« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の42件の記事

映画3本

Lakehouse昨日、今日の2日間で映画3本を見ました。
ごく簡単に感想など。

イルマーレ原題:The Lake House

とても良い映画でした。
言わば荒唐無稽なお話なわけですが、ストーリーテリングが上手くて、自然に話しの流れに乗せられてしまいます。
過去を変えることによって、未来が変わってしまうというタイムパラドックスも、小さなエピソードを事前に見せることによって、話の大団円も無理なく信じることができるように持っていっているのがなかなか上手いですね。

後で冷静に思い返してみると、突っ込みどころもあるのですが、映画を見ている瞬間にあまりそれを気づかせないのが良かったです。
素直で優しい映画だと思います。

韓国映画の「イルマーレ」のリメイクとのことですが、私は元の映画を見ていないので、比べてどうなのかはわかりません。

ただ、タイトルは、「イルマーレ」が知名度があるのでそのまま使ったのはわかるのですが、原題のままの「レイクハウス」の方がずっといいと思います。
この湖の家「レイクハウス」が第3の主役なんだし、「イルマーレ」という単語も出て来ることは出てきますけど、それは元の「韓国映画」へのオマージュとして名前だけ借りている感じですからね。

Happyfeet_m 【おまけ】 イルマーレの上映前に、イライジャ・ウッドが主役のマンブル君の声をやる、「ハッピーフィート」の予告編が2本も流れたのが嬉しかったです。
1本はマイウェイを熱唱するペンギン(声:ロビン・ウィリアムス)のバージョンで、もう1本は子ペンギンのマンブル君がキュートなタップダンスをするバージョン。マンブル君がふわふわで、思わず手を伸ばして触りたい感じでしたよ。


Birth記憶の棘原題:Birth

こちらは、なんだか見終わって釈然としませんでした。ちょっと肩透かしをくらわされたような。

これも、生まれ変わり?という、やはり荒唐無稽な話でスタートするのですが、話の展開の後半がちょっと納得がいかない感じです。
ニコール・キッドマンは美しいですし、彼女の死んだ夫ショーン(?!)の生まれ変わりだと自称するショーン少年の言葉に心が揺れる演技は説得力はあるんですが...
人間は、自分が信じたいことを信じる、ということなんでしょうけど。


Capote カポーティ 原題: Capote

初日の1回目に行ったのですが、ほぼ満席で男性客が多かったのが特徴的でした。

フィリップ・シーモア・ホフマンがアカデミー賞主演男優賞をとったのも納得の作品。ほとんど全編、ホフマンが出ずっぱりで、強烈な印象を与えられます。

トルーマン・カポーティの「冷血」は10年以上前に読んでいて、もうかなり忘れてしまいましたが、それでも、捜査官の捜査メモ、裁判記録などをはさみながら、淡々と事実や証言を積み重ねていくスタイルのノンフィクション・ノベルの、ひんやりした感じ、分厚い本でしたけど一気に読んでしまったことは、なんとなく覚えています。

「冷血」を読んだ時、こんな捜査官のメモや、犯人の生い立ちに迫

るような内容の取材はどうしたのだろうと思ったものですが、その疑問への答えがこの映画です。
カポーティ自身の冷血さが際立ってきながら、犯人への共感と自作を完成させたいという矛盾する感情に苦しむ後半が秀逸です。

ずっしりと重量感のある映画で、誰にでもお薦めするというタイプの映画ではないと思いますが、見る価値のある映画だと思います。

| | コメント (0)

TIFFレッドカーペットのビデオクリップ

Tiff_redcarpet_alatristeviggo-worksで、YouTubeにアップされた、TIFFのレッドカーペットのインタビュービデオクリップが紹介されていたのですが、どこかで見たような....

yoyoさんが準備してくださった同じビデオクリップ(Windows Media Player版と、QuickTime版)を、えり子さんのところでダウンロードできるようにしてくださっていましたね。(紹介するのを忘れていたかな?)

インタビューの前半は、アリアドナさんと監督のインタビューで、後半がヴィゴのインタビューです。
アリアドナさんも、監督も、すごくヴィゴのことを褒めてますね。


<アラトリステ・シリーズ・アンケート>

さて、みなさんは、もう「アラトリステII 異教の血」はお読みになりましたか?
翻訳チームの veranoさんこと大内さんが、アラトリステ・シリーズに関するアンケートを行っています。
本を読んだ方も、本を読んでいない方も、ぜひアンケートに協力してあげてください。

| | コメント (2)

"Faceless" のダウンロードでお悩みの方へ

Faceless2先日ご紹介した、"Faceless" の Pre-Airビデオクリップ

Macだと分割ファイルを自動的に1つのファイルに戻すプログラムが使えなかったり、WindowsでもOSが古いとDivXのコーデックが使えなかったり、そもそもファイルサイズが巨大すぎでダウンロードができなかったり、残念な思いをされている方もいらっしゃるようですね。

そんな方に朗報が...【追記】 ファイルが全部出揃いました

続きを読む ""Faceless" のダウンロードでお悩みの方へ"

| | コメント (0)

"Alatriste"はローマ映画祭に参加

Rome_film_fest今年が第1回となる、RomeFilmFest(ローマ映画祭)が、10月13日から開催されますが、「アラトリステ」が PREMIÈRE部門に参加することが正式にアナウンスされました。

公式サイト(英語)Press kit and Screening Schedule のところから、映画祭全体のプレスキットとスケジュール表のPDFファイルをダウンロードすることができます。

