« トロント映画祭のビデオクリップ | トップページ | トロントのヴィゴ関連 »

9月14日トロントのヴィゴ

Toronto060914_19月14日は、パラマウントシアターで、アラトリステの2回目の上映が行われました。この2回目の上映には、ディアス・ヤネス監督、ヴィゴ、アリアドナ・ヒル、エレナ・アナヤが参加して、上映前にキャストと監督の挨拶があり、上映後にQ&Aセッションがおこなわれたそうです。

この2回目の上映に参加された方のレポートが、viggo-worksに掲載されていますので、簡単にご紹介します。

また、この上映会の前後に撮影されたらしい写真も出てきましたので、こちらもご紹介します。

写真の紹介を少しだけ追記しました。

<アラトリステの2回目の上映会>

Lorienneさんのレポート
Topazさんのレポート(その1その2

ヴィゴは真中に黒くアラトリステが描かれた赤いTシャツ(マドリッドプレミアで capitan-alatriste.com のメンバーがプレゼントしたTシャツ)とジーンズを着用。(上の写真の格好ですね。)

最初にステージ上で映画を楽しんでください、といった内容の挨拶があった後、ヴィゴたちはLorienneさんの2列前に着席して一緒に映画を観ていたので、映画の上映中のヴィゴの様子も観察できたそうです。ヴィゴはとっても映画に集中して熱心に観ていたそうですよ。

わお!!  2、3年前にインディアン・ランナーや、ロード・オブ・ザ・リングを観ていた時に、パラマウントシアターでヴィゴと一緒にヴィゴの映画を観るなんて、まったく考えもしなかったわ。しかもわずか2、3列前で私から見えるのよ!!!

というのがLorienneさんの感想。
ヴィゴが2、3列前に座っているのが見える状態だなんて、私だったら到底映画に集中できないような気がします。

映画終了後、監督と俳優たちがステージに上がってQ&Aセッションがはじまりました。

ヴィゴに、スペイン語が簡単だったかどうかというような質問がされて、スペイン語自体はアルゼンチンで子供の頃話していたので話せるけど、アクセントが違うのでその点はチャレンジだったと答えていたそうです。
Topazさんのレポートによると、ヴィゴはこんな風に言っていたそうです。

「でも、私はほとんどの俳優や女優たちがそうであるように、自分はある種、精神的に不安定で偏執的なんだと思う。それ(スペイン語のアクセント)に完全に取り付かれていたよ。どうやらタノ(監督)は心配してなかったようだけど。でも私は、ああ、どうしよう、自分が台無しにしてしまう、と思ったんだ...そして、あと2週間、あと1週間...そして撮影初日。振り返ってみると、この発音を正しくすることの心配に取り付かれたことが、私がもっと重要な他のことに対して本当に神経質になるのを防いでくれたんだと思う。だから、これはある意味では天の恵みだったんだ。私たちが撮影を始めたその時は、完全に夢中だったとはいえ、私は相対的に落ち着いていたんだ。これはこの役には良いことだった。」

やっぱり、正しいスペイン語というのが、ヴィゴにとっては相当プレッシャーだったんですね。
また、今とは違う、はるか昔の時代の役にどうやってなり切ることができたのか、という質問に対しては、大勢の専門家がいていつでも質問することができた、と言っていたそうです。
特に監督は、映画監督になる前、20年も大学で17世紀の歴史や、ベラスケスを含む17世紀の芸術について教えていたのだそうです。
そういった知識を使って、衣装、芸術、武器にいたるまで、細部を正確に再現しているのだとか。

また、ヴィゴはハリウッドやイギリスの映画におけるスペイン人の、黒い服、脂っぽい髪、狡猾、鼻声、陰で何か企んでいる、といった、ステレオタイプについても言及していたそうです。「エリザベス」は好きで何度か観たけれど、スペイン人をステレオタイプに描いていると、そう言いながらヴィゴが監督の方を見ると、監督はうなずいてちょっと笑っていたそうです。

Q&A終了後、ヴィゴがさっさといなくなってしまったと思ったら、ロビーで大勢のファンに囲まれてせっせとサインをしているヴィゴを、Lorienneさんは目撃したそうです。
ところが、そこにインタビューをしにプレスがやってきたためにサインを続けることができなくなったヴィゴは、それでもサインの代わりに握手をできる限りしていたそうです。


<ヴィゴの写真あれこれ>

14日に撮影されたと思われる写真がいくつかあがっています。

FilmMagicviggo-worksでも掲載

BurunoPress 【追記】
Search for の欄に、Viggoと入力して検索すると、同じ写真が出てきますが、こちらのサムネイルをクリックすると、ウォータマーク入りですが、大きな写真をごらんいただけます。


いつものごとく、ハンガーにかけたシャツとビニールのショッピングバッグ、マテ容器をハンドキャリーしてます。
Tシャツの裾が半分だけジーンズの中に突っ込まれて、半分はみだしているのがとっても気になります。(笑)

Toronto060914_2 Rogers Television:Reel to Real の Photo Galleryviggo-worksでも掲載
写真が増えるとページがずれるかもしれませんが、3ページ目に2枚写真があります。
だから、誰か、Tシャツの裾をちゃんとしてあげてください。

ctv.caのフォトギャラリー
9月15日に相当するページに掲載されていますが、上記の写真と同じ時のものなので、9月14日撮影と思われます。

もう1つおまけとして、13日撮影の写真です。

出典は Canoe Live とのことなのですが、サーバーがダウンしているらしくたどり着けないので、viggo-wroksの方だけご紹介します。

|

« トロント映画祭のビデオクリップ | トップページ | トロントのヴィゴ関連 »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

アラトリステ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トロント映画祭のビデオクリップ | トップページ | トロントのヴィゴ関連 »