« 【訂正】危険な逃亡者 Extremely Dangerous Vol,3 アマゾンで予約受付開始 | トップページ | The Hitcher さらに超高解像度のトレイラー »

Eastern Promises 撮影現場レポート

viggo-works に、ロンドン在住の Sandrobさんが、偶然、Eastern Promises の撮影現場を目撃したレポートをアップしてくださっていますので、ご紹介します。(その後、いろいろな人の質問に答えた追加の記事もこちらにあります。)

かなりネタバレもある感じなので、内容のご紹介は「続きを読む」の方に入れておきます。

また、パパラッチスレッドの方にとても小さいですが、やはり先週、ロンドンのメイフェアで撮影された、車の中のヴィゴの写真がありますよ。

ロンドンは寒いらしく、帽子にマフラー姿です。

20061205viggo 【追記】 えり子さんに教えていただきました。
この写真の出典は、Keystone Press Agency のサイトで、こちらには写真が3枚あって、そのうちの1枚が右の写真です。
写真のファイル名から推測するに、12月5日ごろの撮影のようです。
出典のサイトの写真はもうちょっとだけ大きいのですが、ヴィゴの手首にも有刺鉄線のような柄のタトゥーが見えています。
さらに、この左手の指の関節の部分が赤くすりむけたようになっていて痛々しいですね。拳でなぐるようなシーンがあったのでしょうか?

えり子さん、情報ありがとうございました。

 

<Sandrobさんのレポートの紹介>

先週の水曜日、仕事帰りにセント・ジョン・ストリートまで来た Sandrobさんは、通りを塞ぐように巨大な照明スタンドがたてられ、大勢の人と車が停まっているのを発見しました。「撮影中」の看板に気がつくまで は、Sandrobさんはなにか恐ろしい事件がおこったのかと思ったそうです。

彼女が通りに来た時点では、ほとんど動きがなくスタッフだけが無線で話をしているような状態だったので、スタッフの1人に、何を撮影しているのか聞いたところ、ロシア・マフィアに関する映画だとの返事。
おもしろいことに、映画の陰惨な雰囲気を出すために雨のシーンの撮影がしたいのに、お天気続きで雨のシーンが撮れずに室内の撮影が多く、その日は降雨装置を使って撮影しようとしているとの話だったそうです。

そうこうしているうちに、クローネンバーグ監督が出てきて指示をはじめ、続いてヴィゴ、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセルも出てきました。ヴィゴの衣 装は以前の撮影現場での写真の通りの、黒いスーツ、黒いロング・コートにピカピカの黒靴。サングラスと手袋はなかったそうです。とても威圧的で、道で出 会ったら避けるような感じだったとか。

彼らが出てきた建物は、なにやらクラブといった感じのもの。
最初、ヴィゴが運転席に座った、黒い大きなベンツを使ったシーンのリハーサルから始まりました。
スタッフが、ヴィゴが車を止める位置の目印として、円錐型の標識を道路に置いたのですが、ヴィゴ自身が何度も車から降りては自分が満足がいく位置に直していたようです。
ヴィゴが車を運転してきて標識のところで止める、というのを何度も繰り返していたそうですが、まさにヴィゴが車を止めるその位置が、Sandrobさんの目の前だったとか。

ヴィゴが運転してきた車が所定の位置で止まると、ヴァンサン・カッセルとヴィゴは車をおりて、外でナオミ・ワッツが待っているクラブらしきものに向います。
クラブのような店の外で、ナオミ・ワッツがヴァンサン・カッセルを大声でなじるので、ナオミ・ワッツのセリフははっきりと聞こえたそうですが、ヴィゴのセリフは聞き取れなかったそうです。(その前に、目印の標識の位置を直している時に、ヴィゴがしゃべっているのははっきり聞こえたそうですが。)
その後、ナオミ・ワッツに襲い掛かったヴァンサン・カッセルを、ヴィゴが引き離そうとして揉み合うようなシーンのリハーサルをしていたそうです。