このスケジュール表によると、Alatriste の上映スケジュールは

10月16日(月) 19.00 Auditorium – Santa Cecilia Hall
10月16日(月) 21.30 PalaRomaUno

となっています。
プレスキットによると、PREMIÈRE部門は、監督とキャストが出席して、公開の場で映画製作などについて話すということが予定されているようです。
プレミアは Auditoriumでおこなわれます。

たしか、ヴィゴ本人がローマに行くと言っていたと思いますので、おそらくヴィゴはこの映画祭に出席するでしょう。
また、10月半ばは忙しくなりそうですね。

| | コメント (0)

「危険な逃亡者」「ゴールデンアイ アルティメット・エディション」発売

Goldeneye_ulti_1 今月、ミステリチャンネルで放送された、ショーン・ビーン主演の「危険な逃亡者  Extremely Dangerous」のDVDが、11月24日に発売されるそうです。

危険な逃亡者 ~Extremely Dangerous~ Vol.1

【追記】 Amazonでも予約開始です!

今のところ、Amazonでは出ていないのですが、下記の各通販サイトで予約受付中です。

アマゾン
紀伊國屋BookWeb
楽天ブックス
DiscStation
ぽすれんストア

しかし、Vol. 1ということは、Vol. 2以降もあるということですよね。
US版なんて全部でDVD1枚なのに~。

そして、Amazonでいろいろ探しているうちに見つけてしまったのが

007 ゴールデンアイ アルティメット・エディション

これって、特典ディスクのショーンが素敵な、先月イギリスから購入した、UK版のUltimate Editionの日本語版ですね。
日本語版が出るのなら待ってればよかったかも。
こちらは11月22日発売です。

11月22日は、サイレントヒルのDVDも発売されますし、11月末はショーン祭りですね?

| | コメント (2)

Premiere Magazineの写真ほか

Premiere_mag_torontoトロント関連の画像、動画などをご紹介します。

Premiere Magazine の2006年12月号掲載予定ということで、Premiere Magazineのサイトに、トロント映画祭で9月13日に撮影された、ヴィゴをはじめ、キャストと監督の写真がたくさんアップされています。
こちらのGalleryからどうぞ。

前にご紹介した、トロント映画祭スタジオ撮影の写真と一緒の時のものですね。

また、えり子さんのところで、yoyoさんが用意してくださった、CTV.caのインタビュー
(ヴィゴとアリアドナさん)をダウンロードできるようにしてくださっています。
11分もある長いもので、ヴィゴがとても熱心に話しています。
えり子さん、yoyoさん、いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

アラトリステII 異教の血

4900405116日本語版「アラトリステ」の第2巻が本日(というか正確には昨日)発売。

さっそく、横浜ルミネの有燐堂で購入しました。
購入したのは夕方ですが、海外文学のコーナーで平積み。
まだ7~8冊積まれていました。

ようやく、Amazonでも取り扱い開始ですね。

さあ、これから読むぞ!

【追記】はらはらドキドキで、 一気に最後まで読んでしまいました。
アンヘリカちゃん、最強です(笑)
イニゴ君とカピタンの弱点を見つけたり! というところでしょうか。
映画のアラトリステにはこの2巻の部分はあまり使われなかったそうですが、とても面白いですよ。確かに映画向きではないとは思いますが。

かとうさんのブログで、また2巻にまつわる解説がいろいろあると思いますので、そちらのチェックもお忘れなく。

| | コメント (4)

"Faceless" の Pre-Air

Faceless1BeanBoxBoardで、"Faceless" の Pre-Air(?)という動画ファイルが紹介されています。

Gamyさんがダウンロードできるように用意してくださったのですが、巨大なファイルを4つに分けてあるので、ダウンロードだけでも大変ですし、ダウンロード後も、場合によってはコーデックファイルを別にインストールする必要があります。
でも、頑張ってダウンロードした甲斐があります。

ショーンは主役だけあって、ほとんど全編に渡って登場します。
渋くて素敵なんですが、でも、実際にこんな怖そうな人に道で逢ったら、思わずよけそうです(笑)。
また、同じスレッドの頭の方で、キャプチャ画像をたくさん紹介してくださっていますので、そちらも要チェックです。

パイロット版そのものかとも思ったんですが、長さが37分とちょっと中途半端な感じもします。パイロット版って、こんなものなんでしょうか?

以下に、ファイルのダウンロードの仕方などをまとめてみましたので、みなさんもトライしてみてください。

【追記】 Macユーザーの方も見ることができるように、1本にまとめたファイルをダウンロードできるようにしてみました。(続きを読むの一番最後からどうぞ)

続きを読む ""Faceless" の Pre-Air"

| | コメント (5)

横浜オラトリオ協会合唱団定期演奏会ご招待

Mozart_1 トロント映画祭のニュースも一段落ついたようなので、ここで私が所属しているアマチュア混声合唱団の定期演奏会の宣伝です。

横浜オラトリオ協会合唱団 第70回定期演奏会

日 時 : 2006年10月15日(日)
      17:00開演(16:30開場)
会 場 : 神奈川県立音楽堂(桜木町駅より徒歩10分)
プログラム :
 広瀬 量平 混声合唱組曲「海鳥の詩」
 J.S.バッハ イエスよ、わが喜び(Jesu, meine Freude) BWV227
 W.A.モーツァルト ミサソレムニス Missa in C K.337
指 揮 : 中村 皇
独 唱 : 星川美保子(ソプラノ)、田村由貴絵(アルト)
      谷口洋介(テノール)、田代和久(バス)
合 唱 : 横浜オラトリオ協会合唱団
ピアノ : 永川恵子
管弦楽 : エテルナアンサンブル
入場料 : 1500円(全席自由席)

