« "Eastern Promises"へのヴィゴの出演決定! | トップページ | MOVIE STAR 6月号(Vol.136) »

ショーンはキスが上手?

Dailyexpショーンのニュースを検索していたら、PR inside のサイトに載っている、こんな記事が見つかりました。
出典は WENN.com だそうです。

ショーン・ビーンの熟達したキスのテクニックが、サルマン・ラシュディ(訳注:「悪魔の詩」が有名なインド出身のイギリスの作家)の妻で、イギリスのTVシリーズ "Sharpe's Challenge" の共演者である、パドマ・ラクシュミに賞賛された。

モデルから転身した女優は、彼女の契約書に厳格にヌードにはならないという条項を入れていて、彼女のスクリーン上での抱擁のその先の心配でいっぱいだった。しかし彼女は、ロード・オブ・ザ・リングのスターが、彼女のデリケートなシーンの間中助けてくれたと断言した。

彼女は言った。「私たちはあるシーンで情熱的なキスをするの。ショーンはとてもキスが上手と言わなければならないわね。」
「私はヌードのシーンはいやだけど、キスならばOKよ。そして、ショーンはそれを楽しい経験にしてくれたわ。」

ヴィゴは「ハリウッドで一番キスが上手」という称号を与えられていますが、ショーンについて、こういう記事は珍しいかも(笑)
参考のために、パドマ・ラクシュミとショーンの2ショットの写真が載っている雑誌の画像を載せてみました。

それにしても、パドマさんのご主人の名前をどっかで聞いたことがある、と思いながら調べてみて、「悪魔の詩」が出てきてびっくりでした。

|

« "Eastern Promises"へのヴィゴの出演決定! | トップページ | MOVIE STAR 6月号(Vol.136) »

Sean Bean」カテゴリの記事

Sharpe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "Eastern Promises"へのヴィゴの出演決定! | トップページ | MOVIE STAR 6月号(Vol.136) »