったが、私はただ一人、病気にならなかった。いくらかは遺伝的なものだろうとは思うが、マテはとても健康的だと思うよ。ここでちょっと広告をしよう。(ポットを見せる)

セットで、他の人にもマテを分けたんですか?

ああ、でも、私は甘みを加えていないのを好むので、ほとんどの人たちが気に入らなかったね。みんなこれを「たい肥」って呼ぶんだよ。でも、スペインでは何人かの人たちが努力していたよ、その人たちのために砂糖を加えなければならなかったけどね。ニュージーランドとアメリカでは、ただ礼儀として彼らは試したけど、本当は好きじゃなかったね。

ラモン・ディアス(訳注:現在のサンロレンソの監督)についてはどう思いますか?

彼は、とてもよい仕事をしているよ。私はとても気に入っている。彼の度胸がいいね。彼が選手やファンに語るのが好きなんだ。「ピアノ、ピアノ」(訳注:イタリア語でゆっくりの意味)、だから我々は、先のことはあまり考えていない。まず、今度の日曜日、それから次の1試合、とそんな風にね、少しずつだ。どうなるか、見ていてよう。

たしか、ドムあたりだったと思うのですが、どこまで冗談なのかわからないようなインタビュー記事で、「ヴィゴはたい肥臭い」とかなんとか言っていたのを読んだ記憶があるのですが、あれは、マテ茶臭いという意味だったんですね(笑)。

Gracielaさん、ありがとうございました。

|

« アルゼンチン記者会見の内容 | トップページ | MOVIE STAR 5月号(Vol.147) »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

punktさん、メンテナンスに入る前にと思いお邪魔します。
たくさんのクリップに記事の翻訳、ありがとうございます~!
あまりにたくさんなので、もう溺れそうです(笑)
アルゼンチンだとリラックスするんでしょうね。
よく喋っているわ、ヴィゴ。
マテ茶はたい肥のにおいですか…うっく、どんなにおいでしょう?
ヴィゴのマテ茶手前、初めて見ました。

投稿: spring | 2007.04.03 00:42

springさん
>あまりにたくさんなので、もう溺れそうです(笑)
私も、いささかくたびれてきました。
ゼイゼイ言いながら、必死でヴィゴの後を追っかけている状態です。(笑)
マテ茶は、たい肥というより、葉っぱ臭いからでしょう。
別に、悪臭がするわけじゃないんですけどね。(笑)

投稿: punkt | 2007.04.03 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルゼンチン記者会見の内容 | トップページ | MOVIE STAR 5月号(Vol.147) »