現在、合唱団のホームページでお申込いただくと、ペアで無料ご招待しております。(10月8日〆切)
ご興味のある方は、合唱団のホームページからお申込いただくか、私までご連絡ください。

| | コメント (8)

トロントのヴィゴ関連(その2)

Tiff_alatriste3 トロント映画祭関連のレポート、写真、ビデオクリップが追加でいろいろありますので、ご紹介します。

まず、トロント映画祭に行かれた Athelasさんのプレミアのレポート(写真入り)
英語のレポートはいくつかご紹介しましたが、やはり日本語で読めるレポートは様子がダイレクトに伝わってくるのが嬉しいですね。
続きのレポートもアップしてくださると思うので、続きも楽しみしたいと思います。

次は、viggo-wokrsにアップされた、ViggoChicさんが撮られた、Alatristeプレミアのヴィゴの写真です。サムネイルをクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

また、DigitalHit.comのこちらに、Alatristeプレミアの写真が何枚もあります。

viggo-dailyにも、hqさんが2回目の上映会の時のヴィゴの写真をアップしてくださっています。

【追記】 viggo-worksにScrop29さんが、とても素敵なプレミアの時のヴィゴの写真をアップしてくださいましたので、追加しておきます。

また、えり子さんのところで、 Yahoo!  Canada の Alatriste のインタビュークリップ “REEL to REAL” を、yoyoさんがダウンロードできるようにしてくださったものを用意してくださっています。
ヴィゴが、日本人のファンが日本版のアラトリステをサイン用に持ってきていることや、アラトリステがサムライに似ていると言っていたこと(Sachieさんたちのコメントの引用ですね!)を、インタビューで熱心に語っています。
こんなに日本のことを言ってもらえるとすごく嬉しいですね。

| | コメント (2)

トロントのヴィゴ関連

Viggo_red_t060914トロントのヴィゴ関連のニュースと写真が、まだちらほらと出てくるのでまとめてご紹介します。

まずは、viggo-worksで紹介されている、例の赤いアラトリステTシャツを着たヴィゴの写真

ヴィゴったらまたこんな歩道のようなところで寝っころがってます。階段のようなところに座った写真もあります。

また、viggo-worksで、Roadkillrabbitさんが12日のプレミアで撮影したヴィゴの写真を掲載してくださっています。

もう1つ、nikkieさんが見つけてくださったニュース。
なんと、トロント映画祭のファッションチェック記事にヴィゴが登場です。

続きを読む "トロントのヴィゴ関連"

| | コメント (7)

9月14日トロントのヴィゴ

Toronto060914_19月14日は、パラマウントシアターで、アラトリステの2回目の上映が行われました。この2回目の上映には、ディアス・ヤネス監督、ヴィゴ、アリアドナ・ヒル、エレナ・アナヤが参加して、上映前にキャストと監督の挨拶があり、上映後にQ&Aセッションがおこなわれたそうです。

この2回目の上映に参加された方のレポートが、viggo-worksに掲載されていますので、簡単にご紹介します。

また、この上映会の前後に撮影されたらしい写真も出てきましたので、こちらもご紹介します。

写真の紹介を少しだけ追記しました。

続きを読む "9月14日トロントのヴィゴ"

| | コメント (0)

トロント映画祭のビデオクリップ

Toronto060912viggo-worksで教えてもらいました。
ようやく、トロント映画祭関連のビデオクリップが登場です。

スペインのテレビ Telecincoで放送された、プレミアの様子を伝える映像を、ExxekeさんがYouTubeで紹介してくださっています。

ヴィゴが日本語版アラトリステにサインをして、ちゃんとカメラに表紙を向けて掲げて見せています。(最初は裏なんですけどね。)
しかも、このあとTV画面いっぱいに日本語版アラトリステがアップで映ります。

その後、プレミアに参加された方たちのレポートのところで紹介した、「コン・ドス・コホネス、セニョリータス!(“Con dos cojones, señoritas!”)」をヴィゴが音頭をとってみんなに言わせているシーンが出てきます。

YouTubeへのリンクと、ダウンロードできるファイルもご用意しました。

続きを読む "トロント映画祭のビデオクリップ"

| | コメント (0)

アラトリステのサウンドトラック

viggo-worksで教えてもらいました。

AlatristeのサウンドトラックのCDが、Amazon.comで予約可能となっています。
発売予定日は9月26日。

アメリカのアマゾンでも、IMPORTとなっているので、スペインからの輸入版なのでしょうか?
スペインからの購入はなかなか難しそうなので、アメリカのアマゾンが使えるのならだいぶ楽ですね。

現在のところ、日本のアマゾンやUKアマゾンでの取扱はないようです。

| | コメント (0)

トロント映画祭スタジオ撮影写真

Toronto060913_1昨年のトロント映画祭の時にもスタジオ撮影の写真がありましたが、今回もスタジオ撮影の写真がいろいろとアップされました。

いずれも Wire Image に掲載されたものです。

"Alatriste" Portraits (September 13, 2006 - Portrait Studio)
ヴィゴはやっぱりまたブーツを脱いで靴下裸足です。
そしてブーツはいまや撮影の小道具と化してます。

Toronto060913_2 Diesel Portrait Studio(September 13, 2006 - Portrait Studio)
これは、上の写真を撮った時の舞台裏ですね。

eTalk Tastemaker Lounge Sponsored by Flare Magazine
こちらは日付は9/13となっているのですが、Day 5とあるので前日かもしれません。

