« 2006年1月6日トークイベントのビデオクリップ(Part6) | トップページ | Brit Awards こぼれ話 »

”Alatriste” DVDの削除されたシーン

Alatriste_deleted_scene”Alatriste”のDVD特典ディスクの削除されたシーンについて、スペイン語字幕すらなくてどういうシーンなのかよくわからないと嘆いていたら、viggo-works で NacidaLibreさんと Xaboさんが聞き取ったセリフを英語に訳してくださいました。

これでどんなシーンだかクリアになるので、さっそく日本語に訳してご紹介したいと思います。
NacidaLibreさん、Xaboさん、ありがとうございました。

なお、本編の英語字幕については、Misaさんが日本語にしてくださるようなので、ぜひそちらをご覧になってください。

 
 

*** 削除されたシーン ***

《シーン1》

アラトリステ(男と剣で戦っている): 肉屋のかみさんから離れろ、さもなくば次はお前を殺すぞ...わかったな?

対戦相手: ...(うなずいて、痛みにうめく)

アラトリステ(相手の傷を見て): この通りの端にカーディナルの床屋がある。あんたの手当てをしてくれるだろう。(訳注:この時代、床屋は医者を兼ねてましたからね。)

対戦相手: ありがとう! ...あんたの名前は?...

アラトリステ: 私の名前はあんたには関係がないさ。

・・・

肉屋(アラトリステに向かって): やつを殺さなかったじゃないか!

・・・

アラトリステ(イニゴに): で、お前は何を見ているんだ?

イニゴ: 僕はイニゴです。ロペ・デ・バルボアの息子です。姉の手紙を持ってきました。

アラトリステ(手紙をしまいながら): 腹は減ってないか?

イニゴ(肩をすくめる)

アラトリステ: 家に帰ろう!

 

《シーン2》

ボカネグラ: 話して御覧なさい、我が子よ。何が、神の御許から離れて異端者どもに加担させようとしたのか。

アラトリステ: わかりません。説明するのが難しいことがあるんです。

ボカネグラ: 悪人どもが我が国王陛下の信義に付け込んで、不信心の地でスペイン王女を人質にするのを阻止するのと同程度に難しいことだと言うのか?

アラトリステ: 私は王女さまについは何も知りませんし、宮廷の陰謀についても知りません。私は一兵士なのですから。

ボカネグラ: お前たち兵士は、有象無象だ、我が子よ。

アラトリステ: おそらく。でも、私の良心にこれらの死の重荷を負わせなくて良かったと思っております。

ボカネグラ: お前の折りの悪い良心が、我々に重荷を負わさせたのだよ ”カピタン”。そなたはそれに耳を傾けないための高い代価を受け取った。

アラトリステ(側の机に金を投げて): このとおり!

ボカネグラ: 3ダブロン足りない...

アラトリステ: ええ、私の骨折りと欺かれたことに対する代価です。それが誰だか知らずに王子たちを殺すのは好みません。

ボカネグラ: 高慢はそなたの罪の目録に加える必要がある。・・・(アラトリステに近づいて)・・・そなたの許しを共に神に祈ろう。

 

《シーン3》

ルイス・デ・アルケサル(姪に対して): 話をする必要があるな。

アンヘリカ: どうぞ。

ルイス・デ・アルケサル: エミーリョ修道士が...

アンヘリカ: エミーリョ修道士が企てを失敗したのです、ですから私たちも。
これから先、困難な時期となるでしょうから、私たちも備えなければなりません。

 

《シーン4》

グアダルメディーナ(アラトリステに近づきながら): その男たちを募るのに問題があった場合に備えて、ここに国王のサインのある手紙がある。

アラトリステ(手紙をしまいながら): 金が必要です。

グアダルメディーナ: あの、会計係のオルメディリャが面倒を見るだろう。

アラトリステ: それだけですか?

グアダルメディーナ: 細かなことだが、その船を襲撃する前に、どこに錨を下ろしたか知る必要があるだろう。船の持ち主はヘロニモ・ハラファと呼ばれていて、トリアナ(英語訳注:セヴィリアの歴史的な地区)に一人で住んでいる。だから情報を得るためにお前がやつにどんなことをしたとしても、誰も気にかけないだろう。国王さえも。(アラトリステから離れる)

アラトリステ: 拷問は好みません。

グアダルメディーナ(アラトリステの方に向き直って): 私もだ。

 

《シーン5》

アラトリステ: これが最後だ、ヴィルヘン・デ・レグラ号はどこに投錨する?

