« ボイリング・ポイントのDVD予約受付中 | トップページ | EL PAISの記事の紹介(その1) »

ENGLISH JOURNAL 9月号

Ej200609本日発売の ENGLISH JOURNAL 9月号

表紙がヴィゴで、本文にはヴィゴの紹介記事が写真入カラー3ページ。

別冊付録の「The Voice of EJ」に、ヒストリー・オブ・バイオレンスの東京の記者会見が、英語で書き起こされたものと、日本語訳の完全対訳版で収録されています。

また、別売りのCDには、この記者会見の録音が収録されています。
記者会見の録音は、司会者や記者の質問は、ナレーターの英語に置き換わっていますし、ヴィゴとマリアさんの声も録音状態が良く(あるいはノイズカット処理をしてあるのか)、とても聞きやすいです。
お値段が高いのがちょっと玉に瑕ですが、なかなかお薦めです。

【追記】 アマゾンでも取り扱い中です。
ENGLISH JOURNAL 2006年 9月号
ENGLISH JOURNAL 2006年 9月号 CD版

|

« ボイリング・ポイントのDVD予約受付中 | トップページ | EL PAISの記事の紹介(その1) »

History of Violence」カテゴリの記事

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

 私は値段と自分の英語力でCDの方は「買わなくていいわー」と判断したのですが、オススメですか。うー でもやはり買わない気が(^^ゞ  1回聞いてオワリになっちゃいそうなので。

 対訳では、ラストのほうでいくつかの単語をピックアップして解説してくれていて、「これ、他のヴィゴ関連英文記事でもやってくんないかしら」と、一瞬とってもむちゃなことを熱望してしまいました。

投稿: mizea | 2006.08.10 00:00

mizeaさん
確かに、1回しか聞かないのではちょっとあの値段は高いですよね。
ヴィゴとマリアさん以外の、他の録音もちゃんと聞いて、しっかり元を取らなくてはいけませんね。(^^ゞ
これからしばらくは、英語どころかスペインの記事の洪水から面白そうなニュースをピックアップできるか、努力の日々が続きそうです。

投稿: punkt | 2006.08.10 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボイリング・ポイントのDVD予約受付中 | トップページ | EL PAISの記事の紹介(その1) »