そして、これらの写真のうちヴィゴの写真については、Viggo Dailyの以下のページに大きな写真がアップされました。

続きを読む "トロント映画祭スタジオ撮影写真"

| | コメント (0)

トロント映画祭9月12日のレポートから

viggo-wokrsに、9月12日のトロント映画祭の Alatristeプレミアに参加された方のレポートが、たくさんアップされています。

Bohemian_Babeさんのレポート(その1その2
marniさんのレポート
Topazさんのレポート
roadkillrabbitさんのレポート
danièleさんのレポート
Lorienneさんのレポート
【追記】 Zooeyさんのレポート

【追記】 Topazさんが撮影された写真がviggo-worksにアップされました。
クローネンバーグ監督をハグするヴィゴの写真もありますよ。


【追記2】 Ontarioさんが撮影された写真がviggo-worksにアップされました。

Topazさん、Ontarioさんの許可なく、写真を転載することはしないでください。


ヴィゴが十分余裕を持ってレッドカーペットに来てくれたおかげで、どなたもサインをしてもらって少しヴィゴと話すことができたようです。
ちょっと楽しいエピソードなどもありますので、いくつかかいつまんでご紹介したいと思います。

続きを読む "トロント映画祭9月12日のレポートから"

| | コメント (6)

トロント映画祭 Alatristeプレミア

Tiff_alatriste1トロント国際映画祭の、Alatristeプレミアの画像がアップされはじめました。
お昼にアップしたものに追加しました。

getty images
Wire Image(Alatriste Premiere)

【追加】
Wire Image(InStyle and the Hollywood Foreign Press Association Party)
Wire Image(Latin Party)
isifa

getty imagesとWire Imageは、サムネイルをクリックするとウォーターマーク付きの大きな写真をご覧いただけます。
Viggo Dailyのこちらこちらには、ウォーターマークなしの大きな写真がアップされています。

Tiff_alatriste2 レッドカーペットでサインするヴィゴの写真の中に、日本版のアラトリステ(でもヴィゴ、それは裏表紙よ!)を掲げている写真があります。日本人ファンにサインをしてあげたようですね。

また、viggo-wokrsで、このAlatristeのレッドカーペットどプレミア上映に参加された、LorienneさんのレポートOntarioさんのレポートがアップされていますが、それらによると、クローネンバーグ監督がプレミアに来ていて、ヴィゴとハグを交わしていたそうです。
そして、映画の上映後の観客の反応もとてもよくて、スタンディング・オベーションが10分以上も続いたとか。(その時に、例のスカーフをウェストのところに巻いたりしてたそうですよ。)

その勢いで、日本でもぜひ上映してください!

| | コメント (3)

選挙運動パーティの写真

Dr.Bob Johnsonの選挙運動パーティーのヴィゴの写真が、viggo-wroksに追加されています。

<オスウィーゴ>
Carolynさん提供の写真が、こちらこちらにあります。
一緒に写っている、CarolynさんとLindaさんは、この選挙運動パーティのスタッフの方だと思います。

<プラッツバーグ>
pegvtさんのお友達のAimeeさんが撮影した、記者の取材を受けるヴィゴの写真があります。

どちらも、他への転載はしないでください。

| | コメント (0)

レオンプレミアの写真あれこれ

Leon060901_viggoviggo-worksで、Diario de León の Miguel Ángel Nepomuceno記者が提供してくださった、レオンプレミアの写真をたくさんアップされています。

プレミア会場入場時
プレミア会場内

【追記】 さらにミゲル記者提供の写真が追加されました。この写真からすると、映画の上映をヴィゴとエレナさんはみんなと一緒に客席で観ていたようですね。

【追記2】 まだミゲル記者提供の写真の追加がありました。こんどは、舞台挨拶の写真です。

どれも、サムネイルをクリックすると大きな写真をご覧いただけます。

また、プレミアの翌日にラッキーにもヴィゴと会うことができたSachieさんが提供してくださっている、日本版のアラトリステを大事そうに抱えたヴィゴと、ミゲル記者の写真をこちらでご覧いただけます。

| | コメント (0)

オスウィーゴにおけるスピーチのビデオクリップ

Oswegoviggo-worksで教えてもらいました。
9月8日のDr.Bob Johnsonの選挙運動パーティーにおける、ヴィゴのスピーチ全部を、MKculbさんがYouTubeを使って提供してくださっています。

Video 1
Video 2
Video 3
Video 4
Video 5

全部で25分を超える、けっこう長いスピーチです。

| | コメント (0)

スペインの雑誌のスキャン画像

Cineramaviggo-worksにスペインの雑誌2冊分のスキャン画像がアップされています。

まず、Sachieさん提供の MADRID 360 9月1日~7日号
もちろん、Sachieさんのサイトでもスキャン画像をアップしてくださっています。

もう1つは、Indian Moonさん提供の CINERAMA 9月号

どちらも表紙が良く似ているのですが、微妙にカピタンの目線の向きが違ってるところが心憎いです。

| | コメント (0)

9月8日オスウィーゴ選挙運動パーティー

ニューヨーク州の下院議員選挙に立候補する民主党の候補者、Dr.Bob Johnsonの選挙資金集めのためのパーティ2日目は、9月8日にオスウィーゴで行われました。

このパーティーに出席された、Almaさん提供のヴィゴの写真が viggo-worksで紹介されています。
本日のお衣装は、黒いスーツに赤いシャツ、そしてサンロレンソのネクタイ(笑)
バルセロナの記者会見の衣装にサンロレンソのネクタイを追加したわけですね。
(ということは、3日目のウォータータウンはマドリッドプレミアの赤のストライプシャツでしょうか?)