ハラファ: 私は知らない...あんたが何を言っているのかわからない。

アラトリステ(シャツの袖を捲り上げながら): 見ろ...ヘロニモ(ロウソクを腕の下にかざして)、自分自身にこういうことができるのだから、あんたに対して何ができるか、ちょっと想像してみろ。

 

《シーン6》

コポンス: ディエゴ、もしもやつらが俺を殺したら、これはお前に。

アラトリステ: イニゴにだ。

オルメディリャ(二人に近づいて来て): 私も行こう。

アラトリステ(自分のつばで髪を後ろになでつけて): これは簡単じゃないぞ。

オルメディリャ: 私は国王陛下の会計係だ。だから積荷を勘定するのは私の勤めだ。

アラトリステ: お好きなように。お勤めの邪魔は決してしないよ。

 

《シーン7》

コポンス(面倒を起こしている客を追い出しながら): 喧嘩は外でやれ!

(カメラは部屋を回って賭博のテーブルに。イニゴはサイコロ賭博で負ける。)

イニゴ: くそったれ!!

・・・

イニゴ(別の客を脅して): おい、押したのはどいつだ?

(コポンスが二人を引き離す)

イニゴ: セバスチャン! ここで何してるんだ?

コポンス: 俺か?...働いているのよ。

イニゴ: フランスにいると思ってた。

コポンス: いいや。もう、国王のためには働かない。

イニゴ: で、カピタンは? どうしてる?

コポンス: お前が、彼に聞きな!

|

« 2006年1月6日トークイベントのビデオクリップ(Part6) | トップページ | Brit Awards こぼれ話 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

4から6が4巻ですね。つまり7が5巻。

投稿: かとう | 2007.02.19 20:57

かとうさん
おお、さっそく注が(笑)
海外のファンの方が、シーン5は原作の本でもお気に入りのシーンだったので、削除されたシーンとはいえ、DVDで見られて良かった、と言ってましたよ。

投稿: punkt | 2007.02.19 23:00

NacidaLibreさん、Xaboさん、そしてpunktさん、ありがとうございます!

どのあたりのシーンで、どんな話をしているか、なんとなく雰囲気でわかったような気になっていたものもあるのですが、こうして訳していただけたおかげで、すっきりいたしました♪
特にシーン4は、どんな話をしていてもおかしくない状況で、どうにも想像つかなかったため、とっても嬉しいです。

かとうさんも、補足ありがとうございます〜。

投稿: mate_tea | 2007.02.19 23:15

mate_teaさん
確かに、シーン4はどんな会話でも成り立ちそうですね。
シーン1は、雰囲気でだいたい何を言っているのか想像がつきましたけど。

投稿: punkt | 2007.02.19 23:32

実はシーン5の後にグロが来ます・・・・。

投稿: かとう | 2007.02.20 17:29

かとうさん
>実はシーン5の後にグロが来ます・・・・。
なるほど、ロウソクで脅しただけで簡単に口を割るようではつまりませんものね。

投稿: punkt | 2007.02.20 22:39

というよりも脅されている人の描写が例によってグロい・・・・アルケサル書記官系というか・・・・

投稿: かとう | 2007.02.21 11:38

かとうさん
ああ、そっちですか(笑)
4巻目が発売されてからのお楽しみですね。

投稿: punkt | 2007.02.21 22:06

 翻訳ありがとうございます。 DVDも3巻も手元にあるものの、見ていない状況なのですが、DVDの字幕翻訳をちら読みしているとなんかちょっとそれだけで楽しいです。

投稿: mizea | 2007.02.22 21:30

mizeaさん
このDVDは、特典に字幕がまったくないのが残念ですが、字幕がなくてもなかなか楽しめますよ。
Misaさんの字幕翻訳も頼りにできるので、これからゆっくり楽しんでください。

投稿: punkt | 2007.02.22 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006年1月6日トークイベントのビデオクリップ(Part6) | トップページ | Brit Awards こぼれ話 »