« マイアミ国際映画祭にヴィゴの出席が決定 | トップページ | 3月中旬ごろヴィゴは中南米ツアーか? »

「ドリームガールズ」

Dreamgirlsヴィゴとショーンのニュースもちょっと途切れているようなので...

 

17日の初日に、「ドリームガールズ」を観てきました。

元の舞台版は見たことはありませんが、ミュージカルは好きなので、アカデミー賞にノミネートされる以前から、公開されたら絶対に映画館に見に行こうと思っていた作品です。

迫力あるサウンドと、特にジェニファー・ハドソンのソウルフルな歌声に圧倒されました。
主役のはずのビヨンセは、ジェニファーに食われてしまって、完全に影が薄かった(笑)。
ジェニファー・ハドソンが数々の映画賞を総なめ状態なのも納得です。

有名になっていくドリームズの歌やステージが、どんどんポップでお洒落な感じになっていくのにつれて、薄っぺらでただカッコイイだけの音楽になっていく様子がうまく表現されていたと思います。

同じ ”One Night Only” が、アレンジと歌い方の違いで、方や魂をゆさぶるバラード、方やポップなダンスミュージックと、まったく違ったふうに聞こえるのも面白かったです。

エディー・マーフィーも歌が上手いんですね。
コメディーじゃない、シリアスな役って、珍しいのでは?

現在、サウンドトラックのCDを買ったものかどうか、思案中です。
収録曲数が多くて、DVDがついている、デラックス・エディションなどというものもあるんですね。

|

« マイアミ国際映画祭にヴィゴの出席が決定 | トップページ | 3月中旬ごろヴィゴは中南米ツアーか? »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイアミ国際映画祭にヴィゴの出席が決定 | トップページ | 3月中旬ごろヴィゴは中南米ツアーか? »