なお、Alamaさん本人に許可なく写真の転載はしないでください。

また、The Palladium Times Online にもこのオスウィーゴのパーティーの記事がでていますが、この記事によると、Dr.Bobはプロの政治家ではなくフルタイムで働いているお医者さんで、選挙資金の集め方も通常とは異なり、政治活動委員会(PAC)からの寄付を断り、寄付の95%は地元の人からのものだそうです。

おまけ: The Press Republicanの記事に、7日のプラッツバーグの写真があります。
写真の左上の+をクリックすると、写真が大きくなります。

【追記】 Alamaさんの写真が viggo-worksに追加でアップされています。
また、MKclubさん提供の写真が viggo-worksにアップされています。
どちらの写真も、直接ご本人の許可なく他への転載はしないでください。

| | コメント (0)

9月7日プラッツバーグ選挙運動パーティー

Viggobobwebヴィゴは、9月7日~9日の3日間にわたって、ニューヨーク州の下院議員選挙に立候補する民主党の候補者、Dr.Bob Johnsonの選挙資金集めのためのパーティに参加することになっています。

その、第1日目、プラッツバーグで行われたパーティーに出席された方のレポート、写真、ビデオが、viggo-worksなどでアップされています。

上の写真は、North Country Publick Radio のオンラインニュースのサイトからお借りしてきました。上記リンク先では、それを報じるラジオの録音もお聞きいただけます。

【追記】 最後に写真のリンクを追加しました。

viggo-wroksでは...

続きを読む "9月7日プラッツバーグ選挙運動パーティー"

| | コメント (2)

アラトリステ紹介TVのビデオ・クリップ

Cartelera出張中だから記事の更新は難しい、と言っておきながら、出張先のホテルからちょっとだけ。

viggo-wroksで教えてもらいました。
YouTubeに、TVE1で9月2日に放送されたらしいTV番組"Cartelera"のビデオ・クリップがアップされています。(capitan-alatriste.comのExxekeさん提供)

映画の中のシーン(だいたいは今までに出てきたものですが、少しだけ初めて見るシーンがあります。ヴィゴファンにはちょっと刺激が強いかも(笑))と、短い各キャストのインタビュー、マドリッドで現在開催中のエキジビションなどが紹介されています。

YouTubeへのリンクと、ダウンロードできるようにしたファイルを用意しました。

続きを読む "アラトリステ紹介TVのビデオ・クリップ"

| | コメント (2)

Diario de León 9月3日の記事

Diario_de_leon060903viggo-worksに、レオンプレミア翌日の Miguel Ángel Nepomuceno記者によるヴィゴのンタビュー記事を載せた、Diario de León の紙面のコピーが掲載されています。

Diario de León 9月3日の記事(紙面のスキャン)
Diario de León 9月3日の記事(Web版:素敵なヴィゴの写真あり)

また、この記事をいつものように、viggo-worksのpaddyさんが英訳してくださったので、それを元に、一部省略してご紹介したいと思います。

続きを読む "Diario de León 9月3日の記事"

| | コメント (6)

ショーンのトークショー出演動画

Sean_latelateshowみなさまご承知のとおり、YouTubeはお宝の山ですが、そこでこんなものを発見しました。

約10年前に、テレビのトークショーに出たショーンの映像です。
画質はかなり悪いですが、私ははじめてみるものでした。

ゴールデンアイの後、アンナカレーニナの撮影前で、シャープもあと3本撮影が残っているというようなことを話しているので、1996年か1997年頃だろうと思います。

YouTubeのキャプションには、Sean at the Late Late Show と書いてあったので、The Late Late Show について調べてみたら、Wikipediaによるとアイルランドで1962年から現在まで続いている、長寿番組のようです。

YouTubeへのリンクと、ダウンロードできるようにしたファイルを用意しました。

続きを読む "ショーンのトークショー出演動画"

| | コメント (7)

ショーンの新作はノルウェイで撮影

ウワサだけちらほらと聞こえてきていて、決定かどうかわらなかったのですが、本日、CSBのNonaさんからお知らせがありました。

ショーン・ビーンは、9月6日にノルウェイに飛んで、"True North" という映画の撮影に入るそうです。

"True North"はインディペンデント系の作品で、監督: Asif Kapadia、脚本:  Asif Kapadia と Tim Millerで、Sara Maitlandの短編小説に基づくものだそうです。
撮影は9月から10月にかけてで、共演はミッシェル・ヨーMichelle Krusiec

どちらもアジア系の女優さんですね。

また、やはりCSB情報によると、ショーンと一緒にレッドカーペットが懸かったバルーンレースの最終結果が発表になったそうです。みごと優勝したのは、アメリカ、ミシガン州のジルさんだそうです。また、この優勝した風船を拾って返してくれた12歳のサム君はデジタルカメラを賞品としてもらうそうです。
今回の風船レース、どうやら日本からのエントリーがむちゃくちゃに多かったようです(笑)。

| | コメント (0)

Eastern Promises にヴァンサン・カッセルが参加

このニュース自体は、8月30日のガーディアンのニュースサイトの記事で知っていたのですが、アラトリステのスペインプレミアのニュースの洪水でこちらに書くのを忘れていました。

ヴァンサン・カッセルが、ヴィゴの次回作、クローネンバーグ監督の新作、Eastern Promisesに参加することが決まったそうです。

ガーディアンの記事によると、カッセルの役は、家族が売春宿を持っているロシア人の役だとか。撮影は11月からロンドンで開始予定だそうです。

なお、シネマトゥディのこちらにも記事がでてきました。

| | コメント (0)

