« トロントのヴィゴ関連(その2) | トップページ | "Faceless" の Pre-Air »

横浜オラトリオ協会合唱団定期演奏会ご招待

Mozart_1 トロント映画祭のニュースも一段落ついたようなので、ここで私が所属しているアマチュア混声合唱団の定期演奏会の宣伝です。

横浜オラトリオ協会合唱団 第70回定期演奏会

日 時 : 2006年10月15日(日)
      17:00開演(16:30開場)
会 場 : 神奈川県立音楽堂(桜木町駅より徒歩10分)
プログラム :
 広瀬 量平 混声合唱組曲「海鳥の詩」
 J.S.バッハ イエスよ、わが喜び(Jesu, meine Freude) BWV227
 W.A.モーツァルト ミサソレムニス Missa in C K.337
指 揮 : 中村 皇
独 唱 : 星川美保子(ソプラノ)、田村由貴絵(アルト)
      谷口洋介(テノール)、田代和久(バス)
合 唱 : 横浜オラトリオ協会合唱団
ピアノ : 永川恵子
管弦楽 : エテルナアンサンブル
入場料 : 1500円(全席自由席)

現在、合唱団のホームページでお申込いただくと、ペアで無料ご招待しております。(10月8日〆切)
ご興味のある方は、合唱団のホームページからお申込いただくか、私までご連絡ください。

|

« トロントのヴィゴ関連(その2) | トップページ | "Faceless" の Pre-Air »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!☆

15日に公演されるのですね!
本当に私、近くだったら聴きに伺わせて頂きたかったです。
合唱団も様々ですが、私も合唱をするのなら
混声をやってみたいので、「団員募集」の文字に
思わずひかれそうになりました(笑)

特に今回の中ではモーツァルトを聴いてみたいです~♪
どの曲も歌い応えがありそうですね。

2年後にはフルオーケストラ伴奏で、とのメッセージも
見せていただきました。
月並みな言葉ですが、頑張って下さいね。
ご盛会をお祈りいたしております。

投稿: かづちゃん | 2006.09.20 20:01

かづちゃんさん
>近くだったら聴きに伺わせて頂きたかったです。
ありがとうございます、本当に、近かったらぜひご招待したいとろこです。

>「団員募集」の文字に思わずひかれそうになりました(笑)
いつでも団員募集してますので、ご縁がありましたら、いつでもどうぞ(笑)

今年はモーツァルトイヤーなので、もちろんモーツァルトがメインなのですが、バッハがとても手強くて、歌いこなすのに手こずっております。
メッセージありがとうございました。

投稿: punkt | 2006.09.20 21:47

初めまして。毎回楽しく読ませて頂いておりました。
実は私は「仕事は合唱。趣味も合唱と映画」であり、
今年からSeanBeanに心奪われているのです。
punktさんの演奏会も名曲揃いで、演奏していても楽しいでしょう。
「海鳥の詩」なんぞ我が青春のメロディであります。
ショーンの映画もだいぶ見て、あちこちブログ巡りもしておりますが、
あまりの素敵さにニヤつく毎日ですわ。
これからも楽しみに伺います!
良い演奏会になりますように!


投稿: pf.noriko | 2006.09.21 12:14

pf.norikoさん
おお! pf.norikoさんはお仕事が合唱なのですね。
「海鳥の詩」は、長く合唱人たちに愛されてきた名曲だけあって、比較的平易な曲ですが美しくて親しみやすいし、良い曲ですね。
バッハとモーツァルトは定番中の定番ですが、バッハを歌いこなすのは並大抵ではありません。

ショーンのニュースが最近少ないのがちょっと寂しいですが、ノルウェイの撮影ニュースがもう少しあればねぇ。
マクベスの映画化も、まだウワサの段階のようですし。
これからも、どうぞよろしく。

投稿: punkt | 2006.09.21 12:33

長いことROMでしたが、はじめまして、林檎です。
いつもたくさんの情報、ありがとうございます。
若かりし頃?私も日本オラトリオ協会(だったカナ?)に属し、バッハの受難曲や”モツレク”を歌っていました。バッハの曲は美しくて切なくて胸が痛くなりますね。
punktさんはブログと合唱を両立されてて、尊敬に値します。
(私はチケット売りに疲れ果てたのを覚えています。)
これからも、疲れない範囲で情報発信をよろしくお願いします!

投稿: 林檎 | 2006.09.21 21:41

林檎さん
こちらこそ、はじめまして。
林檎さんも、バッハやモーツァルトを歌っていらっしゃったんですね、
うちの合唱団は、定期演奏会は年1回だけですし、団員数も多いので、チケット代の負担はそれほどではありません。ですから、いつの間にやら在団も10年を超えました。
ちょっとヴィゴやショーンのニュースが途切れてしまいましたが、これからもどうぞよろしく。

投稿: punkt | 2006.09.21 22:15

横浜オラトリオ協会から返信いただきました。
当日、不測の事態が無い限り伺います。
 でも、なじみのないジャンルなので、どきどきです。

投稿: mizea | 2006.09.22 08:30

mizeaさん
ふだん馴染みのないジャンルだというのに、わざわざ聞きに来てくださるなんて、ありがとうございます。
なじみがないジャンルだとすると、バッハやモーツァルトは退屈で眠くなっちゃうかもしれませんが、いびきや歯軋り、寝言さえ言わなければ、寝ていただいて構いませんからね(笑)
うるさくて眠れないかもしれませんが。

投稿: punkt | 2006.09.23 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トロントのヴィゴ関連(その2) | トップページ | "Faceless" の Pre-Air »