リハーサルの合間にナオミ・ワッツはずっと外にいて、ヴァンサン・カッセルは辺りを見回して通行人に微笑んだりスタッフと話をしたりしていたものの、ヴィゴは建物の中に入ってしまってマテ茶を啜りながら戻ってきて、他の人とは距離を置いていたようです。

Sandrobさんは、ケーブル類につまずかないように言われるだけで、別にスタッフに追い出されることもなく一部始終を目の前で目撃することができたとか。彼女のほかには、騒いだりサインをねだるファンもいず、撮影を邪魔する人が誰もいなかったので、静かに撮影を見学しているだけならまったく問題はなかっ たんですね。

Sandrobさんは、お友達とビールを飲む約束より30分早く到着しそうだったのが、結局1時間遅刻してしまったそうですが、詳細なレポートをありがとうございました。

|

« 【訂正】危険な逃亡者 Extremely Dangerous Vol,3 アマゾンで予約受付開始 | トップページ | The Hitcher さらに超高解像度のトレイラー »

Eastern Promises」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

punktさん、今晩は。
ヴィゴの動向がさっぱりわからなかったので
うれしい情報です。
すっかり、マフィアになりきってる感じですね。
ブログでご紹介させてくださいませ。

投稿: aya@bluechild | 2006.12.09 23:51

ayaさん
こんばんは。
久しぶりのヴィゴ情報ですよね。
日本でもヤの字のつく人が黒いベンツに乗ってたりしますが、ロシア・マフィアもいっしょなんだなぁ、なんて妙なところで感心したりしています。
ブログでの紹介もありがとうございます。

投稿: punkt | 2006.12.10 00:05

読んでしまう私・・・・ うむむ、ストーリーがわかるレベルではないとはいえ、読んでしまった後に微妙にざわつくココロ。 アラトリステと違って、とにかく日本での上映確実といえる作品だと・・悩むんですが、結局読んじゃいますねー(^^ゞ

 翻訳ありがとうございます。 いつもお世話になっております。

 少し前に、ロシアの犯罪についての番組で、刑務所のシーンもあり、それが食事中のところだったのですが、囚人が囚人服でなく上半身裸だったのです。これはもしかして逃走防止のためかもしれません(だとしたらたぶん効果的)。 
 それで見ると胸などにも刺青が入っていて、ヴィゴさんも脱ぐシーンがあれば、そのあたりの刺青もきっとあるはずと思います。 でもロンドンの寒さでは屋外で脱ぐシーンは無いはずだわ(何を考えてるんだか)。
 その刺青は、たしか全部「青色」だったのです。とにかくテレビ画面で見えた部分では。 ヴィゴさんの手の刺青も青色ですね。これもロシアの刺青の特色なのかもしれないですね。

投稿: mizea | 2006.12.10 01:05

punktさん日本語解説をありがとうございます。リンクさせていただきました。
capitan-alatriste.comのフォーラムにあった写真は、↓こちらからのものでした。
http://www.keystonepress.net/search_results.html?HEADLINE=Viggo+Mortensen+out+in+Mayfair.
手首に有刺鉄線の刺青があります。きっと上半身もフランクなみにありそうですね。
それにしても手が痛々しい〜〜。

投稿: えり子 | 2006.12.10 01:30

mizeaさん
ネタバレがありそうだと思っても、つい誘惑には負けてしまいますよね。
墨で刺青を入れると、不思議なことに肌の上では青く見えるんだそうですね。
ロシアの刺青も青一色ということは、墨というかカーボンブラックで入れているのでしょう。

えり子さん
写真の情報ありがとうございます。
さっそく、追記させていただきますね。
ヴィゴの手は、殴り合いでもしたみたいですね。

投稿: punkt | 2006.12.10 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【訂正】危険な逃亡者 Extremely Dangerous Vol,3 アマゾンで予約受付開始 | トップページ | The Hitcher さらに超高解像度のトレイラー »