Diario de León 8月30日の記事の内容

だいぶ遅くなりましたが、以前にご紹介した、Diario de León 8月30日の記事について、viggo-wroks の paddyさんが英訳してくださったものを元に、ヴィゴに関するところを抜粋してご紹介します。

viggo-wroks に掲載された Diario de León 8月30日の紙面
paddyさんの英訳

paddyさんが英訳してくださったのは、すべて Miguel Ángel Nepomuceno 記者が書いた記事の部分です。

続きを読む "Diario de León 8月30日の記事の内容"

| | コメント (9)

ヴィゴ・アラトリステのイラスト

スペインプレミア狂想曲がようやく終わったところですが、ちょっとしたこぼれ話がありますので、ご紹介しましょう。

まず、スペインのTargulさんが viggo-worksに持ってきてくださった、ちょっと笑える Joan Mundet作の、ヴィゴ・アラトリステのイラスト(似顔絵というべきか)

Joan Mundetは、スペインでアラトリステ原作本のイラストや、そのマンガ化本(以前にご紹介しました)を描いているイラストレーターです。
割れ顎だとか、長いまつげ、なんていう特徴はとらえられてますね。

そして、もう1つはviggo-wroksのこちらで紹介されている、レオン・プレミアにまつわる話

ちょっと想像してみて!
レオンを歩いていて、群集の中に入り込んでしまったことに気がつく。周りに聞くまで、なぜだかわからない...これが偶然レオンのプレミアに遭遇したMcGarryさんに起こったことです。彼はそこにとどまってその騒ぎを見て、この写真を撮りました。

というわけで、とても素敵なヴィゴの写真が紹介されています。
McGarryさんいわく、「彼はとても、とても、カッコよかったよ。」だそうです。
偶然紛れ込んだというのに、すごく素敵な写真が撮れていますよね。

【追記】 Diario de León のアラトリステ特設ページに設けられたフォトギャラリーに、レオンプレミアの写真がたくさんアップされています。
3枚目にはミゲル記者とヴィゴの写真が、9枚目には日本女性ファンの姿が、11枚目にはサンロレンソの旗とレオンの旗をデコレーションした車でヴィゴが入場した様子が、写っています。他にもヴィゴの素敵な写真がいっぱいありますよ。ぜひご覧下さい。

| | コメント (0)

スペインプレミア・レポート

すでに多くのみなさんがご存知の通り、今回のスペインプレミアに日本から参加された、Misaさん、Sachieさん、ayataさんのプレミアレポートが、アップされはじめました。

Misaさんのブログ
Sachieさんのサイト
 このお二人の、夢のように素晴らしい経験のレポートは必読です。

ayataさんのブログ
 途中はMisaさんたちと同行されていたのでしょうか?
 ビデオで撮影された画像を、速報として何枚か上げてくださっています。

まだまだ、帰国後落ち着かれてから本格的なレポートをアップしていただけると思いますが、速報を読むだけでもどきどきしてしまいます。
やっぱり日本語で読めるっていいですよね。

Misaさん、Sachieさん、ayataさん、素敵な経験のおすそ分け、ありがとうございます。

おまけ: capitan-alatriste.com のこちらのフォトギャラリーで、マドリッドやレオンのプレミアの写真を載せてくださっているのですが、その中にSachieさん提供とおぼしき、日本版アラトリステの表紙のアップ写真が出ています。世界中にお披露目ですよ。(笑)

| | コメント (0)

レオン・プレミアのヴィゴのスピーチの内容

昨日ご紹介した、レオンのプレミアのビデオクリップについて、viggo-wroksで kittykatさんがヴィゴが話している内容を、ざっと説明してくださいましたので、ご紹介します。

ビデオクリップのかなりの部分は録音状態が悪く、しかもみんなが叫んでいるので聞き取りづらいそうです。
でも、ヴィゴはレオンの方がマドリッドよりずっと良いという意味のことを言ったそうです。(大喝采だったのはそういうわけですか(笑)。マドリッドの人に怒れられるよ!)

ヴィゴは、このレオンプレミアがあった日に市議会からゴールドメダルを授与されて、言わばレオンの名誉市民になりました。そこで、彼は、彼を名誉市民にした(スペイン語の直訳だと「養子にした」)市議会についても言及して、彼自身はきっとママとパパが認められないようなことを言う、典型的な息子になるだろうと言って、この劇場を壊すのは反対だよと言ってから、ママ、パパ、ごめんねというようなことを言ったとか。

彼はスカーフについても述べて、このスカーフを見たときに、この色を気に入ったのだけど、その時はこれがレオンの色だとは知らなかった。だからはこれは素敵な偶然の一致だ、と言っていたそうです。
また彼は、今や彼は養子(名誉市民)となったので、別のプレミアでこの劇場にまた帰って来たい。それはもしかすると来年かもしれない、と言ったそうです。


ママやパパの言うことを聞かない、ドラ息子になることを最初から宣言したわけですね。
そして、ヴィゴは故郷がまた1つ増えましたね。

kittykatさん、英語での解説ありがとうございました。

| | コメント (4)

LOTRのDVD(Limited Edition)

Fotr_limit_1アメリカで8月29日に発売された、LOTR3部作の新しいDVD(Limited Edition)が、思いがけず早く、実は1日の金曜日にAmazonから到着していました。(発送メールは8月27日)

アラトリステ関係のニュースを追うのに忙しくて、なかなか見ることができなかったのですが、ようやくFOTRの分のドキュメンタリーディスクを見ることができました。

頑張っているスタッフの姿を追った部分が多いのですが、ちょっとした合間にアラゴルン姿のままで、釣竿をかついですたこらサッサと釣りをしにいくヴィゴとか、カラズラスのシーンの撮影のセットで雪合戦をしているヴィゴが出てきます。
Fotr_limit_2
ショーン・ビーンは、ボロミアの最期のシーンのために、矢をとりつけているシーン(ボルトに矢をねじ込んでますよ(笑))で、ガムかなんかを噛みながらリラックスしてニコニコしている姿が出てきます。
矢が刺さった姿でなすすべもなく、さらわれるホビットたちを見送った後も、満面の笑みですよ!

