« トロント映画祭で「アラトリステ」ガラ上映 | トップページ | AOC Gold Award 2006 »

サイレントヒル

Silenthillホラーは苦手なので、見に行こうか迷ったんですが、すでに見に行かれたみなさんの感想をあちこちで読んだところ、どうにか私でも耐えられそう。
一大決心をして「サイレントヒル」を見てきました。

行きつけのシネコンで見たんですが、本日はサイレントヒルを見ると、もれなく左の絵柄のポストカードがもらえました。
公式サイトを見ると、初日、今日、そして来週の土曜日と、毎週土曜日に違うポストカードがもらえるらしいんですが、ショーンのポストカードはないんでしょうか?

【追記】 ポストカードについて、コメントで情報をいただきました。
残りの2種類はレッドピラミッド(三角頭)とダークナースだそうです。ゲームのファンが喜ぶのは、そちらのクリーチャー系ですよね。
情報、ありがとうございました。

シネコンではいちばん小さなシアターだったので、もう空いてるのかと思ったら、ほとんど満席でした。ホラーって人気があるんですね(汗)。

ショーンの役は、後から付け足されたというだけあって、どうでもいい役と言ってしまっては身も蓋もありませんが、一時的に緊張を解く癒し系。
ローズ達を探してやって来たサイレントヒルで、ローズの気配を感じて「ローズ」と囁くようにつぶやく声がすごく素敵でした。

私自身はTVゲームをぜんぜんしないので詳しいことはわかりませんが、出てくるクリーチャーたちはいかにもゲーム風な動きで、ときどき滑稽に感じられるぐらい。なるほどあまり怖くはありませんが、気色悪いことはやっぱり気色悪い。
事前にある程度予習していったので、時々登場するショーンを見ては気を取り直して最後まで見ました。
なんだか、The Dark と似通った話なんですけど...

それにしても、まさか映画館でホラー映画を見る日が来ようとは、思いもしませんでしたよ。
ショーン!  あなたのために頑張ったからね。

今回、客席の中に、ショーン登場シーンのたびに、明らかに反応している女性客が何人かいて、同志を見つけたようで嬉しかったです。

【おまけ】 CinemaCafe.net で 「注目の美しい男たち Vol.2 ショーン・ビーン」と題してショーンが取り上げられています。こういったコラムでも注目されて取り上げられるようになったんですね。なんだか感慨深いです。

|

« トロント映画祭で「アラトリステ」ガラ上映 | トップページ | AOC Gold Award 2006 »

Sean Bean」カテゴリの記事

Silent Hill」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、毎日通って読ませていただいています。
サイレントヒルのポストカードですが、「レッドピラミッド(三角頭)」と「アレッサ」(写真のものですね)と「ダークナース(集団でいた怖いナースたち)」の三種類です。残念ながら?ショーンのものはありません。
新聞等の告知では、毎週土曜日に三週連続で一種類ずつ配布、ってことになっていましたが、私がもらったときにはバラバラに積まれていて、どれがもらえるかは運みたいでした。私は三角頭のものがほしかったので、最初は別の絵柄をもらったんですが、劇場の人にお願いして交換してもらいました。
すこしでもお役に立てばうれしいです。

投稿: 匿名 | 2006.07.16 00:53

匿名の方へ
いつも読んでいただいてありがとうございます。
やはり、他のポストカードはクリーチャー系でしたか。
当然と言えば当然ですよね。
ゲームのファンは、ショーンのポストカードを貰っても嬉しくないでしょうから...
情報ありがとうございました。

投稿: punkt | 2006.07.16 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トロント映画祭で「アラトリステ」ガラ上映 | トップページ | AOC Gold Award 2006 »