« Sharpe's Challenge 特別上映会 | トップページ | [ヒストリー・オブ・バイオレンス」記者会見レポート »

ニセのサイン本にご注意ください

viggo-wroksのNewsでも報じられていますが、Perceval Press の Books のページに以下の注意書が掲載されています。

ヴィゴ・モーテンセンによって、個人宛ての献辞なしでサインされたとしている、 LINGER と FOR WELLINGTON が E-Bay に出ているという報告がありました。これらの本を購入する可能性のあるすべての人々に対して警告いたします。モーテンセン氏は、特定の個人、団体、あるいは慈善事業への献辞なしに、これらの本にサインをしたことはありません。これらのサインは偽造です。モーテンセン氏によってサインされたと信じて、これらの本に対して実際の価格よりはるかに高いお金を、だまされて払う人々がいたことを残念に思います。

以前にも、ヴィゴのサインの入ったものを売買する人々に対して、絶対のそのようなものは買わないように、というヴィゴ自身の怒りのメッセージが掲載されたことがありました。
サインを売買の対象にするということを阻止するためもあって、ヴィゴは必ず献辞を入れてサインをしているようです。

ヴィゴは、サインをお金を払って買う、ということそのものに対して怒りを覚えているように感じられます。
ファンに対して直接「ありがとう」という気持ちを込めてサインをしているので、それを売買の対象にされるということは、自分の誠意を踏みにじられるように感じているのかもしれませんね。

みなさんも、このような商品には手を出さないよう、気をつけてください。

|

« Sharpe's Challenge 特別上映会 | トップページ | [ヒストリー・オブ・バイオレンス」記者会見レポート »

Viggo Mortensen」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。 ナズでございます~。

自分が大好きな俳優さん(スポーツ選手、歌手etc.)に関するものを手に入れたいというファンの心理を悪用した、本当に悪質な行為ですよね!(怒)>ニセのサインをオークションにかける。

仮に本物だとしても、せっかくもらったサインを売りに出すような人から、買いたくないですよ~!自分のために書いてくれたサインだからこそ、意味があるんですもん。

ヴィゴのサインに限らず、オークションに出ているサイン入りの本、パンフ、その他の大多数は、ニセものの可能性が大です。オークションサイトを利用される皆さん、どうぞ、くれぐれもお気をつけ下さいね~。
証明書がついていても、その証明書がニセもの・・・という場合がものすごく多いですから・・・。

投稿: ナズ♪ | 2006.03.08 12:20

ナズ♪さん
お久しぶりです。
まったく困ったものですね。
サインはもらうものであって、買うものではない、ということを肝に銘じないといけませんね。

投稿: punkt | 2006.03.08 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sharpe's Challenge 特別上映会 | トップページ | [ヒストリー・オブ・バイオレンス」記者会見レポート »