英語とスペイン語の字幕がついているので、なんとか何を言っているのか理解できます。

本編のディスクは両面ディスクになっていて、DVDを再生すると、最初に劇場版かSEE版かを選択するようになっています。こちらも、英語とスペイン語の字幕つき。

早く、TTTとROTKのドキュメンタリーも見なくちゃ。

US版のDVD(FOTRTTTROTK ) リージョン1 NTSC
UK版のDVD(FOTRTTTROTK ) リージョン2 PAL
  こちらは9月25日発売予定

| | コメント (2)

レオンプレミアを報じる Diario de Leónのスキャン画像

Diario_de_leon060902昨日、1面のPDFファイルだけご紹介した、Diario de León 9月2日の紙面ですが、viggo-worksに、Miguel Ángel Nepomuceno記者から、5ページに渡る記事のスキャン画像が提供されたようです。

Diario de León 9月2日のスキャン画像

ヴィゴの写真や集まった人々の写真がいっぱいで、プレミアで沸き立っている様子が伝わってきます。
注目は3ページ目の写真。
下の方に、列の最前線にならんでいる日本人らしき女性3人が写っていて、「カメラを構える、日本人女性ファン」というキャプションがついています。(スペインで新聞デビューしたのはどなたでしょうか?)
はるばる日本からもファンが来たんだよ! ということを象徴する証拠になっているようです。(東洋人はスペイン人とはっきり区別がつきますものね。)

また、この3ページの上の方の写真に、ミゲル記者本人がヴィゴと一緒に写っている写真もあります。
私が勝手に想像していたのより、ずっと年配のベテラン記者という風情で、ちょっと意外でした。

ついでに、viggo-wroksにアップされている、8月31日の紙面のスキャン画像もご紹介しておきます。

Diario de León 8月31日のスキャン画像

この新聞には、1面の下に、レオンのプレミア入場券に引き換えることができるクーポンがついています。

| | コメント (0)

レオン・プレミアのビデオクリップ

Leon0609019月1日のレオンプレミアに参加された方が、ホームビデオで撮影したものと思われるビデオクリップが、YouTubeにアップされています。(Chaobetaさん提供)

ビデオクリップは2本あって、オープニングのヴィゴの舞台挨拶と、上映終了後にボックス席から観客に手を振って挨拶するヴィゴ、エレナ・アナヤ、監督の姿を映したものです。

YouTubeへのリンクと、ダウンロードできるようにしたファイルを用意しました。

続きを読む "レオン・プレミアのビデオクリップ"

| | コメント (4)

MOVIE STAR 10月号(Vol.140)

Ms140定期購読しているので、MOVIE STAR 10月号は2日前に届いていたのですが、アラトリステのニュースを追いかけるのに時間をとられて記事をアップするのが遅くなりました。

今月も、定番のヴィゴとショーンの記事がちゃんとあります。

ショーン・ビーンの記事は、
SEAN BEAN STILL COLLECTION ショーン・ビーンのキャリアを写真と発言集で振り返る!
と題してカラー2ページ、モノクロ2ページのスティル写真を中心にコラージュしたもの。写真はどれも見たことがあるものですが、なかなかの力作です。

ヴィゴの記事は1ページ。
ニューヨーク州から連邦議会に民主党から立候補する、Dr.ボブ・ジョンソンを応援するため、9月7日、8日、9日の選挙資金集めの集会に参加する話が取り上げられています。(そういえば、この話題を紹介するのを忘れていたような....(^^ゞ )
viggo-wroskでもちょうどこちらで最新の情報を載せてますね。

しかし、このムビスタの記事には、とんでもない間違いがあります。
そんなヴィゴは、ニューヨークはマンハッタンの中でもウォータータウンという所の出身で...」とあるのですが、これが大間違いです。

ヴィゴが生まれたのはいわゆるニューヨークのマンハッタンなのですが、11歳からハイスクール卒業まで住んでいたと思われるウォータータウンは、ニューヨークはニューヨークでもニューヨーク州の北の方で、マンハッタンからは400km以上離れた、カナダとの国境近くの町です。

それともう一箇所気になるところが...
アラトリステの原作を紹介している部分で、アラトリステそのものは架空のキャラクターだが、「アラトリステ」は実在したイニーゴ・バルボアの回顧録を基にして書かれた、というふうになっています。
イニーゴもペレス・レベルテが作り上げた架空の人物で、イニーゴ・バルボアの回顧録というのも、ペレス・レベルテの上手な作り話だと思っていたのですが、私の認識の方が間違ってます?

| | コメント (4)

