« Lord of the Rings 2007年 カレンダーほか | トップページ | ニコライ登場 »

"Alatriste" 北米公開は2007年か

viggo-wroks に寄せられた、ZooeyさんとBonnieさんの情報より。

下の記事でご紹介した、viggo-worksで "Alatriste" 北米公開実現に向けてのコンタクトポイントの一つとしてあげた、セールスエージェントの Etchie Stroh氏から、アラトリステの公開について以下のような返事をもらったそうです。

親愛なる友へ

アラトリステを支援してくださってありがとう。この映画は間違いなく2007年にアメリカで公開されるでしょう。ご心配なく。私は最良の配給会社を獲得するために働いています。我々はさらに吹替えの計画があります。

敬具
Etchie

どうやら、アメリカ公開はスペイン語のままではなく、英語吹替という方向で公開にこぎつけることになりそうですね。
ふだん字幕になれていないアメリカやイギリスでは、字幕というだけで観客ががっくり減ってしまうので、外国語で字幕では良い興行成績が望めず、配給会社も尻込みをするのでしょう。

viggo-wroksでは、"Alatriste" の公開を、どれだけみんなが待ち望んでいるのかを知らしめるためにも、メールでのコンタクトなどの手を緩めないように呼びかけています。

|

« Lord of the Rings 2007年 カレンダーほか | トップページ | ニコライ登場 »

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

punktさんこんばんは。
"Alatriste"公開について、完全にダメになった訳ではない、位に思っておいた方がいいような、微妙な言い回しだと感じます。
結局まだ決定していないって事ですよねぇ?
ちなみに米国吹替事情には無知なのですが、ヴィゴ本人がするんでしょうか。まさか他の人って事は・・・?

話は変わりますが、以前アラゴルンの12インチフィギィアの時にちょっと話題に挙がった「ファラミア」のことですが、サイドショウのブログに出てきました。12月に予約開始するみたいですね。
 ttp://www.sideshowtoy.com/behindtheshow/?p=2263
まだ顔は見えません。でも雰囲気は良いかも。買わないけど。

投稿: jijisky | 2006.11.21 00:49

jijiskyさん
そうなんです。まだ何も決まったわけではない、というのが正確なところです。
北米の年内公開はありませんが、2007年中なら、公開規模はともかく、十分望みはあるのでしょう。
私もアメリカの吹替え事情はまったく知らないのですが、常識的に考えれば、ヴィゴ本人だと思うんですけどね。

ファラミアのフィギュア、ついに全身写真が出たのですね。
どんな顔なのか、注目したいと思います。(私もたぶん買わないとは思いますが)

投稿: punkt | 2006.11.21 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lord of the Rings 2007年 カレンダーほか | トップページ | ニコライ登場 »