アラトリステのメイキング・ビデオクリップ

Alatriste_makingTelecinco.es のこちらサイトで、アラトリステのメイキングの一部を4本のビデオクリップの形で見ることができます。

撮影風景が中心ですが、はじめてみるシーンも多く、思い切りネタバレです。

アラトリステのメイキングとして、1本の番組としてまとめられたものから抜き出したもののような感じで、4本ともアラトリステはたっぷり登場しますし、ヴィゴがコメントしているシーンがあります。
DVDが発売されたら、特典に入っていそうな感じのものです。

各ファイルをダウンロードできるようにしました。元々のサイトで見るのより、ダウンロードしてから見るほうが画面サイズも大きく、きれいで見やすいと思います。

続きを読む "アラトリステのメイキング・ビデオクリップ"

| | コメント (2)

レオンはヴィゴの足元に降伏した

Leon060901_29月1日は、アラトリステのレオンプレミアが、レオンの Emperador劇場でおこなわれました。

あまり写真がみつからないのですが、わかっているだけご紹介します。

ICALnews.com
この記事は短いので、英語の自動翻訳をかけて読んでみたら、タイトルが

エンペラドール劇場における映画「アラトリステ」のオープニングで、レオンはヴィゴ・モーテンセンの足元に降伏した

となっていました(笑)。
あらゆる年代のファンが、3時間以上前から一目ヴィゴを見ようと集まって大変な騒ぎだったそうです。

Leon060901_1 また、忘れてはいけない、Diario de León のサイトから、9月2日の新聞の1面の画像をPDF形式でダウンロードすることができます。

右の写真は、このPDFファイルから写真の部分を切り出したもので、右の写真をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

nortecastilla.es
小さいモノクロ写真ですがレオンプレミアでファンにサインするヴィゴの写真があります。

isifa
小さなカラー写真を1枚だけ発見しました。

ちょっと面白かったのが、viggo-wroksのこちらで紹介している、ミゲル記者提供の写真です。
レオンのプレミアは、8月31日と9月1日のDiario de León についているクーポン券があれば、先着順でエンペラドール劇場の2回のプレミア上映(1回はキャストたちの挨拶なし)の入場券に引き換えられる、というものだったので、ものすごく大勢の人たちが新聞を持って行列している写真がアップされています。

日差しが強くて暑かったんでしょうね、みなさん新聞を頭にかぶってますよ(笑)。
クリックして大きな写真を見ると、ちゃんと新聞にクーポン券が印刷されているのも見ることができます。
ちょっとお年を召したご婦人が、新聞紙で作った帽子をかぶっているのがお茶目で可愛いですよ。

| | コメント (0)

マドリッドプレミアの動画

Cuatroアラトリステのマドリッドプレミアの様子を伝えるビデオクリップが出てきました。

cuatro.com

ヴィゴがなかなか出てきませんが、最後にちょっとだけ登場します。
ダウンロードできるファイルを用意しましたので、ご利用ください。

Store and Serve でダウンロード(2.3MB)

ダウンロードの仕方やファイルの再生の仕方の注意は、こちらをご覧ください。なお、ファイルはZIP形式で圧縮してありますので、解凍してご覧ください。

また、Telecincoのサイトでも、ビデオクリップがでています。

続きを読む "マドリッドプレミアの動画"

| | コメント (0)

Alatriste マドリッドプレミア

Madrid060831_1仕事が忙しくて、ちょっとネットを離れていた間に、アラトリステ関連のニュースにすっかり置いてけぼりになりかかってますが、頑張って...

8月31日に、スペインのサパテロ首相夫妻も出席されて、マドリッドの Palacio de la Música でアラトリステのプレミアが行われました。

その時の画像がたくさんアップされています。

WireImage(サムネイルをクリックするとウォーターマーク付きの大きな写真)
GettyImages(サムネイルをクリックするとウォーターマーク付きの大きな写真)
Madrid060831_2 Yahoo!News(サムネイルをクリックすると大きな写真)
FilmMagic(サムネイルのみ)
BrunoPress(Search欄に Viggo Mortensen を入力して検索)
elmundo.es(大き目の写真です、写真をクリック)

【追記】 Diario de León のフォトギャラリー(SIGUENTEをクリックすると続きの写真を見ることができます。)

ニュース記事で写真が載っているのは

hola.com
20minutos.es
この記事によると、スペイン首相のほかにも閣僚の何人かとマドリッド市長もプレミア参加したそうです。

また、Viggo Daily のこちらこちらにも大きな写真があります。

今回のヴィゴの衣装について...

続きを読む "Alatriste マドリッドプレミア"

| | コメント (0)

Woman誌の記事の内容

時間がない、忙しいといいつつも、少し前に訳を作っておいたものをアップし忘れそうなので、忘れないうちに...

先日、スキャン画像をご紹介した Woman誌から、ヴィゴのインタビュー記事とアリアドナ・ヒルのインタビュー記事の抜粋を、viggo-worksの Graciela (gm5)さんが英語に訳してくださっているので、ご紹介します。

Woman誌の記事の英訳

Gracielaさんの英訳を参考に日本語にしてみました。Gracielaさん、ありがとうございました。

続きを読む "Woman誌の記事の内容"

| | コメント (2)

Diario de Leónのスキャン画像

Diario_de_leon060830viggo-worksに、Diario de León の Miguel Ángel Nepomuceno記者提供の、紙面のスキャン画像がアップされています。

Diario de León 8月29日の紙面
Diario de León 8月30日の紙面

8月30日は、新聞の1面がヴィゴのカラー写真です。
また、この8月30日のミゲル記者本人の記事については、すでにpaddyさんの英訳もアップされているのですが、今はちょっと時間がないので、後ほど紹介いたします。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »